ここから本文です
歓迎!これは、オランダG-SHOCKコレクターとビール醸造者のWebログである。私はあなたにオランダの私の人生を見せる。

私達は早く起きた。私は私達の村からフランスパンを12キロメートル村で買った。私達は簡単な朝食をとり、私達はさようならを、家オーナー、犬、およびチキンに言った。私達が私達の家に戻る前に、私達はまだ1つの城を訪問したかった。150キロメートルドライブ。

We woke up early. I bought a French bread in a village 12 kilometers from our village. We had a simple breakfast and we said goodbye to the house owner, the dog and the chickens. Before we return to our house, we still wanted to visit one castle. A 150 kilometer drive. 



私達がラッキーであるように思われた。城に、レゴテーマを与えられた展示会があった。
It seemed we were lucky. There was an Lego themed exposition in the castle. 



それは、私がこの城を訪問する3番目の時間である。それでも、それの最初の眺めはすばらしい。
It is the third time I visit this castle. Still the first view of it is stunning. 



第一に、レゴ展示会がであった所は不明瞭であった。それは、閉められたドアの後ろにあったか?
First it was unclear where the Lego exposition was. Was it behind closed doors?


従って、私達は、城を通してツアーをすると決めた。しかし待ちなさい!最初のレゴアートワークがある。
So, we decided to do the tour through the castle. But wait!?! There is the first Lego artwork. 


それはジョセフィン、ナポレオンボナパルトの妻である。
It's Josephine, the wife of Napoleon Bonaparte. 



時々、あなたは2回見る必要があった。
Sometimes you had to look twice. 




エルバ島のナポレオン。
Napoleon on Elba.







カメオ!
Cameo!




私的な部屋と武器部屋の間のホールから見られた庭の上の美しい眺め。
A beautiful view over the garden seen from the hall between the private rooms and the weapon room. 


私達は城の大きい武器部屋を訪問した。たくさんの武器とハーネスは、壁のディスプレイにあった。
We visited the large weapon room of the castle. A lot of weapons and harnesses were on display on the walls. 



キングの印象的な部屋への武器部屋リード。
The weapon room lead to the impressive room of the King. 




2階には、小さい礼拝堂があった。
On the second floor there was a little chapel. 






今や、これは本当に印象的なレゴモデルである。
Now, this is really an impressive Lego model. 






ブルゴーニュの公爵夫人。
A Duchess of Bourgogne.



キングルイ15世。
King Louis XV.


音楽室。皇后ジョセフィンのハープがレゴで作られることに注意しなさい。
The music chamber. Note the Empress Josephine's harp is made of Lego. 



凱旋門のモデル。
A model of the Arc de Triomphe.



展示会はこの大きい印象的なレゴアートによって終わった。それは戦いフィールドでナポレオンを示す。
The exposition ended with this big impressive Lego art. It shows Napoleon on the battle field. 







それは、私のオリュンポスカメラにおいて私が「ドラマチックなトーン」設定を使った間であった。雲は、この効果を使うのに理想的であった。

It has been a while I used the "Dramatic Tone" settings on my Olympus camera. The clouds were ideal for using this effect. 


行方不明の唯一の物は、空から下降しているUFOである…
The only thing missing is an UFO descending from the sky...




庭を通して城と歩行を訪問した後に、私達はタンタン展示会に行った。シュヴェルニーの城はタンタンのシリーズのキャプテンハドックタラの城のためのモデルを立てた。

After visiting the castle and a walk through the gardens, we went to the Tintin exhibition. The Castle of Cheverny stood model for the castle of Captain Haddock in the series of Tintin. 




タンタンの物語に、城の2つの外の翼について向こうに出発した。
In the stories of Tintin the two outer wings of the castle were left away. 






雷嵐の間の意外な部屋。ライトは時々行った。
A strange room during a thunder storm. The lights went on and off. 






肖像のロケットと潜水艦のスモールモデルを持つ教授計算法の研究所。
The laboratory of Professor Calculus with small models of the iconic rocket and submarine.












