ここから本文です
歓迎!これは、オランダG-SHOCKコレクターとビール目利きのWebログである。オランダの私の人生について行きなさい。

フェスティバルへの道について。私はこれらの列車を見た。新しい恋人のように。
On the way to the festival. I saw these trains. Like new lovers. 


ゴーダのこのフェスティバルは学校で催される。それは、普通あなたがティーンエイジャーを予期するおかしく、より年上の人々のように思われる。
This festival in Gouda is held in a school. It looks funny, older people where you normally expect teenagers. 




私達が列車に乗る前に、私はビールオタクグループから学び、この女性はこのフェスティバルにも出席していた。彼女を群衆に発見することが容易ではなかった。
Before we took the train, I learned from a beer geek group, this lady was also attending this festival. It was not easy to find her in the crowd. 


「醸造酒あごひげ」
"Brew Beards"


私達はチーズとビール食物ペアに切符を取得した。これはゴーダの時にほとんど義務的である。
We acquired a ticket for the cheese and beer food pairing. This is almost obligatory when in Gouda. 



実に、非常に良い食物ペアリングがあった。人々出席が味とペアリングについてまったく危険であったので、それは非常に興味深かった。
There were indeed very nice food pairings. It was very interesting, because people attending were quite critical about taste and pairing. 



これは、たぶん、ヨーロッパのとてもよい既知のビール裁判官とジャーナリストである。それはDereck Walshである。彼は、非常に良いにおいを持つシタンの断片で特別なネックレスを身に着けていた。

This is probably Europe's most well known beer judge and journalist. It is Dereck Walsh. He wore a special necklace with a piece of rosewood with a very nice smell. 


夕方、それが2時間列車乗りであるので、それは、家に帰る時間であった。幸運にも、私達は、後ろを途中で共有するために、ビールを飲んだ。それは、ロッテルダムの醸造所Noordから、キャビアを持つビール醸造酒であった。

フェスティバルの日のための腕時計:GF-8230A Rising Red Frogman。

In the evening it was time to go home, as it is a 2 hour train ride. Luckily we had a beer to share on the way back. It was a beer brew with caviar from Brewery Noord in Rotterdam. 

Wristwatch for a day at a festival: GF-8230A Rising Red Frogman.

この記事に

ホームブリュー日2016


1週前、私達は私達の醸造所の最初のホームブリュー日を持っていた。また、Kees Bubberman により組織されて、2年前ホームブリュー日があったけれども、彼はその時の Emelisse 醸造所で働いていた。アマチュア醸造者はこの日のために登録できた。私達は70人の醸造者のための部屋を持っていた。醸造が終えられる時には、すべての醸造者は20リットル発酵していないビールを受け取る。私達は、それによって、彼らに、特別な何かをするように頼んだ。

A week ago we had the first Homebrew Day of our brewery. There had been a Homebrew day two years ago, also organized by Kees Bubberman, but he was working at the Emelisse brewery at that time. Amateur brewers could register for this day. We had room for 70 brewers. When the brewing is finished, all brewers will receive 20 liters unfermented beer. We asked them to do something special with it. 


私は早い醸造を始めた。驚いたことに、非常に早く、最初の醸造者が到着した。そこでイベントが始まる1時間前に、すでに国中からいくつかの醸造者であった。

I started early brewing. To my surprise the first brewers arrived very early. One hour before the event started there were already several brewers from all over the country. 


運良く、到着し、助けなさい。従って、人々は長いドライブの後で茶とコーヒーを飲むことができた。
Luckily help arrived, so people could have tea and coffee after a long drive. 


Kees Bubbermanが群衆を歓迎している間、私は醸造し続けた。このホームブリュー日のためのビールは黒ビールである。ホップの使用はかなりきちんとしている。従って、醸造者は特別な何かをそれらのビールに容易に追加できる。私は、ビールを熟させる間に、添加物のための多くの興味深いアイデアを聞いた。乾燥しているホップ、ココヤシ、オレンジ色の皮、バーボン。
While Kees Bubberman is welcoming the crowd, I continued brewing. The beer for this Homebrew Day is a stout. The use of ホップ is pretty decent, so brewers can easily add something special to their beers. I heard many interesting ideas for additives during ripening the beer. Dry ホップ, cocos, orange peels, bourbon.  



