ここから本文です
歓迎!これは、オランダG-SHOCKコレクターとビール醸造者のWebログである。私はあなたにオランダの私の人生を見せる。

明日(月曜日)はエバの誕生日である。エバは、今日ロッテルダムの Fenix Food Factory で彼女の誕生日を祝福すると決めた。

Tomorrow (Monday) is Eva's birthday. Eva decided to celebrate her birthday at the FenixFoodFactory in Rotterdam today. 



私達はエバの姉妹および Bleephead のファミリーと出会った。たくさんのこの食物市場で見つけるのに良い食物がある。あなたはKaapse Brouwers の醸造酒パブで非常に特別なビールを飲むことができる。彼ら自身のビールのいくらかのそばには、ヨーロッパの至る所から多くの特別なビールがある。私達の醸造所の2つのビールさえあった。醸造酒パブは20の栓を持っている。

We met with Eva's sister and with Bleephead's family. There is a lot of good food to find in this food market. You can drink very special beers at the brew pub of the Kaapse Brouwers. Beside several of their own beers, there are many special beers from all over Europe. There were even two beers of our brewery. The brew pub has 20 taps. 


特別なチーズおよびよいソーセージ。それは、ニンニクを持つソーセージおよび酒を持つソーセージである。もちろん、それらは旨かった!

Special cheeses and good sausages. It is a sausage with garlic and a sausage with  酒. Of course, they were delicious! 





私はBramおよび私の甥Birkと小さい歩行を取った。私達は自転車店を発見した。それは、外に示された意外な蹴りスクーターを持っている。
I took a little walk with Bram and my nephew Birk. We discovered a bicycle shop. It has a strange kick scooter shown outside. 


より多くの食物と飲み物。エバの姉妹はモロッコの食物でプレートを得た。たくさんの食物と飲み物を飲み終えた後に、私達は子供のジャズのフェスティバルのために外に行った。

More food and drinks. Eva's sister got a plate with Moroccan food. After finishing a lot of food and drinks, we went outside for a Children's Jazz festival. 




それはビンテージものの Korg MS-10 ではないか?
Isn't that a vintage Korg MS-10?


うれしい午後をロッテルダムに過ごした後に、それは、家に運転する時間であった。誕生会のための腕時計:それは、それが ICERC FROGMAN である私のピンク色の GF-8250K.である。

After spending a joyful afternoon in Rotterdam, it was time to drive home. Wristwatch for a birthday party: It's my pink GF-8250K. It is a ICERC FROGMAN.


この記事に


今日、私達は最初の Emelisse ビールフェスティバルに出席した。私達は非常にラッキーであった。オランダとベルギーの大きい部分に激しい雨が行き当たる間、私達は小さな日当たりが良い場所にいた。私達はベルギーからの Alvinne 醸造所とともに早く到着した。私達は、台を共有すると決めた。

Today we attended the first Emelisse Beer Festival. We were very lucky. While large parts of The Netherlands and Belgium were struck by heavy rain, we were on the little sunny spot. We arrived early, together with the Alvinne brewery from Belgium. We decided to share a stand. 


私達は4つのドラフトビールで簡単なセットアップを持っていた。16時00分の後に、私達は「特別なフェスティバル」として樽老いビールにも働いた。
We had a simple set-up, with 4 draught beers. After 16:00 we also served a barrel aged beer as "Festival Special". 



フェスティバルが始まることを待つ間、私達は私達の島のローカルなチーズを他の醸造者に分けた。
While waiting for the festival to start, we shared a local cheese of our island among other brewers.






Eva 両方が Alvinne および私達の醸造所のスタンドを運営する間、私達はディナーの間にスパゲッティで休息を取った。天候は非常に熱くフェスティバル、日当たりが良いけれども、notで理想的であった。
While Eva both run the stands of Alvinne and our brewery, we took a rest during dinner with spaghetti. The weather was ideal for a festival, sunny, but not too hot. 


私達の醸造所の投資者でもあるロッテルダムからの友人は、フェスティバルの終わりに私達の台を訪問した。
A friend from Rotterdam, who is also an investor of our brewery, visited our stand at the end of the festival. 


もちろん、私はいくつかの良い記念品を持っていた。これはおかしいキャップである。英語において、それは「強いスタウト」を意味し、オランダ語において、それは「付属物 腕白 」を意味している。
Of course I had some nice souvenirs. This is a funny cap. In English it means  "Strong Stout", in Dutch it means "Extra Naughty".


