あの瞬間!俺たちは若かった!!

日々のできごと、思ったことを書き綴っていきます♪

播磨灘イカナゴ漁終了

3月22日晴れ・・・播磨灘のイカナゴ漁は、本日で終了しました。今日が、終了と聞きましてお昼前に近所の妻鹿漁港に見学に行ってきました。7日に解禁となり22日が終了(実働16日)。
イメージ 1
好物のイカナゴのくぎ煮が手の届かない代物になるのは困ります。この前見た時は生新子1キロが2,800円。
イメージ 2
例年ですと、お彼岸を過ぎるころになると1キロが1,000円切れます。ほんまに倍以上の値段だ!
イメージ 3
大阪湾や播磨灘で獲れない状態が続けば、もうイカナゴのくぎ煮を「春の味覚」とは言えなくなるかも?残念ながら好物なのに・・・

この記事に

開く コメント(0)

ちょこっと偵察28

3月21日曇り・・・昨晩は、久しぶりにカイト(4月から高2)と晩御飯を食べてから釣りに行ってきました。ベタ底・爆風・おまけに雨が降ってくるし最悪の条件。
イメージ 1
風裏のポイントでヤリエ・アジ爆ワーム2インチ(ライムソリッド)をキャストすると、ガシラが遊んでくれました。条件の良い日に時間を確保して、親子でじっくりメバルを探ってみたいところですが、なかなか厳しいかな。

この記事に

開く コメント(0)

イカナゴ不漁

3月20日晴れ・・・瀬戸内に春を告げるイカナゴのシンコ(稚魚)漁が解禁されてから13日。例年ならお彼岸すぎから値段が安くなる頃だが、漁獲量が伸び悩み、近所にある坊勢とれとれ直売所では1キロ当たり2800円(ひえぇ〜)。明日には、播磨灘のイカナゴは禁漁となるかも知れません?原因は水温が1〜2度高く稚魚が死んでしまうとか、捕食する魚(サワラ)等が多いからとか所説あってよくわからない。海の中で何かが起きてるとしかいいようがないです。
イメージ 1
        本日、母が炊いた釘煮〜今年度はこれだけ。もうデカくなってしるし・・・
 
毎年 イカナゴの釘煮を楽しみにされておられる皆様〜
大変申し訳ございません 。今年は イカナゴが不漁の為 手に入らず 釘煮を作る事が出来ません 。母も釘煮を炊かない年が訪れるなんて 考えもしておりませんでした。

この記事に

開く コメント(0)

3月15日晴れ・・・昨日は午後2時から姫路市社会福祉施設協議会の研修会が姫路キャスパホールであり出席致しました。
タレントで山形弁研究家のダニエル・カールさんが「皆で助け合ってつながる日本・がんばっぺ!」と題しての講演会でした。
イメージ 1
キャスパホールは、ほぼ満席でした。ダニエルさんが言うに外国に日本の良いところを伝えるには何と言ってもコミュニケーションが必要であるが、まだまだ不足していること。そして、日本にいる75%の外国人は日本語をしゃべれるけれど、日本語が持つ特性(日本語の落とし穴)から驚くことがあること。その一つが、英語では必ず一文一文に入っている主語が、日本語の特徴として使われないこと。また、「あれ」という代名詞では外国人には全く分からないこと。更に、謙遜語は物事を間接的に表していて外国語と違う点を紹介していただきました。日本人よりも日本人らしく、日本を愛しているダニエルさんの心の叫びが伝わってきました。

この記事に

開く コメント(0)

ちょこっと偵察27

3月14日曇り・・・昨日は、仕事が忙しいのと、最近さっぱり魚を釣ってないので気分転換を兼ねてお昼すぎから1時間ほどチヌ狙いで出撃した。満潮から下げ潮狙いで実績ポイントをチェックしていく。このポイントは、水深1mにも満たないシャローのオープンエリア。フルキャスト後、ボトムまで沈めてからゆっくりリトリーブしてきたところ、掛けあがりを越え手前の浅場にザブラシャッド70SSが通過ところで、チヌが飛びついた!読みが的中〜久しぶりのチヌの引きを味わいながらネットイン!
イメージ 1
11日ぶりの冬チヌ48㎝!写真を撮ってから優しくリリース。しばらく2匹目を狙ってみたが残念ながら、これ一匹の単発で終了。今日は、いい気分転換になった。さあ、仕事にもどろう♪
 
スナップ*ヤリエ クリップスナップ3号
 

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事