醸造の間に、醸造者は醸造についてKeesまたは私に質問をすることができた。また、醸造所、麦芽、および酵母についての4回の興味深い講義があった。
During the brewing, the brewers could ask questions to Kees or me about brewing. Also there were 4 interesting lectures  about breweries, malts and yeast. 









最後の講義の間に、私達は特別な流通機構を準備した。それは一種の無菌の銃である。ビールの配布は、いつも感染のチャンスがあるので、非常に危険である。醸造者がそれらの20リットルビールを拾い上げることができる前に、彼らは酵母のパッケージを選ぶことができる。スポンサーは多くの種々の酵母種類を出した。
During the last lecture we prepared a special distribution system. It is a kind of sterile gun. The distribution of beer is very critical, because there is always a chance of infection. Before the brewers can pick-up their 20 liters beer, they can choose a package of yeast. A sponsor has delivered many different yeast varieties. 










ビールが配布された後に、すべての醸造者が幸福である。私は20リットルビールも得た。私は、私のビールに追加するために、現在ココナッツビスケットの抜粋をしている。私達が醸造インストールをきれいにする間、ほとんどの醸造者は酵母をそれらのビールに追加する。終わりに、私達はビールを飲み、家に帰る。それは長い日であった。
After the beer is distributed, all brewers are happy. I also got 20 liters beer. I am currently making an extract of coconut biscuits to add to my beer. While we clean the brewing installation, most brewers add the yeast to their beer. At the end we drink a beer and go home. It was a long day. 


家では、私は開いていて 特別なビール 引いた。それは Pohjala 醸造所の近くで「Oo」を呼んだ。それはエストニア語の「夜」を意味している。それはエストニアから美しい「バルト海ポーター」である。
At home, I pulled open a special beer. It's called "Oo" by the Pohjala brewery. It means "Night" in Estonian. It is a beautiful "Baltic Porter" from Estonia. 


今日のための腕時計:それは、私のピンク色のGF-8250K-4JR I.C.E.R.C.潜水夫である。私は色を愛している。それは美しさも持っている バックライトのザトウクジラ 。 
Wristwatch for today: It is my pink GF-8250K-4JR I.C.E.R.C. Frogman. I love the color. It also has a beautiful the humpback whale in the backlight.  


この記事に


手近な「ホームブリュー日」に、私には私のビールのための秘密の成分が必要であった。私の成分を見つけるのに最も良い場所は、ベルギーにある。私は、友人に、それに注意するように頼んだ。彼は近いアントワープの近くに住んでいる。それは、アントワープへの訪問によって私の成分を収集することを結合するのに良い機会であった。長い間、私はアントワープファッション美術館を訪問したかった。私は川岸に沿って私達の車を駐車した。それは都市センターへの10分歩行であった。外国の都市には、見るために、いつもたくさんがある。
I needed a secret ingredient for my beer on the forthcoming "Homebrew Day". The best place to find my ingredient is in Belgium. I asked a friend to look out for it. He lives near near Antwerp. It was a good occasion to combine collecting my ingredient with a visit to Antwerp. For a long time I wanted to visit the Antwerp Fashion Museum. I parked our car along the riverside. It was a 10 minute walk to the city center. In a foreign city, there is always a lot to see. 





ファッション美術館は聖 Andries 区に置かれる。
The Fashion Museum is located in the ward St. Andries. 



現在の展示会は「フットプリント」と呼ばれて、靴をカバーする 有名な現代ファッションデザイナーからデザインする 。
The current exhibition is called "Footprint" and covers a shoe designs from famous modern fashion designers. 





ニコラスカークウッド。彼のデザインは有名なキース・ヘリンググラフィックスを特徴とする。
Nicholas Kirkwood. His designs feature famous Keith Haring graphics. 





1969からの有名なアディダス「スーパースター」オリジナルデザイン。また、Rafサイモンズによりデザインされた2つのアディダススニーカー。
The famous Adidas "Superstar" original design from 1969. Also two Adidas sneakers designed by Raf Simons. 






デビッド・リンチによって「フェティッシュ」展示会のためのキリスト教Louboutinによりデザインされた靴。
Shoes designed by Christian Louboutin for the "Fetish" exhibition by David Lynch. 





