ゲーマガ速報!

毎月30日発売! ゲーム総合誌「ゲーマガ」がお送りする、ゲーム速報ブログ。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/da/ec/gemaga1985/folder/27662/img_27662_5239637_0?1178385329

 シリーズ第1弾である「アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女」は、2006年1月26日に発売され、新規オリジナルタイトルながら10万本以上を出荷する人気作品となった。「ムスメ調合」「詩魔法」「グラスメルク」といった本作独自のゲームシステムは、「2」になってより進化してパワーアップしている。今回は、本作の詩に生命を吹き込む4人の歌姫を紹介。予約特典も決定した。


歌姫紹介
本人からのコメントは、1.担当キャラの第一印象 2.今作の雰囲気について? 3.詩についての感想 4.本作への意気込みについて。

http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/da/ec/gemaga1985/folder/27662/img_27662_16921190_0?1187075545 霜月はるか(担当キャラクター:瑠珈) 「イリスのアトリエ」シリーズ等、数々のゲームで主題歌を歌う。個人での活動の他、myuとのユニット"kukui"で作詞・歌を担当しTVアニメ「ローゼンメイデン」EDや「神曲奏界ポリフォニカ」ED、「西の善き魔女」OP等を制作。その透明感のあるやわらかい歌声と、独特の浮遊感を持ったコーラスワークによって彩られた楽曲は、まさにファンタジーサウンドと呼ぶにふさわしい。

1.露出度高くて寒そうだなと(笑)。でも元気っ子ヒロイン!という感じで、ちょっと和な服装も可愛くてお気に入りです。他のキャラたちも見て、ああ確かにルカは私の声のイメージには一番近い子だなあ、と感じましたね。
2.世界観に流れる空気は前作そのままに、設定も更に深まってSF、ファンタジー好きにはたまらないんじゃないかと思います! (私も例に漏れず、ですが)キャラもそれぞれ深く掘り下げられていてシナリオを読んでると思わず涙することも。
3.音楽的に今回も本当にさまざまな新しいアプローチにチャレンジしています。アルトネリコの企画ではいつも、キャラと一緒に自分も成長していく感じです。自分の引き出しを増やすのは難しい作業ですが、やりがいがありました。
4.今回もレーヴァテイルとしてこの作品に関わることができて光栄です! ゲームの一部として、私の詩がプレイヤーの皆さんの心に届くことを願っています。ルカ共々楽曲たちも可愛がってください。よろしくお願いします!


http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/da/ec/gemaga1985/folder/27662/img_27662_16921190_1?1187075545 志方あきこ(担当キャラクター:クローシェ) 2005年、葉加瀬太郎が音楽総監督を務めるレーベル“HATS”から7月に1stアルバム「Navigatoria」でデビュー。「アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女」や「花帰葬」にて主題歌の歌唱やゲーム中の音楽の作編曲を手がける。歌唱だけではなく自らが作編曲を行っている自身の作品は、民族的なリズムと、そして緻密なコーラスワークにより構成されている。1曲で200ものヴォーカルトラックを重ねることもある幻想的な世界は、まさしく「ヒーリング・ファンタジア」と呼ばれるにふさわしく、その彼女の七色の歌声は聴く者を幻想世界へと誘うだろう。

1.初めてクローシェのことを知ったのは、まだ、キャラデザが出来上がる前のことでした。その頃想像していたクローシェは……今よりも、ちょっとアマゾネスっぽかったです(笑)。クローシェが、今の姿となるまでの過程を、リアルタイムで見守れたのが、とてもうれしかったですね。
2.前作とクロスする箇所がありつつも、新しい舞台・世界観で物語が構築されているので、とても面白く感じました。なおかつ、前作を未プレイでも充分楽しんでもらえる内容になっているので、沢山の方にオススメできます!
3.コミカルな曲はよりコミカルに。シリアスな曲は、より壮大に華々しく。前作よりも、幅広い種類の詩を担当させていただけて、とても楽しかったです。難易度が高い場所もありましたが、楽しく丁寧に謳わせていただきました。
4.前作よりもさらに魅力あふれるキャラクター&ストーリー展開はもちろん、主題歌やヒュムノスたちも充実していますので、ぜひ音量は大にしてゲームをプレイしてくださると、うれしいです!