ビアンカCastafioreのコンサートの実験的な放送のアニメーション。見ることがおかしい。ビット幻覚剤。
An animation of an experimental broadcast of a concert of Bianca Castafiore. It's funny to watch. A bit psychedelic. 









有名な「潜水艦をサメ検査しなさい」。
The famous "Shark-proof Submarine".



私達が展示会を残す前に、漫画において返ったシュヴェルニーから人々の顕著な一連の肖像があった。

Before we left the exhibition, there were a remarkable series of portraits of people from Cheverny that returned in the cartoons. 





私達が城を去る前に、私達はトロフィー部屋を訪問した。無数の枝角は莫大な壁で示された。
Before we left the castle, we visited the trophy room. Countless antlers were shown on the huge walls. 





運転している6時間の後に、私達は最終的に、おなじみのグラウンドに到着した。
After 6 hours driving we finally reached familiar ground. 


私達が車を開けて、簡単なディナーをとった後に、それは、熟したよく、木製の樽、ビールのための時間であった。フランスの私達の休日の終わり。

私達の休日の最後の日のための腕時計:それは、私の黄色いGF-8250-9JF FROGMANである。

After we unpacked the car and had a simple dinner, it was time for a good, wooden barrel ripened, beer. The end of our holiday in France. 

Wristwatch for the last day of our holiday: It's my yellow GF-8250-9JF FROGMAN.


この記事に

フランスの休日。#3


日5。

私達は、見るために、ソミュールに25キロメートルを動かした… まだ、別の城。

Day 5.

We drove 25 kilometers to Saumur to see... yet another castle. 



都市の上の城からの眺めは驚異的である。
The view from the castle over the city is amazing. 


よさの水。それは非常に深い。従って、水を引き上げるために、この木製のメカニズムがある。
The water well. It's very deep, so there is this wooden mechanism to get the water up.


中庭から、あなたは城の一部が行方不明であるとわかることができる。それは数世紀前崩壊した。それは決して再組み立てられなかった。
From the courtyard you can see a part of the castle is missing. It collapsed several centuries ago. It was never re-erected. 



陸軍病院のいくつかの古いオブジェクトが、前者の法廷のディスプレイにあった。
Several old objects of the military hospital were on display in the former courtroom.





16世紀からのオートクチュール(^0^;)
Haute Couture from the 16th century (^0^;)









この城は磁器オブジェクトの非常に豊かなコレクションを持っている。2つの莫大な室がこれらのキャビネットによって満たされた。
This castle has a very rich collection of porcelain objects. Two huge chambers were filled with these cabinets.


この古い花びんはそれに意外な装飾物を持っている。人は論争好きのオランダ政治家と強い類似を持っている。
This old vase has a strange decoration on it. The man has a strong resemblance with a contentious Dutch politician.








私は、それが何であるかを知らないけれども、形と色は非常に美しい。
I do not know what it is, but the shape and colors are very beautiful.



また、私達は、この場面が、地階でであったものというアイデアを全然持っていなかった。
Again, we had no idea what this scene, in the basement, was.





別個の建物では、軍隊の馬に機器の展示会があった。私はこの小さい彫像を見た。それは600 BCに日付を書いた。
In a separate building there was an exhibition of equipment for military horses. I saw this small statue. It dated 600 BC.



家でバックしなさい ディナーのために私がツナトマトソースを作る間、Bram は犬によって遊んだ。
Back at the house, Bram played with the dog, while I made a tuna-tomato sauce for dinner. 





ディナーの後に、私達はシノンのキャンプに行った。私達は訪問をバーナードおよび彼の家族にもたらした。太陽が沈んだ長い間後に、私達は戻った。
After dinner we went to camping of Chinon. We brought a visit to Bernard and his family. We returned long after the sun had set. 




日6。

私達は最初、シノンの市場を訪問した。

Day 6.

We first visited the market of Chinon.




別の通りライブラリ。
Another street library. 



シノン(私達はすでにアンボワーズの市場にいた)の短い訪問の後に、私達はBrezeの城に行った。それが、城の下の洞窟にされる深い堀と人であるので、この城は知られている。
After a short visit of Chinon (we had already been on the market of Amboise), we went to the castle of Breze. This castle is known for it's deep moat and the man made caves under the castle.




