あの瞬間!俺たちは若かった!!

日々のできごと、思ったことを書き綴っていきます♪
5月26日晴れ・・・災害ボランティア2日目です。2日目は、被災地の家屋のガレキの撤去作業や片づけをせず熊本市災害ボランティアーセンター東区サテライトの運営ボランティアスタッフとして災害ボランティアセンターに1日常駐しました。
イメージ 1
朝の打合せです
災害ボランティアセンターとは、災害発生時には災害ボランティア本部として、活動する災害ボランティアの拠点となります。
イメージ 7
私たちは、熊本市社会福祉協議会との連携のもとに、ボランティアの派遣ニーズを集約して、ボランティアの受付、派遣その他の調整を行います。1グループ(熊本市社協の女性職員1人・福岡市社協の女性職員1人・立川市の男性ボランティア2人・姫路から3人の7人体制。社協の女性職員の方は、ボランティアセンターに1週間滞在します。
イメージ 2
被災者から災害用移動機に連絡が入り、ボランティア依頼票に細かく聞き取りしながら記入。その後、マッチングという作業が行います。「ガレキ作業に男性5人必要です」「タンス・本棚の移動に男性4人お願いしたいです」というように、ボランティアを適材適所に割り振ります。
イメージ 6
マッチングしてからの順番待ちのボランティアの人達です。平日にもかかわらず多くの人が待機してくれてます。
 
他にボランティアでは、対応できる・できない内容を説明したり、翌日に派遣するアポをとったり、「今日来ると約束したのに来ない」と苦情をお聞きしたり・・・様々な問い合わせのお電話を耳にしました。
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
テントの回りにはみんなからの応援メッツセージが貼ってあります
イメージ 8
今回使用した災害用移動機
 
イメージ 9
こちらのテントの中は、支援物資が入ってます
 
イメージ 10
本部建物の中の様子
 
イメージ 11
全国から大型バスでボランティアに参加しています
 
運営スタッフにあたっては、災害ボランティアは日帰りのボランティアだけでは運営できません。長期(1週間程度以上)いるスタッフボランティアが複数いないとだめです。 今回の経験より、まだまだ人手が足りないということは実感しました。
最初はたどたどしい雰囲気ではありましたが、協働していく中で、次第に会話が生まれ、作業が終わるころには、一つの達成感を共有する友人になっていました。年齢も性別も出身地も無関係に、一人の人間として。自分の人生にとって得難い経験をすることができるのではないかと思います。自己満足が混ざっているのかもしれないけれど、被災者の方に元気を与えられれば・・・そんな気持ちです。
(24日の熊本地震の余震は、震度1から3 の余震8回・東区サテライトにて44件のご依頼に311名のボランティアが活動されました)

この記事に

開く コメント(0)

5月25日晴れ・・・熊本地震で、2度目の震度7を観測した「本震」 に襲われてから一ヶ月半。余震は今も続いています。
イメージ 1
22日の午後8時〜25日午前6時まで熊本市東区にある熊本市災害ボランティアセンター東区サテライトに行ってきました。
イメージ 2
姫路を午後8時に出発し、途中休憩を重ねながら熊本市災害防災センター東区サテライトに到着したのが午前8時。片道625キロもの道のりです。
今回は、民生委員でお世話になっている「姫路市社会福祉協議会」主催の企画で参加しました。
イメージ 3
この企画は、「姫路市社会福祉協議会」が、熊本地震災害ボランティア用の大型バスをチャーターし、希望者が応募・便乗して被災地に向かうものです。参加者は、社協職員2名+一般参加者20名の合計22名。
イメージ 20
 朝8時すぎなのでスタッフもまばら。私たちは、テントを立てて椅子を並べる作業をしました。
イメージ 4
被災地では、熊本市社会福祉協議会のスタッフが中心となって調整・指示の下、ボランティア経験に合わせた内容の作業を行います。姫路からの参加者は、ほとんど人が災害ボランティア経験者の人です。38〜78才の男性が21名・女性1名参
加。女性の方は防災士の資格をもった方です。
イメージ 5
現地で、すぐにステッカーと太字マジックが回され、自分の名前をカタカナ書いて、右腕に張りました。これで市内の公共機関の乗り物が全て無料になります。
イメージ 22
ボランティアセンターにある道具類
イメージ 23
小型バスで移動(無線が付いていたからタクシー業者?)
イメージ 6
私たちは、5グループに分かれて小型バスに便乗し(一輪車・バケツ・土のう袋・皮手袋・ホウキ等を詰め込み)で30分ほどのところにある城南町社会福祉協議会に移動。
 
イメージ 7
社協・ボランティアの人と1日の打ち合わせをして南区城南にあるボランティアの依頼があった小集落に向かいます。
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 17
 
イメージ 18
 
イメージ 16
 私のグループは3名です。周辺の家屋は見るも無残な状況でした。テレビや新聞で見るのと自分自身の目で見るのとでは全く異なる地獄絵図です.
イメージ 21
「赤紙」の張られた建物の中では、安全確保のため、私たちボランティアはお手伝いをすることができません。立ち入ることもできません。
 
