ここから本文です
字幕映画のススメ

書庫全体表示

イメージ 1
 
イメージ 8
1963 (C) Warner Bros.
 
5月の7日間』(1963)
SEVEN DAYS IN MAY

Instead of my blood pressure I think Horace should worry about my sanity
(血圧を心配するより医者は俺の精神状態を心配すべきだよ) ライマン大統領

Now we're asked to believe that a piece of paper...will take the place of missile sites
and Polaris submarines
(平和の鍵は紙切れよりも核ミサイルとポラリス原潜なのです) スコット将軍
 
When on this earth all men will walk out of the long tunnels of tyranny
nto the bright sunshine of freedom
(世界中の人々が長い圧制のトンネルを抜け自由という光を手にするでしょう) ライマン大統領の声明

1962年に起こったキューバ危機(1962年10月15日から13日間)回避後に
アメリカでは様々な政治的クライシスを題材とした小説、映画が登場する。
特に1963年から64年にかけて製作された『博士の異常な愛情』(1963)
未知への飛行』(1964)は合衆国の戦略爆撃機がソビエトに核攻撃に
向かうという世紀末な作品だった。
本作の『5月の7日間』は他国に侵攻したりしないが、
核軍縮をソビエトと結んだ米大統領に軍部のトップが反発して組織的な軍事行動
で国家の転覆をを策略するが、事前に察知した大統領たちが最小限のスタッフで
クーデターを阻止するサスペンス映画だ。
核拡散防止条約NPT)や第四次戦略兵器削減条約NEW START)が効力を
発揮している現在はともかく、この原作が書かれたのは冷戦真っ只中の1963年。
物語はその10年後の1974年あたりを想定している
(そのためにケネディ暗殺やベトナム戦争などは出てこない)
東西の冷戦が終結してベルリンの壁が取り払われ、ソビエト連邦が
崩壊するとは原作者たちは予想も出来なかっただろう。
(実際にソビエト崩壊時にはソ連共産党中央委員会メンバーのクーデターがあった)
原作者はフレッチャー・ニーベルとチャールズ・W・ベイリーの2人で
記者をしていてその情報を生かして原作を書きベストセラーになった。
監督はジョン・フランケンハイマーで彼の初期の傑作だ。
主演はカーク・ダグラスバート・ランカスター
バート・ランカスターに至ってはこの頃はフランケンハイマー作品ばかりに出ていた。
そして大統領を熱演したフレデリック・マーチ
エヴァ・ガードナーも重要な役で出ている。
音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当。
 
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
1964 (C) Warner Bros.