深さ18メートルである この乾燥している堀のため、ヨーロッパで最も深い。うつむくことは本当に印象的である。
With 18 meter deep, this dry moat is the deepest in Europe. Looking down is truly impressive. 


11番目からの19世紀への洞窟日付。城が包囲攻撃の下にあった時には、居住者は城の下の洞窟に動いた。牛に馬小屋さえある。

The caves date from the 11th to the 19th century. When the castle was under siege, the residents moved into the caves under the castle. There are even stables for the cattle. 


エバは私達のガイドである。彼女は読み、私達がどこにいて、私達が見ることができるものであるかを私達に言う。
Eva is our guide. She read and tells us where we are and what we can see. 




あなたが閉所恐怖症に苦しむ時には、私達は、洞窟に入らないように命じられた。それは少し誇張されて、私は考える。洞窟は美しく、興味深かった。
We were told not to go into the cave when you suffer from claustrophobia. It was a little exaggerated, I think. The caves were beautiful and interesting. 




非常にまれな日光。
Very rare daylight.





最後に、私達は底に到着した。堀への入口があった。それは洞窟で非常に暗かった。従って、私達は私達の目を明るい昼光用の1番目に適応させる必要があった。
Finally we reached the bottom. There was the entrance to the moat. It was very dark in the caves, so we had to adapt our eyes to the bright daylight first. 

城の逆の側には、壁で掘られたいくつかの室があった。これは、中に石壁に掘られた最も大きいパン店である。
On the opposite side of the castle there were several chambers dug in the wall. This is the largest bakery, dug in to the stone wall.


堀を通る歩行。
A walk through the moat. 




3つの非常に古いブドウプレスが、堀壁の部屋のうちの1つにある。
In one of the rooms of the moat wall are three very old grape presses. 



制作および老化ワインがまだ存在するための巨大なたる。それらは使用されていることさえするかもしれない。洞窟の温度は非常に一定である。
the giant casks for making and aging wine are still present. They might even be in use. The temperature in the caves is very constant.




城の内部は他の城のように多くである。たくさんの絵画を持つたくさんの大きい部屋。
The castle's interior is much like the other castles. A lot of big rooms with a lot of paintings.



亜鉛風呂おけは興味深い。たいてい、エナメルはルネッサンスにおいて使われる。
The zinc bath tub is interesting. Mostly enamel is used in the Renaissance. 


ダンジョン。
The dungeon.


Outside, near the entrance is a huge pigeon loft. I believe it has place for over 140000 pigeons. 


写真クレジット:バーナード。
Photo credits: Bernard.
午後、私はソミュールの近くで醸造所にバーナードと一緒に行った。それは「TINA」と呼ばれる。それは「選択肢が全然ない」を表す。それはマルグレットサッチャーから引用文である。
In the afternoon I went with Bernard to a brewery near Saumur. It is called "TINA". It stands for "There Is No Alternative". It is a quote from Margret Thatcher. 

私達はいくつかのビールを味わった。私達は小さい醸造所を通して特別なツアーを得た。この醸造所は毎月500リットルビールを醸造する。
we tasted several beers. We got a special tour through the small brewery. This brewery brews 500 liter beer every month.

写真クレジット:バーナード。
Photo credits: Bernard.

マッシュ発酵おけと醸造やかん。
The mash tun and the brewing kettle.


3つのシリンダ円錐形のタンク。3週の後に、ビールは1週の間ボトルの3番目の発酵のために壜詰にされる。
Three cylinder conical tanks. After three weeks, the beer is bottled for the third fermentation in the bottle, for a week.

写真クレジット:バーナード。
Photo credits: Bernard.
何人かの醸造者が話す。
Some brewers talk.

写真クレジット:バーナード。
Photo credits: Bernard.

いくつかのビールが売買されて、たくさんのビールは買われた。
Some beers were traded, a lot of beers were bought.


日7。

フランスの既の私達の最後の日。私達は、家のためにいくらかのチーズを取ってくるために、スーパーマーケットに行った。私は旨いワサビチップも見つけた。私は、私達もオランダにそれを持っていることを願う。

Day 7.

