ゴルフ真田塾の「一生ゴルフ懸命!」

ゴルフコーチの「商売抜き」の真実を伝えるブログ。重要なのは「内観」。即ち「自分を感じる」こと。だから「動く」しかない。

全体表示

[ リスト ]


ダウンスイングからインパクトにかけて必要となる動作が”上に”飛ぶ(漕ぐ)動作になるのだが、
これを正確にできる人があまりいない。


まずは踵にしっかり体重を掛ける。
そして土踏まずを経て拇指球からつま先へと、徐々に体重を前に移すのだが、
つまり「足裏全体を使って」こそ、初めて「飛ぶ」となる。
そうすることで、脚の機能を余すことなく効率よく活かせるのだ。


これは全スポーツ共通だ。



レッスンではそれが”意識的に”できているのかどうか、
上では観察しにくいので、”前に”飛ぶことをしてもらっている。

大方の人はまずは踵を上げ、そのままつま先に体重を移してから飛ぶことが多い。
”前に”という意識もあるのだろうけど、
仮にこれを”上に”と指示しても、内実(内観的)は「同じ原理」で飛んでることにあるとき気付いた。


つまり「踵が全く使えていない」のである。


踵が使えていないということは、スイング中終始「つま先立ちでスイングしている」のと同じだ。
つま先立ちは不安定、だからどこかを固めなければならない。
居付く理由はこんなところにも?


正確なインパクトに固執するあまり、
無意識に重心を前に移しすぎるは
「選球体」が身に付いていない不安からか?


そういう意味で、テークバック時における右脚(右股関節)にどのように体重を乗せるのかは本当に難しいのだが、分かってしまえば「こんなもんなん?」となるのだけれど、
そこまで追求しようとするのかしないのかは、あくまで本人次第なのである。

大方は分からないまま諦める。
なぜならレッスンに・・・


ゴルフスイングに「聖杯」を望んでいるからである。




今日は「重心コントロール」の記事にしようと思ったのだが、
その前に遡って書かざるを得なかった。




   イメージ 1   golf-sanadajuku.com
イメージ 2
 @g_s_juku

\?\?\ե³?¼\????µ»½ѥ֥�\?\󥭥󥰻²²??ѥ?\󥯰????   ← 
応援たのんます!



追記
つま先立ち。「ゴルフ」には弊害かもしれないが、「恋」には最適?というかそれが恋?
・・・と、故・村下孝蔵の「踊り子」はそう伝えている。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事