他の醸造者と会っている技能ビール愛好家と会うのに良い日のための腕時計:それは、私のオレンジ色のGWX-56-4JFである。それは「G-ショックのキング」である。生産において再びこのモデルが引き返すので、私は非常に幸福である。

Wristwatch for a good day for meeting other brewers and meeting craft beer enthusiasts: It is my orange GWX-56-4JF. It is the "King of G-SHOCK". I am very happy that this model is back in production again.


この記事に


私は今日早く醸造し始めた。私達は私達の「Export Porter 1750」を醸造する。この重いビールは、要求された2600リットルを得るために、1日の2回醸造される。ビールは濾過の後に見て、非常によく匂った。

I started brewing early today. We brew our "Export Porter 1750". This heavy beer is brewed two times in one day to get the desired 2600 liter. The beer looked and smelled very good after filtering. 



その間、醸造所の他の部分では、ジュリアは小樽に快活に充填している。実際、私も快活で、私のシフトは終わっていた。私は太陽の私の庭で冷たいビールを満喫できた。

Meanwhile, at an other part of the brewery, Julia is cheerfully filling kegs. Actually, I was cheerful too, because after cleaning the latter tun, my shift was over. I could enjoy a cold beer in my garden in the sun. 


私は「Rumoerige Roodborst」を見つけた(「騒々しいロビン」)。それは、この前の冬に私達の醸造所で醸造されたビールであった。それは日当たりが良い午後のためのよい新鮮なビールである。

今日のための腕時計はまた、私の醸造酒腕時計である。GW-6900。

I found a "Rumoerige Roodborst" ("Noisy Robin"). It was a beer brewed in our brewery last winter. It is a good fresh beer for a sunny afternoon.

Wristwatch for today is again my brew wristwatch. The GW-6900. 


この記事に

偵察活動


土曜日に、私はEmelisseビールフェスティバルで私達の醸造所を表す。それはミデルブルグからほんの20キロメートルである。私は自由な日を持っていた。従って、私は、準備の進歩を観察するために、醸造所に行った。

Saturday I will represent our brewery at the Emelisse Beer Festival. It is only 20 kilometers from Middelburg. I had a free day, so I went to the brewery to observe the progress of the preparations. 


コース良好ビールから離れて、味がした。私達は喫煙ライムギ製ウイスキーIPAおよび新しい English Bitter を試した。両方のよいビール。

Off course good beers were tasted. We tried a Smoked Rye IPA and the new EnglishBitter. Both good beers. 


夏の自由な日のための腕時計:Breezy Colors GA-110SN-3。
Wristwatch for a free day in summer: Breezy Colors GA-110SN-3.



この記事に

私は引き返す!


それは今朝美しい日の出であった。私は非常に今朝早く醸造所に行った。この風景は、運河の上の橋を横切る時に観察された。

It was a beautiful sunrise this morning. I went to the brewery very early this morning. This scenery was observed when crossing a bridge over the canal. 


私達は糖化のための新しい手続を試した。それは非常によい効率を与えるようである。
We tried a new procedure for saccharification. It seems to give a very good efficiency. 


ビールを煮沸消毒する間、郵便配達人は到着した。彼は小さいパッケージを持って来た。パッケージの内容は、再びブログすることを可能にする。私の古い MacBook のグラフィックのカードは、たくさんの問題を与えた。また、5年の後に、それは非常に遅くなった。長い間再び続くことを望もう。

While boiling the beer, the postman arrived. He brought a small package. The content of the package makes it possible to blog again. The graphic card of my old MacBook gave a lot of problems. Also after 5 years it became very slow. Let's hope to continue for a long time again. 


今晩のためのビール:それは、Brewdogの果物のようなホップ風味があるビールである。それはパンクIPAである。

今日のための腕時計:それは私の通常の醸造酒時計である。基本的なGW-6900。それは実際、仕事のための非常によい時計である。

Beer for this evening: It's a fruity hoppy beer of Brewdog. It's the Punk IPA. 

Wristwatch for today: It's my usual brew watch. A basic GW-6900. It is actually a very good watch for the job. 


この記事に


フェスティバルへの道について。私はこれらの列車を見た。新しい恋人のように。
On the way to the festival. I saw these trains. Like new lovers. 