Our last day already in France. We went to the supermarket to get some cheese for home. I also found delicious wasabi chips. I wish we had it in The Netherlands too. 




家にバックしなさい エバは、ジーランドに追い返すのに最も良いルートを探していた。
Back in the house, Eva was looking up the best route for driving back to Zealand. 


さようなら、チキン!
Goodbye, chickens!


ある日当たりが良い旅行雨樋のための腕時計 ロアールの谷 :それは、私のピンク色のFROGMAN GF-8250K-4JR.である

Wristwatch for some sunny trips trough the valley of the Loire: It is my pink FROGMAN GF-8250K-4JR.


この記事に

フランスの休日。#2


日3。

私達はこの日に特別な何もしなかった。まさに、日光を楽しむ。夕方バーナードおよび彼の家族に私達が訪問した。それらは私達からキャンプ9キロメートルにある。

Day 3.

We didn't do anything special this day. Just enjoying the sun. In the Evening Bernard and his family visited us. They are on a camping 9 kilometers from us. 





私達はその夕方これらのフランスのビールを試した。それらはすべてのローカルな醸造酒である。
We tried these French beers that evening. They are all local brews. 


日4。

私達は行った 城Azay-le-Rideau 。ロアールに沿った多くの城のうちの1つ。

Day 4.

We went Chateau AzayleRideau. One of the many castles along the Loire. 




屋根にたくさんの復元作品があった。従って、目を通すこと「屋根に」が可能であった。

There were a lot of restoration works on the roof. Therefore it was possible to look "through the roof".



この城は最初の既知のまっすぐな階段を持っている。普通、城は渦巻状の階段を持っている。
This castle has the first known straight stairs. Usually castles have spiral stairs. 






城のひな型。2番目のひな型はまっすぐな階段をはっきりと示す。
Maquette of the castle. The second maquette shows clearly the straight stairs.
















城で見るために、たくさんの物があった。いつものように、城は非常に大きい。一定の瞬間に、私はこれらの小さい彫像を発見した。それらはしばしば部屋のコーナーに隠された。それらのうちの数百があるにちがいない。

There was a lot of things to see in the castle. As usual the castle is very large. At a certain moment I discovered these small statues. They were often hidden in the corners of a room. There must be hundreds of them . 














19世紀の終わりの城の写真。
A photo of the castle at the end of the 19th century. 


公園からの城についての見方は驚異的である。あなたは、復元作品が終わったのでそれが思われるものを想像できるか?

The view on the castle from the park is amazing. Can you imagine what it looks as the restoration works are over? 


それは何であるか?
What is that?


美しい黒い翼を付けられたトンボは、水に迷っていた。
Beautiful black winged dragonflies were hovering over the water.




アイスクリームは買われた。それは旨かったけれども、どのアイスクリームもアンボワーズのアイスクリームを打つことができない(日2を見なさい)。

Ice cream was bought. It was delicious, but no ice cream can beat the ice cream of Amboise (see day 2).








城の訪問の後に、私達は小さい村で見回った。  それの後に、私達は私達の小さな農場に戻った よい天候を楽しむ 。
After the visit of the castle, we looked around in the small village.   After that we returned to our little farm, to enjoy the good weather. 



夕方、私達はバーベキューを満喫した。
In the evening we enjoyed a barbecue. 




それはほとんど満月であった。私の70-300mmレンズをテストすることが良い機会。
It was almost full moon. A nice occasion to test my 70-300mm lens. 


フランスの日当たりが良い2日のための腕時計:それは私のGXW-56-1BJFである。G-SHOCKの「キング」!
Wristwatch for two sunny days in France: It's my GXW-56-1BJF. The "King" of G-SHOCK!

この記事に

フランスの休日。#1


初日。

醸造所の数週重労働の後に、それは最後に、休暇のための時間である。今年、私達はフランスのロアールに週を攻撃した。私達は良い小さい古い農場を予約した。それはかなり居心地よい。それでも、それはほんの3人の人のためにまったく大きい。

Day 1.

After some weeks hard work at the brewery, it's finally time for a vacation. This year we went for a week to the Loire in France. We booked a nice small old farm. It's pretty cosy. Still it's quite big for only three persons. 