展示会はLady Gaga の靴のうちのいくつかで終わる。
The exhibition concludes with some of the shoes of Lady Gaga. 



出口の近くには、歴史の衣類の別の小さい展示会がある。
Near the exit there is another small exhibition of historical clothing. 


美術館を去る間、私達はこの展示会のための美しいビデオ壁を見る。
While leaving the museum, we see a beautiful video wall for this exhibition. 



私達が私の秘密の成分のための私の友人に去る前に、私達は顕著なパブに行った。それは「 11番目の命令」を呼んだ。(11番目の命令は、「トゥーはエンジョイすることとする」である。 パブの中は多くの宗教の彫像を持っている。
Before we leave to my friend for my secret ingredient, we went to a remarkable pub. It's called "The Eleventh Commandment". (The eleventh commandment is "Thou shall enjoy".  The inside of the pub has many religious statues. 





私の友人はこのパン自動販売機の近くに住んでいる。あなたはベルギーの上のパン自動販売機alを見つける。短い訪問および興味深い飲み物の後では、私達は家に運転した。

靴展示会のための腕時計:日の出紫潜水夫。

My friend lives near this bread vending machine. You find bread vending machines al over Belgium. After a short visit and an interesting drink, we drove home. 

Wristwatch for a shoe exhibition: Sunrise Purple Frogman.


この記事に

新年のイブ。


まだ、別の年は過ぎていた。それは高速でジェットコースターに似ていた。1年の間現在すでに私達の醸造所が存在することは信じられない。私達は60の醸造酒を作った。これは、世界的に配布された約130000リットルビールである。あいにく、私には、私の  Webログ において送る少ない時間があった。

yet, another year has passed. It was like a roller coaster at high speed. It is unbelievable that our brewery now already exists for one year. We have made 60 brews. This is approximately 130000 liter beer, distributed worldwide. Unfortunately I had less time to post on my weblog. 



いつものように、多くのビールがあった。私はいくつかのまれなボトルも持って来た。
As usual, there was plenty of beer. I also brought some rare bottles. 


夕方を起こすことが良いビール。それは呼ばれる:「ビールのための最もすばらしい時間」。
A nice beer to start the evening. It's called: "The Most Wonderful Time for a Beer". 


また、このビール(F*ck、クリスマスツリーは、火"にある)は見つけづらかった。それはどこでも売り切れた。たぶん、ただたぶん、ビールがよいので、それは名前のため売り切れた。
Also this beer (F*ck, The Christmas Tree is on fire") was hard to find. It was sold out everywhere. Maybe it's sold out because of the name, maybe just because the beer is good. 


私達の食事と飲む間の時に、古いオランダゲームによってした。それはSjoelenと呼ばれる。それはたぶん、30年前であった 私 最後に、このゲームをした 。私は最も大きい敗者でもあった(笑) 。
In between eating and drinking, we did an old Dutch game. It is called Sjoelen. It has been maybe 30 years ago I played this game for the last time. I was also the biggest loser(笑) . 



私達は、私達の醸造所からビールにより伴われている2015の最後の分をカウントダウンした。それはカラメルファッジ黒ビールである。
We counted down the last minutes of 2015 accompanied with a beer from our brewery. It is a Caramel Fudge Stout. 


新年の伝統的な花火!
Traditional fireworks at New Year!


  H A P P Y   N E W   Y E A R!!!   


私達はまだ Bram の待降節カレンダーから1つのアイテムを持っている。それはもちろん、サンタ条項である。彼は列車に乗ることができる。
We still have one item from Bram's Advent Calendar. It is of course Santa Clause. He can ride the train. 


新年のカウントダウンに最適の時計:GWF-1000RD、Burning Red Frogman。
A perfect watch for a New Year's Countdown: GWF-1000RD, the BurningRedFrogman. 


この記事に



それはサンニコラからプレゼントであった。私は 1997 年にこの建物を見た。それは驚嘆築きであり、それのため形である。NYCの建物のために、それは相対的な小さい建物である(高さ93mである)。

It was a present from Saint Nicolas. I have seen this building in 1997. It is an amazing building, due to it's shape. For a building in NYC, it is a relative small building (93m high).