197X年、ホワイトハウスの周辺はデモ運動が連日のように行われ
デモ隊同士の衝突も起きていた。それは合衆国大統領がソビエト連邦と
兵器の削減する条約に調印したことに端を発したのだった。
当然な事に軍事産業は大打撃を受け、国内の景気も陰りが差し
大統領の支持率も連日下降気味だった。
ジョーダン・ライマン大統領(F・マーチ)もこれは頭の痛い
問題だった。そして世間には統合参謀本部議長のスコット将軍(B・ランカスター)
を推す風潮が強かった。
議会でライマン大統領の右腕であるレイ・クラーク議員(E・オブライエン)
がスコット将軍を批判しても戦争の抑止力を保つには軍縮はしてはならないと
大統領が決めた条約には反対の意見を示した。
スコット将軍の直属の部下である統合参謀本部事務局長のケーシー大佐(K・ダグラス)は
最近おかしな事に気になっていた。次週の日曜日に全軍の軍事演習があるのだが
それをプレンティス議員(W・ピッセル)が突き止めていた事や
スコット将軍が軍の最高レベルの暗号を使って競馬の賭けを
三軍の司令官から募っていたこと。そして決定的な事はケーシー大佐の
親友のヘンダーソン大佐から聞かされた秘密基地ECOMCONの事だ。
ペンタンゴンじゅうに聞いてもCOMCONの基地など誰も知らなかった。
だが会議の席にあったハーディスティ将軍の手書きメモには
やはりエコムコンの文字が・・・しかも40の部隊を輸送するらしい。
その夜にニューヨークの会合に出席し演説をぶったスコット将軍を
見てケーシー大佐はスコットは輝かしい経歴を持つ英雄ではなく
野心に満ちた次期大統領の椅子を狙う男にしか見えなかった。
ケーシー大佐はホワイトハウスに電話を入れる。
ホワイトハウスではケーシー大佐の親友のジラード補佐官(M・バルサム)
が心配していた。ケーシー大佐は今までに起こった事を
ライマン大統領に聞かせ例のメモも説明した。ジラード補佐官は困惑していたが
大統領は冷静でケーシー大佐の話を信用することにした。
すぐさまホワイトハウスに参謀としてトッド財務長官(G・マクレディ)
やクラーク議員が集められ裏付けが取られた。
大統領は可能性を信じ、クラークにテキサスまで行かせて
エコムコン基地の存在を確認させること、ジラード補佐官には
ジブラルタル海峡に展開している第七艦隊のバーンズウェル提督に
署名をさせるために派遣した。提督は競馬の賭けに参加しなかった
唯一のメンバーだった。ケーシー大佐もスコット将軍の愛人の
エレノア(E・ガードナー)に近づき情報を手に入れる。
大統領もスコットの真意を確かめるために罠を張る。
演習に参加せず別荘に行って休暇を取るとスコット将軍に
電話を入れてみた。大統領の別荘にはスコットの右腕の軍人たちが
やって来たのを撮影するのに成功した。もはや軍事クーデターは
間違いのない事実となった。そこへジラード補佐官から国際電話が・・・
バーンズウェル提督からクーデター計画の全容の署名を取ったと言う。
これがあれば計画を中止させスコット将軍を失脚させることが出来る。
その頃、クラーク議員はエル・パソの砂漠で軍に拘束され
エコムコン基地に監禁されていた。ケーシー大佐が持ち帰った
エレノアの手紙を見たトッド長官は小躍りしていた。
これがあればスコットを叩き潰せると・・・だがライマン大統領は
スキャンダルでスコット将軍には対抗しないと手紙をしまい込む。
そこへ緊急連絡が!ジラード補佐官が乗った航空機がスペインで
墜落して生存者が無しというニュースが入ってきた。
ライマン大統領はひどく落ち込む・・・親友のジラードが死に、
もう一人の親友のクラークが行方不明だと・・・。
だがクラーク議員はヘンダーソン大佐の機転で基地を
抜け出しワシントンへ向かっていた。
そして勝算の決め手はないがライマン大統領は
スコット将軍をホワイトハウスに招いて対決をする・・・
(1964年4月24日公開  パラマウント映画配給)
 
脚本を書いたのは『トワイライトゾーン』のストーリーテラーと
して有名なロッド・サーリング
 
スコット将軍(大将)のポストは統合参謀本部議長(Chair man of the Joint Chiefs of Staff)
アメリカ軍を統率する軍人(制服組)のトップで大統領や国防長官の最高軍事顧問。
 
アメリカ大統領が主役の一人であるから、
当然、ホワイトハウスの内部が場面にあらわれる。
ホワイトハウスにカメラを持ちこむわけにはいかないので、
パラマウント撮影所にセットが組まれ、
大統領の執務室、書斎、寝室、大統領専用エレベーターなど、
実物のとおりにつくられた。
 
執務室のセットは凝っていて、床のじゅうたんに刻まれている、
大統領のシール(印章)は、床屋のバリカンで刈りこんだものである。
また、ホワイト・ハウスの水泳プールに到っては、
製作者、ルイス自らが、ロスアンゼルス中を探しまわり、
同じようなプールを借り切って、ホワイト・ハウスのプールの壁と同じ大きな絵を描かせた。
 
 
イメージ 9
               フレデリック・マーチ(左)とジョン・フランケンハイマー監督(右) 
 
 
 
セブン・アーツ製作
ジョエル・プロダクション

監督: ジョン・フランケンハイマー 
製作: エドワード・ルイス 
原作: フレッチャー・ニーベル 
       チャールズ・W・ベイリー 
脚本: ロッド・サーリング 
撮影: エルスワース・フレデリックス 
音楽: ジェリー・ゴールドスミス 
ナレーション: リチャード・ベースハート

 バート・ランカスター 
 カーク・ダグラス 
 フレデリック・マーチ 
 マーティン・バルサム 
 エドモンド・オブライエン 
 エヴァ・ガードナー 
 ジョージ・マクレディ 
 ウィット・ビセル 
 ヒュー・マーロウ 
 リチャード・アンダーソン 
 アンドリュー・ダガン 
 ヘレン・クリーブ
 
117分
モノクロ
ヴィスタサイズ(1:1.85)
英語(モノラル)