小さな農場のまわりにたくさんの動物がいる。最もおかしい生き物は池とチキンのカエルである。
There are a lot of animals around the little farm. The funniest creatures are the frogs in the pond and the chickens. 













WIFIはインストールされた。それは遅いけれども、それは時々作動する。
The WIFI was installed. It's slow, but it works from time to time. 


日2。

それはアンボワーズの市場である。パパ あなたのカメラを忘れない 。私のカメラはどこであるか?それはここにある。フラッシュ!

Day 2. 

It is market in Amboise. Dad, do not forget your camera. Where is my camera? It's here. Flash!


それはアンボワーズに1時間ドライブであった。私達が都市の近くにいた時には、私達は、私達が唯一の訪問者ではないことに気づいた。長さ2キロメートルの交通渋滞があった。私達は、アンボワーズから川の他の側の私達の車、約1500メートルを駐車すると決めた。
It was one hour drive to Amboise. When we were near the city, we noticed we were not the only visitors. There was a 2 kilometer long traffic jam. We decided to park our car on the other side of the river, about 1500 meters from Amboise. 







新しい帽子は買われた。
A new cap was bought.


たくさんの石けんも買われた。
A lot of soap was bought too. 



私達はここで誰と会ったか?それはバーナードおよび彼の家族である。偶然の一致によって、それらは、私達の小さな農場からキャンプ10キロメートル未満にいる。
Who did we meet here? It is Bernard and his family. By coincidence they stay at a camping less than 10 kilometers from our little farm. 






チーズの色は驚異的である。それは、ラベンダーチーズ、トマトチーズ、およびバジルチーズである。
The colors of the cheese is amazing. It's lavender cheese, tomato cheese and basil cheese. 







アンボワーズは、レオナルド・ダ・ビンチが住んでいた最後の場所である。市場の後では、私達は「Clos Luce」に行った レオナルド・ダ・ビンチが住み、働いた家 。
Amboise is the last place where Leonardo da Vinci lived. After the market we went to "Clos Luce", the house where Leonardo da Vinci lived and worked. 








長い列があった 入口を食べた けれども、最後に、私達は家の中に入った。私達はレオナルドdaヴィンスの寝室で始めた。彼の寝室のウィンドウから、レオナルドは、彼の友人キングフランソワ 私 の城に期待することができた。
There was a long queue ate the entrance, but finally we got into the house. We started with the bedroom of Leonardo da Vince. From his bedroom window, Leonardo could look to the castle of his friend King Francois I. 










レオナルドは武器の区域をデザインした。
Leonardo designed a lot of weaponry. 


キングフランソワの城への彼の家の下に秘密の通路があった噂がある。
There is a rumor that there was a secret passage under his house to the castle of King Francois. 



自転車と自動車の早いデザイン。
The early design of a bicycle and an automobile. 



ヘリコプターおよびひどい武器の早い概念。馬の後ろの車は馬の足をスライスし、兵士をばらばらになって切開する。
An early concept of the helicopter and a terrible weapon. The car behind the horse slices the legs of horses and cuts soldiers in pieces. 






レオナルド・ダ・ビンチの庭を通る歩行の後に、私達は都市センターに帰る。私は家の壁でかわいい小さいライブラリを見た。今日の最終的なゴールはアイスクリームであった。私達は私達の好きなストールを見つけた。私達はバラ風味と違反風味によってアイスクリームを食べた。味は驚異的である。たぶん、これまで私達が味わったことがある最もよいアイスクリーム。

After a walk through the garden of Leonardo da Vinci, we go back to the city centre. I saw a cute little library on the wall of a house. The final goal of today was an ice-cream. We found our favorite stall. We ate ice-cream with rose flavor and violate flavor. The taste is amazing. Maybe the best ice-cream we've ever tasted. 







「フランスの神のように生きている」。
"Living like a God in France".



意外なビールボトル。ビールは低品質であった。ボトルはかわいく見える。

フランスの週のための腕時計:Lightning Yellow GW-9430EJ-9JR Rangeman。

A strange beer bottle. The beer was poor quality. The bottle looks cute.