築いている手順を持つ小冊子は、建物についてのたくさんの情報も与える。
The booklet with building instructions also gives a lot of information about the building. 


建物は 471 の LEGO 断片を含んでいる。築くのには約1時間かかった。
The building contains 471 LEGO pieces. It took about an hour to build.






私は、LEGO モデルが本当の建物のようにとても見えると思う。それは美しいセットである。
I think the LEGO model looks very much like the real building. It's a beautiful set. 


しかし、築くより多くがあった。それは Bram の待降節カレンダーである。昨日、それはある種類のロケットを与えた。今日、それが明らかになった これらはスペースシャトルの推進ロケットである。

But there was more to build. It's Bram's Advent Calendar. Yesterday it gave some kind of rockets. Today it became obvious these are the propulsion rockets of a Space Shuttle. 



今日のための腕時計:それは白とプラムでGW-6900Fである。
Wristwatch for today: It's the GW-6900F, in white and plum. 



この記事に


私達はクリスマスのための私の両親この週末を訪問した。何人かの人々がクリスマス日の間に働く必要があったので、それは最もよい日付であった。私の両親で私達が集まった後に、私は、それらに、私達が醸造所を訪問できたと言った。私達は人々に私達の醸造所で醸造させておいた。私はどのような写真も作らなかったけれども、私の兄弟はたくさん取った。写真はファミリーミーティングをもっている 私の兄弟により作られた 。

We visited my parents this weekend for Christmas. It was the best date, because some people had to work during the Christmas days. After we gathered at my parents, I told them we could visit the brewery. We had people brewing in our brewery. I did not make any photo's, but my brother took a lot. The photo's of the family meeting were made by my brother. 





Kees が他の醸造者を補助している間、私は私達の醸造所を通してツアーを与えた。
While Kees was assisting the other brewers, I gave a tour through our brewery. 




タンクから直接的な味がするように、いくつかのサンプルが取られた。
Some samples were taken to taste direct from the tank.   



KeyKeg のデモンストレーション。それは、世界中での輸出に非常に容易に軽量の使い捨てのケグである。
Demonstration of the KeyKeg. It is a lightweight disposable keg, very easy for export around the world. 







醸造所を通るツアーの後に、私達は再び私の両親に行った。私の母は大きいディナーを用意した。私の兄弟は1枚の写真をとったけれども、私達は大きい時間を過ごしただけである。

After the tour through the brewery, we went to my parents again. My mother had prepared a big dinner. We had a great time, although my brother only took one photo. 



警察雪上車。私は彼がこの交通でうれしいと思う。
A police snowmobile. I think he is happy with this transportation. 



骨格でうれしい犬。
A happy dog with bones.


雪だるま。
A snowman.


キャンプファイアの上でローストされる何か。Eva は、それがマシュマロであると思う。私は、それが、ローストされたパンであると思う。それは、たとえ何がローストされても旨い。

クリスマスファミリーミーティングのための腕時計:それは、赤/白/金「アイアンマン」GA-110CS-4 G-SHOCKである。それは祝祭の季節とマッチしている。

Something to roast above the campfire. Eva thinks it is marshmallow. I think it is roasted bread. It is delicious, no matter what is roasted. 

Wristwatch for a Christmas Family meeting: It is the red/white/gold "Ironman" GA-110CS-4 G-SHOCK. It does match the festive season. 


この記事に

一周年記念のビール。


私達の醸造所は現在約1年の生産である。投資する一部はクラウドファンディングのためされる。私達は私達の投資者のために年間記念ビールを作る。それは非常に強いビールである。2600 リットルた麦汁を達成するために、私達は2回をつぶす必要がある。マッシュの間に、すべてのデンプンは砂糖において変換される。これが重いビールになろうとしているので、た麦汁は非常に濃く、甘い。

Our brewery is almost one year in production now. A part of the investment is done by crowdfunding. We make an annual anniversary beer for our investors. It is a very strong beer. To achieve 2600 liter wort, we need to mash 2 times. During the mash, all starch is converted in sugars. As this is going to be a heavy beer, the wort is very dense and sweet. 


第2ラウンドの後にマッシュ発酵おけを空にする。雌牛は幸福である。
Emptying the mash tun after the second round. The cows will be happy. 