ゴーダのこのフェスティバルは学校で催される。それは、普通あなたがティーンエイジャーを予期するおかしく、より年上の人々のように思われる。
This festival in Gouda is held in a school. It looks funny, older people where you normally expect teenagers. 




私達が列車に乗る前に、私はビールオタクグループから学び、この女性はこのフェスティバルにも出席していた。彼女を群衆に発見することが容易ではなかった。
Before we took the train, I learned from a beer geek group, this lady was also attending this festival. It was not easy to find her in the crowd. 


「醸造酒あごひげ」
"Brew Beards"


私達はチーズとビール食物ペアに切符を取得した。これはゴーダの時にほとんど義務的である。
We acquired a ticket for the cheese and beer food pairing. This is almost obligatory when in Gouda. 



実に、非常に良い食物ペアリングがあった。人々出席が味とペアリングについてまったく危険であったので、それは非常に興味深かった。
There were indeed very nice food pairings. It was very interesting, because people attending were quite critical about taste and pairing. 



これは、たぶん、ヨーロッパのとてもよい既知のビール裁判官とジャーナリストである。それはDereck Walshである。彼は、非常に良いにおいを持つシタンの断片で特別なネックレスを身に着けていた。

This is probably Europe's most well known beer judge and journalist. It is Dereck Walsh. He wore a special necklace with a piece of rosewood with a very nice smell. 


夕方、それが2時間列車乗りであるので、それは、家に帰る時間であった。幸運にも、私達は、後ろを途中で共有するために、ビールを飲んだ。それは、ロッテルダムの醸造所Noordから、キャビアを持つビール醸造酒であった。

フェスティバルの日のための腕時計:GF-8230A Rising Red Frogman。

In the evening it was time to go home, as it is a 2 hour train ride. Luckily we had a beer to share on the way back. It was a beer brew with caviar from Brewery Noord in Rotterdam. 

Wristwatch for a day at a festival: GF-8230A Rising Red Frogman.

この記事に

ホームブリュー日2016


1週前、私達は私達の醸造所の最初のホームブリュー日を持っていた。また、Kees Bubberman により組織されて、2年前ホームブリュー日があったけれども、彼はその時の Emelisse 醸造所で働いていた。アマチュア醸造者はこの日のために登録できた。私達は70人の醸造者のための部屋を持っていた。醸造が終えられる時には、すべての醸造者は20リットル発酵していないビールを受け取る。私達は、それによって、彼らに、特別な何かをするように頼んだ。

A week ago we had the first Homebrew Day of our brewery. There had been a Homebrew day two years ago, also organized by Kees Bubberman, but he was working at the Emelisse brewery at that time. Amateur brewers could register for this day. We had room for 70 brewers. When the brewing is finished, all brewers will receive 20 liters unfermented beer. We asked them to do something special with it. 


私は早い醸造を始めた。驚いたことに、非常に早く、最初の醸造者が到着した。そこでイベントが始まる1時間前に、すでに国中からいくつかの醸造者であった。

I started early brewing. To my surprise the first brewers arrived very early. One hour before the event started there were already several brewers from all over the country. 


運良く、到着し、助けなさい。従って、人々は長いドライブの後で茶とコーヒーを飲むことができた。
Luckily help arrived, so people could have tea and coffee after a long drive. 


Kees Bubbermanが群衆を歓迎している間、私は醸造し続けた。このホームブリュー日のためのビールは黒ビールである。ホップの使用はかなりきちんとしている。従って、醸造者は特別な何かをそれらのビールに容易に追加できる。私は、ビールを熟させる間に、添加物のための多くの興味深いアイデアを聞いた。乾燥しているホップ、ココヤシ、オレンジ色の皮、バーボン。
While Kees Bubberman is welcoming the crowd, I continued brewing. The beer for this Homebrew Day is a stout. The use of ホップ is pretty decent, so brewers can easily add something special to their beers. I heard many interesting ideas for additives during ripening the beer. Dry ホップ, cocos, orange peels, bourbon.  



醸造の間に、醸造者は醸造についてKeesまたは私に質問をすることができた。また、醸造所、麦芽、および酵母についての4回の興味深い講義があった。
During the brewing, the brewers could ask questions to Kees or me about brewing. Also there were 4 interesting lectures  about breweries, malts and yeast. 