Wristwatch for a week in France: The Lightning Yellow GW-9430EJ-9JR Rangeman. 

この記事に


私は今朝起きた。私のアラームラジオはニュースを放送していた。世界的なビールを輸出する小さなオランダ醸造所についてのアイテムがあった。突然、Kees、私達の頭醸造者の悪があった。後で、また、アイテムがテレビであった。

I woke up this morning. My alarm radio was broadcasting the news. There was an item about small Dutch breweries, who export beer worldwide. Suddenly there was the vice of Kees, our head brewer. Later there was an item on television too. 



最近、私達の最も新しい特別なビールは壜詰にされた。Keesはビートルズの大きいファンである。彼は、約1年前リバプールのイチゴフィールドを訪問した。ビートルズに敬意を表して、彼はイチゴによってビールを作った。それは呼ばれる:「イチゴフィールド」。私は小さなプロモーション用のフィルムを作った。

Recently our newest special beer was bottled. Kees is a big fan of the Beatles. He visited Strawberry Fields in Liverpool about a year ago. In honor of the Beatles he made a beer with strawberries. It is called: "Strawberry Fields". I made a small promotional film. 


ブライアン〈オランダG-SHOCKコレクター〉は私を醸造所に訪問した。彼は私も家に追いやった。G-SHOCKコレクター写真をとるのに良い理由。
Brian, a Dutch G-SHOCK Collector, visited me in the brewery. He also drove me home. A good reason to take a G-SHOCK Collectors photo. 


昨晩、私は私の休暇の前に最後のビールにおいてつぶした。その間、私はよいビールを満喫した。
G-SHOCKミーティングのためのG SHOCK:GWF-1000SR-4JF。MEN IN SUNRISE PURPLE FROGMAN。

Last night I mashed in the last beer, before my vacation. Meanwhile I enjoyed a good beer. 
G-SHOCK for a G-SHOCK meeting: GWF-1000SR-4JF. Men in Sunrise Purple Frogman.

この記事に

土曜日の醸造。


土曜日の醸造は容易であった。私は、バーベキューの後にマッシュを作ってたくさんの時間を節約した。私は6時30分にろ過を始めた。砂糖変換は、よいビールになろうとしているので、非常に効率的であった これ 。
The brewing on Saturday was easy. I have saved a lot of time by  making the mash after the barbecue. I started lautering at 6:30. The sugar conversion was very efficient This is going to be a good beer. 


Keesには、ビールの忘れられたボックスが必要であった。それはジュリアの莫大な山のボックスの下で突き止められた。
Kees needed a forgotten box of beer. It was located under Julia's huge pile of boxes.



私はすでに13時00分ごろに冷却し始めた。約1時間後で、ビールはタンクで安全である。15時00分に、すべてはきれいにされた。私は、都市センターに行くと決めた。

I started cooling already around 13:00. About an hour later the beer is safe in the tank. At 15:00 everything was cleaned. I decided to go to the city center. 



毎月のビールカフェの栓のオランダの同盟 特別なビール 。これ月のビール:私達の醸造所からのレモングラスIPA。それは非常にポピュラーである。私達のカフェはすでに2樽を終えて、最後の小樽はドラフトにある。それは外のほんの6日である!
The Dutch alliance of beer cafe's tap every month a special beer. This months beer: Lemon Grass IPA from our brewery. It is very popular. Our cafe has already finished 2 kegs, the last keg is on draught. It is only 6 days out! 


カフェのテラスについての美しい見方がある。エバは働き終わり、カフェで私に参加した。
There is a beautiful view on the terrace of the cafe. Eva had also finished working and joined me at the cafe. 


たぶん、私は偏らされる。私はこのビールを醸造した。Keesの誕生日の実際。レモン皮とレモングラスの繊細な仕事がある。それは熱い夏のための理想的なビールである。
Maybe I am prejudiced. I have brewed this beer. Actually on Kees' birthday. There is a delicate task of lemon peel and lemon grass. It is an ideal beer for a hot summer. 