マッシュ発酵おけの中で。
Inside the mash tun. 


酵母とホップのための栄養分はビールの料理の間に追加される。
Nutrients for the yeast and hop are added during the cooking of the beer. 


その間、「引き返すホップ」が「カスケード」ホップによって満たされる。ビールが冷却される前に、それは、「引き返すホップ」を通してリードである。私はいつもこれを巨大な茶注入者と比較する。これは、使われたホップの強烈な風味をビールに与える。

Meanwhile the "hop back" is filled with "Cascade" hop. Before the beer is cooled, it is lead through the "hop back". I always compare this with a giant tea-infuser. This gives an intense flavor of the used hop to the beer. 



これは何であるか?それは実際、todays発明である。普通、私達はフロアにホースを持っている。たくさんの蒸気は濃縮されるけれども、それでも、たくさんの蒸気は醸造所の大気を満たす。今や、ホースは、このカスタマイズされたガソリン缶に終わる。それは実際非常によく作動する。
What would this be? It is actually todays invention. Normally we have the hose on the floor. Although a lot of steam is condensed, still a lot of steam fills the atmosphere in the brewery. Now the hose ends in this customized jerrycan. It actually works very good.




最後に、長い日の後に、ビールはホップ-後ろを通って流れて、冷却される。それは2600リットルビールである。従って、それをすべて冷却するのには約45分かかる。
Finally, after a long day, the beer flows through the hop-back and is cooled. It is 2600 liter beer, so it takes about 45 minutes to cool it all. 


私達は、ビールがクリアで けれども いくつかの観察めがね とわかることができる。
We can see the beer is clear though several observation glasses. 


ビールは料理のタンク(木材)からホップ-後ろに流れる(料理のタンクの前で)。クーラーを通る次に(青色のオブジェクト)。最後に、ビールは発酵タンクに行く(大きいホースに続きなさい)。

The beer flows from the cooking tank (wood)to the ホップ-back (in front of the cooking tank). Next through the cooler (the blue object). Finally the beer goes to the fermentation tank (follow the large hose). 



酵母は、発酵プロセスを始めるために追加される。
酵母 is added, to start the fermentation process.


ビールはにごる。それは、すべてのビールが発酵タンクにあるのを意味している。
The beer gets turbid. It means all the beer is in the fermentation tank. 


最後に、すべてはきれいにされて、それをきれいにした後に、よいビールを満喫する時間である。
Finally everything is cleaned, After cleaning it is time to enjoy a good beer. 


私は、朝に6時30分に醸造することで始めた。私は醸造所約19時00分を去った。それは長い日であった。
I started with brewing at 6:30 in the morning. I left the brewery around 19:00. It was a long day. 




夕方、私はカナダのビールを満喫した。それは「春の昼夜平分時」と呼ばれる。それはメープルシロップで醸造される。それはよい豊かな味を持っている。ビールは、乾燥しているウイスキーソーセージおよびいくつかのチーズにより付随されていた。
In the evening I enjoyed a Canadian beer. It is called "Equinox of Spring". It is brewed with maple syrup. It has a good rich taste. The beer was accompanied by a dry whiskey-sausage and some cheeses. 


今日何が Bram の到来つや出し機にあるか?それは警察官である。私達が幸福なので、夜盗はつかまえられる。私達は今や安全なクリスマスを持つことができる。

日醸造のための腕時計:それは私の通常の醸造腕時計である。それはGW-6900である。それは、醸造する準備の間に、よい機器である。

What's in Bram's Advent Calender today? It is a police officer. Now we are happy, the burglar is caught. We now can have a safe Christmas. 

Wristwatch for a day brewing: It is my usual brewing wristwatch. It is a GW-6900. It is a good instrument during the preparation of brewing.


この記事に


2週前、私は Ilari からメッセージを受け取った。彼はフィンランドから G-SHOCK コレクターである。彼は短い休暇のためのオランダに行った。彼は、私に、彼の宛先のうちの1つにおいて会うために、私がよい場所を知っているかどうかを尋ねた。最も近い場所はロッテルダムであった。もちろん、私は、よい場所を、合うと知っていた。Fenix Food Factory。よい食物と飲み物。この前の日曜日に、私達は会う。

Two weeks ago I received a message from Ilari. He is a G-SHOCK collector from Finland. He was going to The Netherlands for a short vacation. He asked me if I know a good place to meet in one of his destinations. The closest place was Rotterdam. Of course I knew a good place to meet. The FenixFoodFactory. Good food and drinks. Last Sunday we meet.