最後の講義の間に、私達は特別な流通機構を準備した。それは一種の無菌の銃である。ビールの配布は、いつも感染のチャンスがあるので、非常に危険である。醸造者がそれらの20リットルビールを拾い上げることができる前に、彼らは酵母のパッケージを選ぶことができる。スポンサーは多くの種々の酵母種類を出した。
During the last lecture we prepared a special distribution system. It is a kind of sterile gun. The distribution of beer is very critical, because there is always a chance of infection. Before the brewers can pick-up their 20 liters beer, they can choose a package of yeast. A sponsor has delivered many different yeast varieties. 










ビールが配布された後に、すべての醸造者が幸福である。私は20リットルビールも得た。私は、私のビールに追加するために、現在ココナッツビスケットの抜粋をしている。私達が醸造インストールをきれいにする間、ほとんどの醸造者は酵母をそれらのビールに追加する。終わりに、私達はビールを飲み、家に帰る。それは長い日であった。
After the beer is distributed, all brewers are happy. I also got 20 liters beer. I am currently making an extract of coconut biscuits to add to my beer. While we clean the brewing installation, most brewers add the yeast to their beer. At the end we drink a beer and go home. It was a long day. 


家では、私は開いていて 特別なビール 引いた。それは Pohjala 醸造所の近くで「Oo」を呼んだ。それはエストニア語の「夜」を意味している。それはエストニアから美しい「バルト海ポーター」である。
At home, I pulled open a special beer. It's called "Oo" by the Pohjala brewery. It means "Night" in Estonian. It is a beautiful "Baltic Porter" from Estonia. 


今日のための腕時計:それは、私のピンク色のGF-8250K-4JR I.C.E.R.C.潜水夫である。私は色を愛している。それは美しさも持っている バックライトのザトウクジラ 。 
Wristwatch for today: It is my pink GF-8250K-4JR I.C.E.R.C. Frogman. I love the color. It also has a beautiful the humpback whale in the backlight.  


この記事に


手近な「ホームブリュー日」に、私には私のビールのための秘密の成分が必要であった。私の成分を見つけるのに最も良い場所は、ベルギーにある。私は、友人に、それに注意するように頼んだ。彼は近いアントワープの近くに住んでいる。それは、アントワープへの訪問によって私の成分を収集することを結合するのに良い機会であった。長い間、私はアントワープファッション美術館を訪問したかった。私は川岸に沿って私達の車を駐車した。それは都市センターへの10分歩行であった。外国の都市には、見るために、いつもたくさんがある。
I needed a secret ingredient for my beer on the forthcoming "Homebrew Day". The best place to find my ingredient is in Belgium. I asked a friend to look out for it. He lives near near Antwerp. It was a good occasion to combine collecting my ingredient with a visit to Antwerp. For a long time I wanted to visit the Antwerp Fashion Museum. I parked our car along the riverside. It was a 10 minute walk to the city center. In a foreign city, there is always a lot to see. 





ファッション美術館は聖 Andries 区に置かれる。
The Fashion Museum is located in the ward St. Andries. 



現在の展示会は「フットプリント」と呼ばれて、靴をカバーする 有名な現代ファッションデザイナーからデザインする 。
The current exhibition is called "Footprint" and covers a shoe designs from famous modern fashion designers. 





ニコラスカークウッド。彼のデザインは有名なキース・ヘリンググラフィックスを特徴とする。
Nicholas Kirkwood. His designs feature famous Keith Haring graphics. 





1969からの有名なアディダス「スーパースター」オリジナルデザイン。また、Rafサイモンズによりデザインされた2つのアディダススニーカー。
The famous Adidas "Superstar" original design from 1969. Also two Adidas sneakers designed by Raf Simons. 






デビッド・リンチによって「フェティッシュ」展示会のためのキリスト教Louboutinによりデザインされた靴。
Shoes designed by Christian Louboutin for the "Fetish" exhibition by David Lynch. 





展示会はLady Gaga の靴のうちのいくつかで終わる。
The exhibition concludes with some of the shoes of Lady Gaga. 



出口の近くには、歴史の衣類の別の小さい展示会がある。
Near the exit there is another small exhibition of historical clothing. 


美術館を去る間、私達はこの展示会のための美しいビデオ壁を見る。
While leaving the museum, we see a beautiful video wall for this exhibition. 



私達が私の秘密の成分のための私の友人に去る前に、私達は顕著なパブに行った。それは「 11番目の命令」を呼んだ。(11番目の命令は、「トゥーはエンジョイすることとする」である。 パブの中は多くの宗教の彫像を持っている。
Before we leave to my friend for my secret ingredient, we went to a remarkable pub. It's called "The Eleventh Commandment". (The eleventh commandment is "Thou shall enjoy".  The inside of the pub has many religious statues. 