イメージ 10
私たちがボランティアで入るお家は、大きな入母屋のお家で日本庭園並みの庭木や庭石・石灯篭・敷石が敷き詰めらて立派な家屋です。ここには、老夫婦が2人だけで住んでいます。日中は、家の片づけ・夜は避難所生活をしているとのこと。老夫婦2人だけでは、家の片づけは到底無理。挨拶は、ほどほどにして片づけにかかります。玄関には、黄色のステッカ−が貼られています。
 
イメージ 11
ボランティア依頼事項・・・細かくメモで書かれています(この方が作業しやすいです)
家具のズレを戻す・ベッドのズレを戻す・タンスの移動・仏壇が倒れているのを立て直す・食器棚を屋外に搬出し解体・鏡台を屋外に搬出し解体・納屋にある大型洋服タンスの搬出解体・ガレキを土のう袋に詰め込み軽トラックに乗せる(これが一番大変な作業だった)
 
イメージ 12
当日の最高気温は32度の真夏日、ヘルメットやケガを防止するための長袖・長ズボン、長靴を着用しているため、30分もすると、頭から顔にかけて水のような汗がボトボトと流れてきます。休憩時間にはペットボトルの水をがぶ飲みしました。
ようやくお昼の休憩がやってきました。持参したおにぎりとランチパックをぱくつき、残りの時間は、ひたすらじっと体を休めました。寝不足や暑さ・疲労のせいか体力を消耗していたからです。
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 15
滞在時間も少なくなったところで、家屋が大きい(立派なお家の)ため、落下して破損した屋根瓦・倒れたブロックも多く、予想以上にガレキ類を土のう袋に詰める作業と運搬に時間がかかってしまいました。時間も無制限ではありません。近くにいる姫路から来たグループも加わり軽トラック2台には重量オーバーにならない程度に詰め込み、ボランティアセンターに帰る時間が来てしまいました。ガレキの袋詰めはほとんど終わったものの、それらをごみ捨て場に運ぶトラックに移す作業を行うことは残念ながらできませんでした。最後までやり遂げられななかったことに虚しさやくやしさを感じてますが被災者のご家族に作業終了のご挨拶をした際に、老夫婦から「ありがとう」の感謝の言葉をいただいたことで、ようやく少し満足な気持ちに変わりました。
イメージ 19
小型バスに乗り込み城南社会福祉協議会のボランティアセンターで結果報告をして本日の業務は終了です。この日は、東区サテライトにて43件のご依頼に200名(活動者数)、城南サテライトにて14件のご依頼に80名(活動者数)のボランティアの皆様方が参加されました。23日の熊本地震の余震は、震度1から2の余震7回)つづく・・・

この記事に

開く コメント(0)

5月29日晴れ・・・本日、午後8時より姫路市社会福祉協議会主催の「熊本市災害ボランティア活動」に微力ながら被災地に行ってまいります♪
イメージ 1
どんな状況になっているのか・・・とにかく自分の足で歩き、この目に惨状を焼き付けてきます。そして、今後何が出来るのかを考えるきっかけになればと思います。
25日の早朝(午前6時15分)に帰宅します。また報告させていただきます。

この記事に

開く コメント(0)

平成28年度育友会総会

5月21日晴れ・・・今日は、カイトの高校の平成28年度育友会総会。本日より僕は、育友会本部役員で3年間、母校発展の為に力を尽くしてゆきたいと思っております。 土曜日のお昼からでありますが沢山の会員の方々の出席をいただき、誠にありがとうございました。27年度の活動報告、28年度の活動計画といった審議事項もご承認いただきスムーズな船出ができました。これも、ひとえに会員様のご協力があってのことと感謝いたします。
イメージ 1
午後6時30分からは、姫路市商工会議所内にある清交倶楽部で新旧役員歓送迎会がありました。歓談いただいている間は、みなさん自由に席をまわり、たくさんの方々と親交を深めました。前年度役員のみなさま、お疲れさまでした。新役員一同、みなさまのご期待に応えられるよう一生懸命がんばります。うぞよろしくお願いいたします。

この記事に

開く コメント(0)

ちょこっと偵察・54

5月20日晴れ・・・満月の大潮まであと2日。別に深い意味はないど・・・午後8時30分よりちょこっと偵察。現地に到着し岸壁に着いているチヌを狙うも不在。いつものポイントでメバルを狙うも1投目にコイツがヒットし大暴れ!
イメージ 1
48㎝のシーバスでしたが、シーバスが暴れたせいでこのポイントは終わった。引き続き釣れてくるのは小アジクラスのミニセイゴが暇なく釣れる。同じリグでパターンを変えて底狙い(ロックな魚狙い)。根の辺りにキャストしてゆっくり巻いてくるとコンと小さなバイトがあり重みが乗る。一呼吸おいてアワセると魚の重み♪
イメージ 2
潜られないように強引に巻いてくる。まあまあのタケノコ27㎝!1時間
ちょいでロックな魚がこれだけ釣れた。こういうサイズが近場で隠れているので釣りは楽しくてやめれません。大潮の満月で根魚が動き出したのか?
 
ジグヘッド・・・ヤリエアジメバガチヘッド1.0g
ワーム・・・ヤリエ・アジ爆ワーム1.2インチ

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事