それは、たぶん、このビールを飲む最後のチャンスであった。帰宅の前に、私は都市を通して歩行をした。

日醸造のための腕時計:それは、私の毎日の醸造腕時計、基本的な GW-6900 である。それは実際、非常によい腕時計である。


It was probably the last chance to drink this beer. Before returning home, I made a walk through the city. 

Wristwatch for a day brewing: It's my daily brewing wristwatch, the basic GW-6900. It is actually a very good wristwatch.

この記事に

醸造所のバーベキュ


醸造所では、私達は休日の準備をしている。誰もが休日に行く前に、醸造所は人員とパートナーのためのバーベキューを組織した。

At the brewery we are preparing for the holidays. Before everyone is going on holidays, the brewery organized a barbecue for personnel and partners. 


それは私の自由な日にあった。従って、ジュリアは彼女の莫大な山のボックスを見せびらかした。
It was on my free day, so Julia showed off her huge pile of boxes.


隣人ビジネスの屋根のカモメはそれらのチキンを示した。それらは大きくなった!第一に、父カモメは私の友人ではなかった。彼は私を攻撃しようとした。そして、彼は私達のプレッシャー座金に触れた。 私達は現在友人である。

The gulls on the roof of the neighbor business showed their chickens. They got big! First the father gull was not my friend. He tried to attack me. Then he met our pressure washer.  We are now friends.


頭醸造者Keesはまたよいシェフである。従って、私達はよい肉だけを得た。
Head brewer Kees is also good chef. So we got only good meat.




休日のトースト。
A toast on the holidays.



私達の樽部屋はほとんど完全である。
Our barrel room is almost complete.




バーベキューの終わりに、私は働き始めた。私は土曜日に隣のビールを醸造する。私はすでに「夜のマッシュ」を始めている。これはより重いビールに良い。あなたはより効率的な砂糖に変換させる。それはまた、醸造酒日の時間をたくさん節約する。
At the end of the barbecue I started working. I brew the next beer on Saturday. I already start a "night mash". This is good for heavier beers. You get a more efficient sugar converting. It also saves a lot on time on a brew day. 







制作マッシュの後には、ダンスとビールにわずかな時間があった。私は、醸造するために、非常に早く起床する必要があった。
After the making the mash, there was a little time for a dance and a beer. I had to get up very early for brewing.




バーベキューパーティーのための腕時計:ICERC 2003 Frogman。私は、太陽がゼリー樹脂を通って輝く方法を愛している。
Wristwatch for a barbecue party: The ICERC 2003 Frogman. I love the way the sun shines through the jelly resin. 





この記事に


私は醸造所で早く、相対的な短い日を始めた。仕事の後に、いくらかの食物と飲み物のためのロッテルダムに行くために、エバと私に時間があった。それは80分ドライブである。
I started early on a relative short day at the brewery. After work there was time for Eva and me to go to Rotterdam for some food and drinks. It is a 80 minute drive. 




もちろん、私はチーズ店で停止で始める。Kaapse 醸造所では、私は見つけた Nogne O(ノルウェー).の皇帝アカビットポーター それが非常によい重いポーターである 。
Of course I start with a stop at the cheese shop. At the Kaapse Brewery I found the Imperial Aquavit Porter of N?gne ? (Norway). it's a very good heavy porter. 


Untappd の新しいバッチ。私は18ヶ月ですでに15のノルウェーのビールを飲んでいた。それはする必要がなかった。私は5月にノルウェービールフェスティバルを訪問した。
A new batch on Untappd. I have drunk already 15 Norwegian beers in 18 months. It was not to hard. I visited a Norwegian Beer Festival in May. 


醸造所の味わう部屋は、ドラフトにおいて30ものビールを飲む。彼らは、よい国際的な技能ビールのよい多様性範囲を飲む。いつも、選ぶことが困難である。
The tasting room of the brewery has no less than 30 beers on draught. They have a good variety range of good  international craft beers. It's always hard to choose. 




乾燥しているソーセージは買われる。それは酒によって味つけされる。それは非常に繊細である。
A dry sausage is bought. It is flavored with  酒. It's very delicate. 


