ここから本文です
Enjoy! MINI Drive
街乗りもドライブ気分にしてくれる、愛車NEW MINIの記録です。

東へ西へ

3月の連休はミニで走り回りました(^^)

1日目は富山へエジプト展。

イメージ 1


気持ちはファラオ・・・
(顔が丸くなった(-_-;))

2日目は福知山へ。

イメージ 2


ここの栗を使ったケーキや

イメージ 3


パイ(^^)

イメージ 4


どら焼き\(^^)/

どれも栗が主張して美味しい!
食べ応えもあります。

また体重増えた(-。-;

この記事に

ミニの日15周年

もう15年( ̄∇ ̄)

イメージ 4



私のミニは12年(^^)

バースデーカードが届きました。

イメージ 1


これを持って1年点検を受けるとキーケースが貰える。

うちの奥さんは許してくれないだろうな(>_<)

新型クロスオーバー見て来ました。

イメージ 2

イメージ 3


広いです(O_O)
スイッチ類が使いやすそうになっています。

ファーストカーにできたらいいな(^^)

この記事に

気がついたら年が明けての投稿。
最近は週末に乗るかどうかの状態で、そのうち奥さんに売られてしまいそう^^;

今日病院へ行ったらMINIが3台並んでいた。

売れているんですね〜(^^)

それにしても
相変わらずパワステ調子悪く
いつか完全に壊れるな・・

この記事に

9月19日、富士スピードウェイで開催されたMINI CONNECTION. with MINI FES. 2016に参加してきました。

オフィシャルイベントのミニコネとニューミニ・スタイルマガジンのミニフェスが合体したイベント、絶対参加したいと思っていましたが、奇跡的に実現
天気が一番不安でしたが、これも奇跡を期待して、前日の午後3時半に出発。
御殿場のホテルには、すでに10台以上のMINIが駐まっていました。
現行モデルが多かったですね。

当日の朝は5時半に起きて一番に朝食に行ったつもりがすでにいっぱい
大半がMINIオーナーだったらしく、洗車をしてから会場に向かうようでした。

私は、事前申込をしておらず不安だったので、掃除なんかそっちのけで朝食後すぐに出発。焦りすぎて道を間違えながらも、7時40分には会場手前の駐車場に駐車できました。それでも事前申込の方よりも遠くの駐車場だったので、うまく会場には入れるかちょっと焦り気味でしたが、スムーズに入場できました。

イメージ 1












ミニスタブース。アンケートとイベントステッカーの交換、そしてグッズの抽選。
くじ運弱く外れました

イメージ 2












レーシングコース体験走行当日枠の抽選券。1番をゲット
しかし、当選ならず くじ運弱し・・・

イメージ 3
















モータージャーナリストの竹岡さんとミニスタ編集長の杉山によるじゃんけん大会。2回とも勝てずプレゼントゲットならず。じゃんけんも弱し

イメージ 4










カメラマンのマッキーさんによる写真教室に参加。
事前にマッキーさんに挨拶させていただきました。

イメージ 5












竹岡さんのプチレッスンによる現行モデルの体験走行。
ジムカーナコースで現行MINIの性能を体験します。私は3ドアのディーゼルを選択。低速からの力強い加速感に驚き!
ただ強い雨で滑って攻めることはできずちょっと残念

イメージ 6
















MINIオーナーズプログラム会員が利用できるカフェでちょっと一息
ゆず味でサッパリ。

天気は良くなかったけど、ミニスタオリジナルグッズも手に入れて満喫した1日でした。
レーシングコース体験走行はできなかったので、早めに会場を後にしました。
途中の高速では、強雨で見通しが悪い所もあり、余韻に浸りながらも安全運転で家路についたのでした。

この記事に

最近はドライブの機会がないので久々にMINIいじりネタを。

ずっと前から考えていたタコメーターの裏に付けるステーを使ったナビの装着。
これまではナビに付属の吸盤スタンドで、ハンドルの右側に付属の吸盤アタッチで設置していました。この位置にしたのは、ニューMINIスタイルマガジンで見やすい場所と紹介されていたからです。

イメージ 1





【以前の取付状態】

確かにこの場所は操作しやすく、前方の視界の妨げにもならずよかったのですが、助手席からは全く見えない状態でした。
私たちは、ドライブ中にテレビやビデオ、音楽を流すスタイルではないのでこれでもよかったのですが、吸盤では吸着力が減って取れてしまう。
メーター裏ステーを活用して、見やすく操作しやすいようにナビを常設できないか、おそまきながら検討したのでした。