「Kaapse 醸造所」のメニューのビールはかなり興味深かった。私達の醸造所の2つのビールが、干ばつにあった。番号 14:Black Oyster Saison、および番号 18は、Kaapse醸造所を持つ協力ビールである:Kaapse Kwartel。

The beers on the menu of the "Kaapse Brewery" were pretty interesting. Two beers of our brewery were on drought. Number 14: the Black Oyster Saison, and number 18 is a collaboration beer with the Kaapse brewery: the Kaapse Kwartel.


Kaapse Kwartel はまったくよい味がした。ビットコーヒー風味を持つ暗いビール。ビールは顕著に盲目であった。
The Kaapse Kwartel tasted quite good. Dark beer with a bit coffee flavor. The beer was remarkably blind. 


私達はたくさんのチーズを満喫した。
We enjoyed a lot of cheese. 


ガチョウ肝臓およびよい牛肉。
Goose liver and good beef. 


スウェーデンのナルケ醸造所からの「エーレブルー苦さ」。私は9月に醸造者と会った。彼は莫大な灰色のあごひげのより年上の醸造者である。彼はガジェットを好んでいる。彼はG-SHOCKも身に着けている。来年、彼は協力醸造酒のための私達の醸造所を訪問する。

"Orebro Bitter" from the Narke brewery in Sweden. I met the brewer in September. He's an older brewer with a huge grey beard. He is fond of gadgets. He also wears a G-SHOCK. Next year he will be visiting our brewery for a collaboration brew. 


「Must Kuld」はエストニアのPohjala醸造所からチェリーのポーターである。それは若い醸造所であるけれども、ビールはそれらのよい品質ビールのためのヨーロッパによく知られている。
"Must Kuld" is a cherry porter from the Pohjala brewery in Estonia. It is a young brewery, but the beers are well known in Europe for their good quality beers. 


それはよく、旨いミーティングであった。
It was a good and delicious meeting. 


私は数日を発表しなかった。従って、私はBramの待降節カレンダーによって後ろに少量である。したこと カレンダーにおいて 彼が 見つけるので?第一に夜盗。クリスマステーマのビット意外な文字。
I didn't post a few days. Therefore I am a little behind with Bram's Advent Calendar. So what did he find in the Calendar? First a burglar. A bit strange character in the Christmas Theme. 


街燈柱および公的な時計。
A lamppost and a public clock. 



そして、1枚の写真の3つのプレゼント。1番目 Bram は2つのプレゼントを得た。次の日、彼は機関車を得た。今日、「サンタの列車」は完全であった。

And three presents in one photo. First Bram got 2 presents. Next day he got a locomotive. Today "Santa's Train" was complete. 


会っているG-SHOCKコレクターのための腕時計:それは私のRising Red Frogmanである。私の友人 Ilari は、Green Collection の G-2300GR-3を身に着けている。
Wristwatch for a G-SHOCK collectors meeting: It is my Rising Red Frogman. My friend Ilari wears a G-2300GR-3 of the Green Collection. 


この記事に

農家エール。


Tibiko は最近農家酒のボトルについて書いた。私は、ビール世界に当量があるので、まったく驚いた。それは、ベルギーの南で始められたビールスタイルである。それは Saison と呼ばれる。イギリス話し国では、このビールは農場家エールとしてよりうまく知られている (Farm House Ale)。元来、このビールは、次の夏の収穫の時の労働者のための冬に農夫により醸造された。ビールは、非常に乾燥し(ほとんどどの砂糖も発酵の後に去らなかった)、相対的な低いアルコールである。特別な酵母は使われる。それは与える。多くのホップは使われる。従って、私達のバージョンは FARM HOUSE IPA と呼ばれる。Saison ビールはほとんど忘れられたけれども、今や、それらは まったくポピュラーである また世界的になった。

Tibiko recently wrote about a bottle of Farmhouse Sake. I was quite surprised as there is an equivalent in the beer world. It is a beer style originated in the south of Belgium. It is called Saison. In English Speaking countries this beer is better known as Farm House Ale. Originally this beer was brewed by farmers in the winter for the workers in the next summer's harvest. The beer is  very dry (almost no sugars left after fermentation) and relative low alcohol. A special yeast is used. It gives. Many  hops are used, so our version is called FARM HOUSE IPA. Saison beers were almost forgotten, but now they became quite popular again worldwide. 