私の友人はこのパン自動販売機の近くに住んでいる。あなたはベルギーの上のパン自動販売機alを見つける。短い訪問および興味深い飲み物の後では、私達は家に運転した。

靴展示会のための腕時計:日の出紫潜水夫。

My friend lives near this bread vending machine. You find bread vending machines al over Belgium. After a short visit and an interesting drink, we drove home. 

Wristwatch for a shoe exhibition: Sunrise Purple Frogman.


この記事に

新年のイブ。


まだ、別の年は過ぎていた。それは高速でジェットコースターに似ていた。1年の間現在すでに私達の醸造所が存在することは信じられない。私達は60の醸造酒を作った。これは、世界的に配布された約130000リットルビールである。あいにく、私には、私の  Webログ において送る少ない時間があった。

yet, another year has passed. It was like a roller coaster at high speed. It is unbelievable that our brewery now already exists for one year. We have made 60 brews. This is approximately 130000 liter beer, distributed worldwide. Unfortunately I had less time to post on my weblog. 



いつものように、多くのビールがあった。私はいくつかのまれなボトルも持って来た。
As usual, there was plenty of beer. I also brought some rare bottles. 


夕方を起こすことが良いビール。それは呼ばれる:「ビールのための最もすばらしい時間」。
A nice beer to start the evening. It's called: "The Most Wonderful Time for a Beer". 


また、このビール(F*ck、クリスマスツリーは、火"にある)は見つけづらかった。それはどこでも売り切れた。たぶん、ただたぶん、ビールがよいので、それは名前のため売り切れた。
Also this beer (F*ck, The Christmas Tree is on fire") was hard to find. It was sold out everywhere. Maybe it's sold out because of the name, maybe just because the beer is good. 


私達の食事と飲む間の時に、古いオランダゲームによってした。それはSjoelenと呼ばれる。それはたぶん、30年前であった 私 最後に、このゲームをした 。私は最も大きい敗者でもあった(笑) 。
In between eating and drinking, we did an old Dutch game. It is called Sjoelen. It has been maybe 30 years ago I played this game for the last time. I was also the biggest loser(笑) . 



私達は、私達の醸造所からビールにより伴われている2015の最後の分をカウントダウンした。それはカラメルファッジ黒ビールである。
We counted down the last minutes of 2015 accompanied with a beer from our brewery. It is a Caramel Fudge Stout. 


新年の伝統的な花火!
Traditional fireworks at New Year!


  H A P P Y   N E W   Y E A R!!!   


私達はまだ Bram の待降節カレンダーから1つのアイテムを持っている。それはもちろん、サンタ条項である。彼は列車に乗ることができる。
We still have one item from Bram's Advent Calendar. It is of course Santa Clause. He can ride the train. 


新年のカウントダウンに最適の時計:GWF-1000RD、Burning Red Frogman。
A perfect watch for a New Year's Countdown: GWF-1000RD, the BurningRedFrogman. 


この記事に



それはサンニコラからプレゼントであった。私は 1997 年にこの建物を見た。それは驚嘆築きであり、それのため形である。NYCの建物のために、それは相対的な小さい建物である(高さ93mである)。

It was a present from Saint Nicolas. I have seen this building in 1997. It is an amazing building, due to it's shape. For a building in NYC, it is a relative small building (93m high).




築いている手順を持つ小冊子は、建物についてのたくさんの情報も与える。
The booklet with building instructions also gives a lot of information about the building. 


建物は 471 の LEGO 断片を含んでいる。築くのには約1時間かかった。
The building contains 471 LEGO pieces. It took about an hour to build.






私は、LEGO モデルが本当の建物のようにとても見えると思う。それは美しいセットである。
I think the LEGO model looks very much like the real building. It's a beautiful set. 


しかし、築くより多くがあった。それは Bram の待降節カレンダーである。昨日、それはある種類のロケットを与えた。今日、それが明らかになった これらはスペースシャトルの推進ロケットである。

But there was more to build. It's Bram's Advent Calendar. Yesterday it gave some kind of rockets. Today it became obvious these are the propulsion rockets of a Space Shuttle. 



今日のための腕時計:それは白とプラムでGW-6900Fである。
Wristwatch for today: It's the GW-6900F, in white and plum. 



この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事