で、今回購入したのは、スギポテックメーター裏ステー。

イメージ 2













この存在はずっと前から知っていたけど、今回購入したのはようやく踏ん切りが付いたこと。だって見た目この商品に7千円、送料込みで8千1百円も出すのはちょっと躊躇してしまいますよね。

それで当初はホームセンターで物色しましたが、メーター裏の穴に合うステーが見つからないこと、適当なねじのサイズがわからないことから、このキットをエックスフォルムのサイトで購入しました。

取付に使った部品はなるべく少なくしました。取付状態がすっきり見える、取付空間が小さくなる、という利点があります。一方で角度や高さの調整ができないという欠点もあります。しかし、MINIのダッシュボードはスペースに余裕がないので部品数が少ない方がきっと収まりがいいでしょう。

ホームセンターで追加購入したのは、Z型のステー。これを使うとセンターメーター部のダッシュボードの張り出し部分をクリアできます。
一方、ナビの取付吸盤スタンドは、スタンドそのものと本体を接続するFM-VICSキットに分けられます。

イメージ 3












【アダプタ部とスタンド部】

イメージ 4
















【アダプタの裏側】

このアダプタをZ型ステーに付ければナビを固定できるわけですが、アダプタの裏側が四角く窪んでいるのでスペーサーと長いねじが必要。さらに1本のねじでは回転してしまいそうなのでそれを防止する対策も必要となります。
この方法ではナビの角度を調整できませんが、最初からあれこれ揃えるよりは、うまくいかなければ部品を追加すれば良いだろうということで、とりあえずナビのアダプタを直接ねじで固定する方針でいくことにしました。(追加購入したものは後述)

イメージ 5
















【アダプタとZ型ステーの固定】

イメージ 6
















【Z型ステーとメーター裏ステーの固定】

イメージ 7












【ステーとアダプタ】

タコメーターを固定するねじを外してタコメーターをずらすと、ヘッドライトが点灯しました。この後も何度も点灯します。
説明書には、タコメーターの配線を外して作業した場合、その状態でエンジンをかけると、コンピューターが異常を関知し、ディーラーでリセットしないとエンジンがかからなくなるという記述がありました。
まさかそんな事態にはならないだろうなあとちょっと不安に思いながら作業を進めました。

ステー付属のワッシャーはMINIの型式によってねじ穴の深さが違うので調整用として付いているという説明がありました。しかし、R50は何枚との説明がありません。もし調整を間違えたら、内部を傷つける、ひどいと表に突き出るかもしれません(まさか)
元のねじをよく見てさらにワッシャーを3枚追加しました(適当です)

完了した状態では、思いのほかうまくいったと思いました。前方の視界の妨げにならず、エアコンの吹き出しの邪魔にはならず、操作しやすい位置に付けられていい感じです。

イメージ 8












【取り付けた状態】

イメージ 9





【上から見ると】

しかし、いざ運転してみると、今まで何もなかったところにナビ画面があり、なんとなく運転に、特に狭い道で目障りに感じます。あと1センチ高さを下げられれば解消すると思うのですが。
ちなみに高さを変えずに数センチ奥にナビを移動できれば、気にならなくなりそうです。そのためにはZ型ステーをまっすぐなステーに代えればできそうですが、それだとセンターメーターの部分のダッシュボードに当たりそうです。
やっぱり「慣れ」が必要のようです(奥さんはどう言うか・・)

メーター裏ステーを使った今回のナビ設置作業、自分でも納得の出来映えとなりました。ステーは高いけど、ホームセンターで適当なステーやねじを探す手間を考えると、キットを購入した方が効率的かなと思いました。

さあ、ナビを使って見知らぬ土地を走ってみよう!
今度はどこへ遠出しようか。
(地図ソフトの更新が先かも)


【今回使用したもの】
メーター裏ステー 8100円(送料込)

買い足したもの
Z型ステー 689円 ナビアダプター固定用
ねじ(5×15) ナビアダプターとZ型ステー固定用
ワッシャー(6×16) 123円 ナビアダプターとZ型ステー固定用
ローゼットワッシャー(5×14.3) 123円 ナビアダプターとZ型アダプター固定用
ゴムワッシャー(5×12) 113円 ナビアダプターとZ型ステー固定用
ワッシャー、ナット(4×15) 144円 メーター裏ステーとZ型ステー固定用
皿ねじ(4×15) 165円 メーター裏ステーとZ型ステー固定用
星型ドライバー 1024円

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事