残念なことに国内版は過去にビデオも発売されていない。
DVDも未発売。
ツタヤ復刻ライブラリーで入手可能(4000円程度)DVD-R レンタルなし。
北米版DVDはWarner Home Videoから入手可能(リージョン1)
 
HKさんから切望された完成品。どんだけ台詞が多いねん!しかも長いし早口やし!疲れた!
イメージ 7
 
 
 
 
イメージ 10
イメージ 11
           第83回米アカデミー賞でメリッサ・レオにオスカーを捧げたカーク・ダグラス(93歳)

この記事に

  • やったー
    どんだけ待ったことか(笑)
    いやいやお疲れ様でしたよ
    メニューも渋くていい感じです
    まだ観てないから分らないけど
    ロッド・サーリングってのが案外
    ミソなのでは?
    ま、楽しみに♪

    次はオットー・プレミンジャーの
    『ヒューマン・ファクター』でお願いします!
    来年の今頃までに

    [ HK ]

    2011/2/25(金) 午前 9:08

    返信する
  • 顔アイコン

    もう一度見たくなりました。
    TV出かつて吹き替えで見たきりなので、オリジナルのセリフなど、名優の声で聞きたいですね。

    ポリティカル・サスペンスの傑作ということですが、冷戦時代と今では、時代が大きく異なりますが、見ごたえのある映画ですね。ミーハーですが、ランカスター・ファンでした(笑)。

    fpd

    2011/2/25(金) 午前 10:30

    返信する
  • 顔アイコン

    キューバ危機あたりのことはとても興味あるのでこれ見たいです。
    ・・で書かれたのが63年で設定がその10年後ですか
    ソ連崩壊も予期してなかったのですね。
    この頃は歴史が大きく変わりましたね。

    car*ou*he*ak

    2011/2/25(金) 午後 10:12

    返信する
  • 顔アイコン

    キングギドラさん
    フレデリック・マーチ は主演の2人を圧倒するほどの
    熱演でした。これもフランケンハイマーのなせるワザかな?

    GH字幕

    2011/2/25(金) 午後 11:12

    返信する
  • 顔アイコン

    HKさん
    もしサーリングが冒頭に出てきたら
    『トワイライトゾーン』になってしまったかも(笑)

    何すか?『ヒューマン・ファクター』?知らん!
    まあ探してみます。プレミンジャーはそのひとつ前の
    『ローズバッド』なら何とかなりそう。
    作るのなら金ちゃんラーメン1年分送って!(爆)

    GH字幕

    2011/2/25(金) 午後 11:17

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。
    遂に完成ですか!おめでとうございます。
    こういう政治ものって、字幕の製作が難しそうですね。
    もう10年以上前になるかと思いますが、wowowかBS2で放送された時に一度見ました。(ちゃんとヴィスタサイズだったのかな?覚えてません…)
    ランカスターはマイ・ヒーローのひとりなので、やはりダグラスよりも贔屓目に上に見てしまいます。
    フランケンハイマーの未公開作になるのか、ウォーレン・ベイティの「All Fall Down」やデヴィッド・ニヴンの「The Extraordinary Seaman」も日本では見られそうにないので、ぜひGH版の製作をお願いします。
    欲をいえば、GH版フランケンハイマーBOXなども…。
    ポチ!!
    TBさせてください。

    bigfly

    2011/2/25(金) 午後 11:20

    返信する
  • 顔アイコン

    cartoucheさん
    『13ディズ』と本作を続けて観れば面白いと思います。
    アメリカで軍事クーデターなど本来起こりうるはずが
    ないのですがもし起これば・・・というお話です。
    あとロバート・アルドリッチの『合衆国最後の日』も
    忘れてはいけない映画です。これもバート・ランカスターが
    出ていました。

    GH字幕

    2011/2/25(金) 午後 11:29

    返信する
  • 顔アイコン

    bigflyさん
    う〜ん素材があれば可能ですが・・・フランケンハイマーで
    予定に入れているのはシネラマ大作『グランプリ』(1966)
    でしょうかね。フランケンハイマーBOX!夢ですね(笑)

    軍事用語も難しいですね。映画は三軍ですが
    現在は海兵隊も加わり四軍になっています。

    徳島製粉の金ちゃんラーメン(笑)が書いている
    『ヒューマン・ファクター』はソール・バスのポスター
    だったんですね。知らなかった!
    TBありがとうございます。