Laugar 醸造所のパン皿と樽老いライムギ強さエール。年末に、私達はビルバオの協力醸造酒のための Laugar 醸造所を訪問する(私達はすでにミデルブルグの協力醸造酒をしていた)。
A bread dish and a Barrel Aged Rye Strong Ale of the Laugar brewery. At the end of the year we will visit the Laugar brewery for a collaboration brew in Bilbao (we already have done a collaboration brew in Middelburg). 


家にもたらすためのビール。それは特別なビール形である ベルギーの南のAlvinne醸造所の私達の友人 。また、「子供のヨガ」のまれで、旨いボトル。それはよい穏やかな黒ビールである。

Beer for bringing home. It's a special beer form our friends of the Alvinne brewery in the south of Belgium. Also a rare and delicious bottle of "Children's Yoga". It's a good mild stout. 


ロッテルダムのスカイラインは「ユーロマスト」のシルエットなしで完全ではない。
The Skyline of Rotterdam is not complete without the silhouette of the "Euromast". 


家に到着する時には、楽しい驚きがあった。私の新しい靴は到着した。私は新しいスニーカーのにおいを愛している。私達自身のビールのボトルは、長い日を終えるために開いていて引かれる。食物と飲み物のための腕時計:黄色 GF-8250「Frogman」、京都の私の記念品。

When arrived at home, there was a pleasant surprise. My new shoes arrived. I love the smell of new sneakers. A bottle of our own beer is pulled open to conclude a long day. Wristwatch for food and drinks: Yellow GF-8250 "Frogman", my souvenir of Kyoto. 

この記事に


私は今朝運河に沿って自転車乗りを取った。それは休暇であるけれども、私は醸造所に行った。私は温水タンクのために新しいレベルインジケータを作りたかった。現在まで、私達は、ボリュームをマークするために、チョークを使用する。それは容易に消去できて、私はすでにマークを数回更新したことがある。

I took a bicycle ride along the canal this morning. Although it is a day off, I went to the brewery. I wanted to make a new level indicator for the warm water tank. Until now, we use chalk to mark the volume. It can easily be erased and I have renewed the markings several times already. 





高さが正しいかどうかをわかるために、水平のインジケータ棒でポーズをとる。水平のガラスはタンクの側で示される。

Posing with the level indicator stick, to see if the height is right. The level glass is shown at the side of the tank. 


それは、 近い水平のインジケータ棒 素晴らしいポジションである。私は、それがよく見えると思う。それも、私達のための役立つツールである。

The level indicator stick near it's fine position. I think it looks good. It will be a helpful tool for us too. 



今日の間Gショックを与えなさい:それは DW-9500US-9VT である。それは US OPEN SURFING 1998 のための特別な版である。

G-Shock for today: It's a DW-9500US-9VT. It's a special edition for the US OPEN SURFING 1998. 


この記事に

変化。


多くの年の後に、私達の古い長いすはすり減っていた。私達は2ヶ月前新しい長いすを注文した。最後に、それは組み立てられた。それは、私達の要求された布地と色においてされたカスタムである。それはまた非常に快適である。

After many years, our old couch was worn out. We ordered a new couch two month ago. Finally it was assembled. It is custom made in our desired fabric and color. It is also very comfortable. 



私は金曜日の夜飲み物のために友人と外出した。私は、目立った腕時計を着用したかった。私は、それの外のパイナップル LRG G-SHOCK を取った トランクである 。私はそれを身に着けているべきであるか?それは、いつも、新しい G-SHOCK を身に着けている時という難しい問題である。もし特別に、それがまれならば。

I went out for a drink with friends Friday night. I wanted to wear an outstanding wristwatch. I took the Pineapple LRG G-SHOCK out of it's trunk. Should I wear it or not? It is always a difficult question when wearing a new G-SHOCK. Specially if it is rare. 


私の LRG との美しい注視。美しい「バニラブラックベルベット」、ロシア皇帝スタウトがいる。
A beautiful look with my LRG. There is a beautiful "Vanilla Black Velvet", a Russian Imperial Stout. 



明らかに、今日のための腕時計はパイナップル LRG G-SHOCK である。
Obviously, the wristwatch for today is the Pineapple LRG G-SHOCK. 

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事