ここから本文です
gallery paw padのブログ
小さな街の小さななんちゃってギャラリーです。
毎度ブログ更新が滞っております。
今年度のギャラリーの展示としてのOPENは、本日11日(日)を持って終了となります。
イメージ 1
本日も天売のねこの写真展を12〜18時まで。
駆けつけてくださる方、18時に間に合えばご覧いただけますのでご遠慮なさらず。
イメージ 4
会場では、天売のねこの小林三枝子さん作成のフォトブックを2種類、各800円で販売しております。
イメージ 2
こちらは、必要経費を除いて、天売ねこのための、「人と海鳥と猫が共生する
天売島」連絡協議会様への支援にしたいと思います。(店内に置いてある、募金箱も同様です。)

又、他にも保護関連書籍とともに、小西修さんの多摩川猫カレンダー2017(1600円)こちらは本日で販売終了になりますが、置いてあります。(マージンはいただいておりませんので、全額小西さんへの支援になります。販売終了後は、小西さんのブログから通販をお願いします。)
イメージ 3
そして、昨日ゆるく緊急イベントしました、「マレーシアの猫たち」デスク版カレンダー900円(チータケ作)が秀逸ですが、こちらは今暫くギャラリーで扱わせていただきます。ご用命の方、おいででしたら、メールなどでご連絡くださいませ。
イメージ 5
ギャラリーの展示は最終ですが、18日日曜日には、「あなたの不用品が他の方の必要なものに変わり、そして、支援につながる」というシステムなバーター会が開かれます。こちらもぜひ関心のある方のご来場、お待ちしております。
イメージ 7


今年度後半は店主体調不良のために、いつも以上にゆる〜〜〜いパウパッドになりました。
店主復調してきておりますが、このままゆる〜〜〜いまんま、続けさせていただきたく思います。
どうぞ来年度もよろしくお願いいたします。

来年度のスケジュールも決定したところからお知らせしていきます。
とりあえず、この、天売の試みをもう少し皆様にお伝えしたく、
第2段を間をあけずにします。

年末年始忙しく、おいでになれかった方、今度こそおいでいただけますように。
皆様の関心度の高さが、離島のねこたちの処遇に、少しでもいい変化につながるかもしれません。
行政のモチベーションにも繋がるのです。
どうぞよろしくお願いします。

本日最終日、皆様のおいでをお待ちしています。
撮影の小林三枝子さん、本日13時過ぎより、在廊です。
天売のお話を聞いてくださいね。

イメージ 6




この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 2
イベントのお知らせ:

12月3日(土)15:30〜

Gallery Pawpadで開催中の天売のねこ問題についての

ティータイムトークを

写真家小林三枝子、天売に詳しい畠山雅子、オーナーの3人で話します。

お茶をしながら皆さんでお話しませんか?

ご質問など真摯にお答えしますので。

予約いりません。

当日参加OKです。

と言いつつ、普段と何ら変わらないギャラリーになりそうなよか〜ん。

天売のフォトブック発売のお知らせ。
イメージ 1

天売のねこ問題を扱っている窓口の連絡協議会への支援にもなります!

小林三枝子さんの写真で、キャプション畠山、オーナー協力の

天売のねこの今☆をフォトブックにしました。

1冊800円です。

どうぞお手に取ってご覧になってくださいませ。

イメージ 3


この記事に

開くトラックバック(0)

Gallery Pawpad 企画展

ともに生きる天売島〜ねことヒトと海鳥と〜
イメージ 1
初日無事終了いたしまして、本日2日目は12時よりOPENさせていただきます。
closeは18時ではございますが、おいでになられればぎりぎりでも急かすようなことは致しません(笑)のでどうぞごゆっくりご覧くださいませ。

横浜赤レンガのトークイベントで燃え尽きそうになりましたが、何とか復活(大袈裟)
大きなイベントでの広報、ありがたいことです。
うちのような弱小のギャラリーに展示の機会をいただき、
そして、こちらのコラボ企画を受け止めてくだだいましたねこ写真展の主催者さまには本当に感謝しております。
さて、その効果が出るといいのですが。

赤レンガでの展示はあくまでもプレ展示でした。
何故プレになるか、といえば、赤レンガでのテーマ的なものは守らねばなりませんし、
勿論、ねこがメインですので、その辺については注意を払いました。
つまり、例えば、死を連想するもの、などということで
TOPのDM画像では三毛猫さんがエゾひめねずみ(推定)を咥えておりますが、この写真は展示しておりません。
又、この時↑と同じく、偶然出会った、カラスがウトウのひなを捕まえてしまった
、という、大変な写真的にベストショットとしての写真も、Pawpadでの展示のとどめております。
又、どうしても海鳥の写真も多くなりがちですので、その辺も猫中心に。
ネコはネコでウミネコ、というのがアカレンガでは受けておりましたが。(まんざいか!!)