http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/da/ec/gemaga1985/folder/27662/img_27662_16921190_2?1187075545 みとせのりこ(担当キャラクター:???) リリカルで透明感あふれる独特のソプラノとトラッドソースを感じさせる唄、ネイティヴであることを大切にした日本語の叙情的な歌詞で評価を集めている。井上俊彦とのユニット、キルシェではこれまでに4枚のCDをリリース、渋谷を中心としたライヴ活動をメインに、ファンから絶大な支持を得ている。個人ではゲーム音楽や、他アーティストのアルバムへのゲスト参加の他、近年は若手ヴォーカリストたちのアルバムのサウンドディレクションや、生楽器のコーディネイトも手がける。

1.通常のみとせのりこのイメージとはちょっと違うタイプかもしれませんが、実際他のキャラを見渡すと、アルトネメンバーの中でこのキャラに適しているのは私以外にはいません!と自信を持って断言します(笑)。
2.前作よりさらに複雑で緻密な印象を受けました。キャラの内面描写などもかなり細かくなっていて、より世界観にも厚みが出て新しい魅力が満載。でも前作の世界観はちゃんと引き継いでいて、いろんな角度から楽しめます。
3.今回は初挑戦の連続です(笑)。前回に続いて、自分はアルトネリコ内での異色キャラ担当な気がしてきました。ハードなものから静謐なもの、いろんな切り口で新しい「ヒュムノス」をお聴かせできると思います。
4.今回はシナリオ原案の辺りから「アルトネリコ2」の世界に親しませてもらってきたので、こうして形になっていく喜びもひとしお。この先の完成に向けてより鮮やかで厚みのあるものに仕上げていくお手伝いができればと思っています。


http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/da/ec/gemaga1985/folder/27662/img_27662_16921190_4?1187075545 石橋優子(担当キャラクター:聆紗) ポップス、ロック、ジャズ、キャラクター、ミュージカル、声楽と様々なジャンルをこなし、4オクターブの音域を持つ。「アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女」ではクレアの詩を担当。 そして、イリスのアトリエ「グランファタズム」エンディングテーマを担当。ゲーム、CM、CD、TV、舞台、ライブと多方面にて活動の場を広げている。

1.すごくキレイだなぁ〜。セクシ〜でナイスバディだし♪
2.前作よりもアルトネリコの世界やお話が更に奥が深くなって、スケールも大きなったな〜と思いました。
3.日本語もヒュムノスも普段使わないような言葉がいっぱいで、レーコーディングスタジオは塾みたいでした(笑)。今回はそれぞれの曲で色々な声色を駆使して歌いました。ヒュムノスの意味を確認しながら隅々まで聞き逃さないでくださいね♪
4.前作に引き続きこの作品に携わることができてうれしく思います。石橋優子、出し切りました! 燃えました! 萌えてください(笑)。


http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/da/ec/gemaga1985/folder/27662/img_27662_16921190_5?1187075545 http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/da/ec/gemaga1985/folder/27662/img_27662_16921190_6?1187075545 http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/da/ec/gemaga1985/folder/27662/img_27662_16921190_10?1187075545
http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/da/ec/gemaga1985/folder/27662/img_27662_16921190_15?1187075545 http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/da/ec/gemaga1985/folder/27662/img_27662_16921190_16?1187075545 http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/da/ec/gemaga1985/folder/27662/img_27662_16921190_18?1187075545
歌姫たちの奏でる詩にまつわるイベントシーン。今作では詠唱しつづけていくと詩魔法が変化していく。基礎的な詩魔法「サンサンサモン」がメタモルフォシス(詩魔法変化)により「エググ」「クエーサーリカル」へとランクアップしている。


予約特典は「Official Visual Book」
アルトネリコのキャラクターたちに命を吹き込む凪良氏の描く美麗なイラストはもちろんのこと、緻密に練り込まれた「アルトネリコ」の世界設定を背景イラストと共に紹介。豪華ハードカバー上製本仕様のオフィシャルビジュアルブックは、店頭で予約した人に数量限定でプレゼント。予約はお早めに!
http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/da/ec/gemaga1985/folder/27662/img_27662_16921190_21 http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/da/ec/gemaga1985/folder/27662/img_27662_16921190_22


●メーカー:バンプレスト
●ジャンル:ムスメ調合RPG
●発売日:2007年10月25日発売予定
●価格:7,140円
●プレイ人数:1人
●CERO:審査予定

【公式サイト】
http://ar-tonelico.jp/at2/

(C)GUST CO.,LTD. 2007
(C)BANPRESTO 2007
※画面は開発中のものです。

この記事に


.


みんなの更新記事