今日、Bram はクリスマスツリーを彼の待降節カレンダーに発見した。
Today Bram found in his Advent Calendar a Christmas Tree. 


今日の腕時計:それは、古い黄色いDW-6630B-9である。それは1994年11月リリースされた。それは21年の後に静かな善のように思われる。バックライトの黄色いアクセントは G-SHOCK のために非常にユニークである。
Wristwatch of today: It's an old yellow DW-6630B-9. It was released November 1994. It looks still good after 21 years. The yellow accents in the backlight are very unique for a G-SHOCK. 


この記事に

LEGO Ideas 21304: Doctor Who


私は、現在数年の間LEGO IDEASのメンバーである。メンバーはそれらのカスタムのセットを発表できる。他のメンバーは、リリースされるセットに賛成の投票をできる。もしカスタムのセットが10000の票を乗り越えるならば、セットは、生産に乗ると考えられる。私は実際、このセットについて投票した。私は莫大な医師誰ファンである。セットは、築く容易ではなかった。築くのには、私に約2時間かかった。

I am a member of LEGO IDEAS for a few years now. Members can post their custom sets. Other members can vote for a set to be released. If a custom set gets over 10000 votes, a set is considered to get in production. I actually voted on this set. I am a huge Doctor Who fan. The set was not an easy to build. It took me about two hours to build. 


私は、むしろ、10番目の医師(ディヴィッド・テナント)およびローズタイラー(ビリー管楽器奏者)に会ったけれども、「泣く 天使 」は、このセットに本当の大きい詳細である。 「泣く 天使 」により彼の犠牲者は時間内に投げ返される。「泣く 天使 」は観察できない。あなたがそれを見るとすぐに、それは石に変る。もしあなたが、「泣く 天使 」を見分けるならば、向こうにおいて見ず、決して本当に目を閉じてはならない!

I rather would have seen the 10th doctor (David Tennant) and Rose Tyler (Billy Piper), but the "Weeping Angel" is a real great detail to this set.  A "Weeping Angel" throws his victim back in time. A "Weeping Angel" can not be observed. As soon as you look at it, it turns into stone. If you spot a "Weeping Angel", don't look away and really never close your eyes!


音のねじ回し。
A sonic screwdriver.


11番目と12番目の医師。あなたは医師を再生できる。医師仲間はクララオズワルドである。
The Eleventh and Twelfth Doctor. You can regenerate the doctors. The Doctors companion is Clara Oswald. 


医師の2つの敵。2つのダーレクと泣いている天使。
Two enemies of the Doctor. Two Daleks and a Weeping Angel. 


TARDIS の大きい秘密。それは中でより大きい。
The big secret of the TARDIS. It's bigger on the inside. 




TARDISの主要なコントロールのクララ。
Clara at the main controls of the TARDIS.



11番目の医師(マットスミス)
The 11th Doctor (Matt Smith)


そして、12番目の医師(ピーター・キャパルディ)。
And the 12th Doctor (Peter Capaldi).


その間、私達は Bram の待降節カレンダーから何を逃したか?
Meanwhile, what did we miss from Bram's Advent Calendar?


待降節カレンダーは街燈柱と椅子を明らかにした。
The Advent Calendar revealed a lamppost and a chair. 




今日のためのビールは、ASHLAND、OREGON のカルデラ醸造所からパイロット岩ポーターである。それは非常においしいポーターである。それは味のナットとチョコレートのトーンを持っている。

今日のための腕時計:それは、私のGF-8230E-9 LIGHTNING YELLOW FROGMANである。

Beer for today is a Pilot Rock Porter from the Caldera Brewery in ASHLAND, OREGON. It is a very tasty porter. It has tones of nuts and chocolate in the taste. 

Wristwatch for today: It's my GF-8230E-9 LIGHTNING YELLOW FROGMAN. 


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事