とまあ、そんな具合ですので、決してアカレンガは勿論いったわよ、
だから、世田谷くんだりまで行かなくてもいいじゃなあ〜い?
と言わないで、どうぞお出かけいただけるとありがたく存じます。

さて、赤レンガでの展示ともう一つ違う点、それは、「天売島のねこ問題」の中心になっている、北海道は羽幌町(天売へのフェリーが出ている港のある街です。)にある、環境省の出先機関(でよろしいのでしょうか?)の北海道海鳥センターさんの御協力で、普段北海道海鳥センターで
イメージ 2
掲示しています、天売のねこ問題に関したパネルをお借りして展示しております。
ギャラリーの左側はその展示、右側は撮影した小林三枝子さんの天売の写真がかなりの枚数でご覧になれます。
厚巻です。
そして、TVでも天売のねこさんの里親修業が放送されましたが、幸せになった、天売のねこさんたちのお写真もお借りして掲示させていただいています。
(天売のねこの里親募集は今のところ北海道内で、ということになっております。)

これらの試みは、現在進行中です。
色々な方々の協力がなされています。
でも、関心度が薄れれば、この進行中が頓挫、ということにもなりかねません。

皆様に知っていただきたい、進行中ではありませんが、
保護鳥が減少した、ねこが原因だ、駆除しろ!にならず、
住民と行政と、保護関係となどいろいろな人たちが模索して共生を進めていることを知っていただきたいし応援していただきたいと思います。

店内にて、天売のねこを中心にした、小林三枝子さんの写真集を800円にて販売しております。
こちらはお買い上げいただくと、必要経費を除いたその全部を
「人と海鳥と猫が共生する天売島連絡協議会」さまへの支援金にさせていただく予定です。
どうぞお買い上げの選択肢に入れていただければ、と存じます。

なお、店内にて
小西修さんのカレンダー
「多摩猫2017」1600円も発売中。
こちらも多摩川猫のごはん代になりますよ!

なお、尾崎たまきさんのフォトエッセイ
ねこかつさんとこの「シユウさま」(ねこたろうさんも写真撮影)
Kiyochanさんが熊本の被災動物の為に提供してくださった、写真本、500円2種、
ねこたろうさんの想いの積もったクリアファイル
1枚100円(破格!!)
そして、興味ありませんんか❔アジアのそとねこたちを撮影してきた、
ちーたけさんの「マレーシアのねこたち」2017デスク版カレンダー、900円

などなど販売ものも置いてあります。
どうぞお買い求めくださいませ。

皆様のお越しをお待ちしております。

又、当ギャラリーは11月22日に2周年を迎えました。
ツイッターでゆる募させていただき、23日夕方よりゆるゆるなお祝い会をさせていただきました。常連のお客様、そして仲間たち、展示してくれた方々、などでにぎやかに、ゆるいプチコンサートもして開催いたしました。
この模様は、もし気力体力がありましたら、ブログでお知らせしたい(という気持ちは満載なんですが)と思っています。
いらしてくださった皆様、本当にありがとうございました。
(来てくれる人がいなかったらどうしようと実は思っていた小心者でした〜)

又、ギャラリー主催譲渡会のご縁で、また里親さんが決まった子もおります。
里親さんがご近所のこたちを保護してくれたり手術してくださったり、
お客様が外の子たちのご相談にみえたり、いいご縁に感謝するばかりです。
この輪を絶やしてはいけませんね。もう少し頑張らないと。

(尚、ゆる募ではありますが、来年度後半(9月以降の)展示ご希望の方のご相談をおうけしております。前半は短期貸であればOKです。どうぞご利用ください。)

イメージ 3
くどいですが、改札口出たら、
です!!
右も左もウルトラマン商店街ですから〜。
イメージ 4

この記事に

開くトラックバック(0)

記事の前に。

地域の外猫に困っている方、先日も祖師ヶ谷大蔵でありました、
地域猫のセミナーが世田谷区でまた開催されます!
ぜひご参加ください。
(直前でごめんなさい。)
イメージ 1


さて、赤レンガ倉庫ねこ写真展2016記録その3
11月5日(土)15:00より、
オーナーの板倉、写真家の小林、天売のねこ問題に詳しい畠山雅子氏を司会進行役にお迎えしての、トークイベント、まずまずの出来だったようです。

足を止めて聞いてくださる方もおいででしたし、
その後ブースに足を運んで、熱心に展示を見てくださった方も多かったようです。
(よかった〜)
少しでも関心を集めることができ、天売のねこたち、海鳥たち、
生きとし生けるものたちが皆で共生していけるように、
と願ってやみません。
そんな思いが皆様に少しでも通じますように。。。
イメージ 5
イメージ 2
イメージ 4
さて、昨年も発行されました、「ねこ自身」の
2匹目!が発売されております。
こちらの雑誌には、「天売のねこ」」が取り上げられており、
そちらの記事の情報協力などを、Gallery Pawpadではさせていただき、
又、小林三枝子さんの写真を使用していただいております。
大変真面目な良記事と思います。
機会がありましたら是非ご一読くださいませ。
なお、肉球図書室に、こちらの雑誌は置いてあります。
どうぞお読みくださいませ。



そして、Gallery Pawpad本での展示は11月25日から始まります。
ぜひ、天売のねことヒトと海鳥の共生を目指している、
その姿をご覧になりにおいでくださいませ。
お待ちしております。
イメージ 3
イメージ 6
くどいようですが、改札出たら左側に曲がってまっすぐです。


もう一つお知らせです。

特に世田谷区近辺の方、
今年も世田谷区山野小学校(祖師ヶ谷大蔵駅から徒歩5分程度)に手の防災訓練に、ペット同行避難訓練もあるようです。
よろしければぜひ。見学もOKだと思います。
11月27日(日)10:00〜12:00 
(この日はPawpadは、防災訓練の後、池袋で開催の「離島フェア」に天売島が参加されているため、応援にまいりますので、閉廊しております。)














この記事に

赤レンガねこ写真展2016記録その2
展示ブース

右側が小林三枝子さんのブース。
左対角がPawpadブースですが、
写真は全て小林三枝子さん撮影です。
他の方々の展示ブースの雰囲気とは一風変わっていたせいか、目に留まっていたように思います。
そして、小林さんがさながら観光大使!!
イメージ 5



(別名;天売観光協会の手下www)

イメージ 3
イメージ 2
イメージ 4

おかげさまで、随分天売の名前を知らしめることも出来た気がしております。


イメージ 1

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事