    GH字幕

    2011/2/25(金) 午後 11:38

    返信する
  • 顔アイコン

    fpdさん
    吹き替えなら聞きやすいけど
    字幕は字数の制限がありまして・・・
    この作品の台詞は1500弱ありました。
    通常の映画の1.5倍で台詞も早口で長いから
    大変苦労しました。先に原作を読んでいて大いに参考に
    なったと思います。あのランカスターのふてぶてしい演技は
    大好きです。

    GH字幕

    2011/2/25(金) 午後 11:40

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。
    素材…確かに…そんな基本的な事考えませんでした。GH字幕さんならなんとかなるかと…(笑)

    「ヒューマン・ファクター」、ポスターもそうですが、本編のタイトル・シークエンスもバスですよ。
    YouTubeで見られます。http://www.youtube.com/watch?v=Ignl1WwvyiU
    正直、バス作品としては今ひとつではありますが、私はもちろん好きです!

    bigfly

    2011/2/26(土) 午前 0:08

    返信する
  • あー、これは確か録画したと思います。
    この辺りの歴史もお勉強しながら観たいと思ってます。
    が・・・台詞が多くて長くて疲れるんだ。。
    いやーん(;゚∀゚)

    pu-ko

    2011/2/27(日) 午前 8:54

    返信する
  • 顔アイコン

    bigflyさん
    なんとかならないよ(笑)

    海外ではテレビで放映されたものが
    あったような・・・

    GH字幕

    2011/2/27(日) 午後 8:23

    返信する
  • 顔アイコン

    pu-koさん

    >台詞が多くて長くて疲れるんだ
    だから映画大好き人間さんに吹替えを頼もうと思ったけど・・・

    将軍「あなたの政府を力づくで乗っ取るわ!」
    大統領「何よ!やれるならやってみなさいよ!」
    将軍「あら、オネエのくせに強気じゃないの!」
    大統領「何さ!オネエにオネエって言われたくないわよ!」

    別の作品になりそうなので断りました・・・いやーん(;゚∀゚)

    GH字幕

    2011/2/27(日) 午後 8:34

    返信する
  • 顔アイコン

    ↑ぜひそのオネエ版で観たい!!(爆)
    傑作ポチっときます☆

    pu-ko

    2011/2/28(月) 午前 6:21

    返信する
  • 顔アイコン

    まさかのカーク・ダグラス!
    93歳でオスカーのプレゼンターとは(笑)

    何でもいいからアーネスト・ボーグナインと共演してほしいね。

    GH字幕

    2011/2/28(月) 午後 9:21

    返信する
  • 顔アイコン

    素晴らしいですね、、画像に直接焼き付けるんですかぁ??いや実はワタシも今、ギリシャ映画の字幕(言語は英語)に取り掛かっているのですがラインを全部書いてそれの翻訳は出来たのですがそこから先に進めずまさか書いたものを見ながら画面を楽しんで貰う訳にはいかなくて計画が頓挫してます、、。しかしこの映画日本に入ってなかったとは知りませんでした。

    guch63

    2011/3/8(火) 午後 4:02

    返信する
  • 顔アイコン

    GH字幕さん、ありがとうございました。記事というほどではないですが、紹介させていただきました。

    fpd

    2011/3/8(火) 午後 4:29

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして、私は映画の助監督をしている者です。
    はじめて書き込みさせていただきます。現在、携わっている映画の参考資料としまして、「五月の七日間」を観たいのですが、どこを探しても見つからなくて、こちらのHPを見つけた次第でございます。
    こちらは、「五月の七日間」の字幕入りのDVDがあるのでしょうか?もう、どうしていいものか、途方にくれておりまして、お忙しいとは思いますが、ご返信宜しくお願いします。

    [ hachionna ]

    2011/10/23(日) 午後 10:35

    返信する
  • 顔アイコン

    hachionnaさん、コンバンワ
    出来たらゲストブックに書き込んでいただいたら
    助かります。鍵マークつきで。

    GH字幕

    2011/10/23(日) 午後 10:54

    返信する
  • 顔アイコン

    ご返信ありがとうございます。
    大変申し訳無いのですが、こちらを操作するのが初めてなのですが、ゲストブックに書き込むというのは、どうすれば出来るものですか?
    すいません。教えていただけますでしょうか?

    [ hachionna ]

    2011/10/23(日) 午後 11:00

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(2)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事