希望の英語教育へ(江利川研究室ブログ)

歴史をふまえ、英語教育の現在と未来を考える、和歌山大学江利川研究室のブログです。

英語教育

すべて表示

協同学習による授業演習

最初は誰でも、自分が習ったようにしか教えられません。 とりわけ進学校では、講義・解説・問題演習型の一斉授業が「伝統」のようです。 そのため、学生に模擬授業をやらせると、日本語による文法・語法・構文説明、背景解説、和訳が長々と続くことがほとんどです。 かくいう私も、予備校講師時代も含めて、そうした授業を長らく続けていましたから、偉そうなことは言えません。 限界を感じて、佐藤学先生の講演や書物などから学び、授業スタイルを転換したのは10年ちょっと前からでしょうか。 いまでは一般外国語や専門科目の授業もすべて協同学習で行っていますが、それでも試行錯誤の連続です。 どうしたらもっと深い学びができるか。 それを日々考え、小・中・高・大の様々な学校をお邪魔して学び、修正を重ねています。 ゼすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

ドキュメンタリー映画「ザ・思いやり」和歌山市で上映会 一人のアメリカ人が、米軍への“オモイヤリヨサン”の疑問に挑む!! 『ザ・思いやり』予告編(4分17秒)   https://www.youtube.com/watch?v=-IaAo3uvHbE 上映会 2016年9月10日(土) 午前の部/10:00〜上映 午 ...すべて表示すべて表示

『英語と日本軍』増刷の御礼

2016/8/16(火) 午後 9:24

本年3月末に刊行した拙著 『英語と日本軍:知られざる外国語教育史』 (NHKブックス)の増刷が決定したとの連絡を受けました。 とても嬉しいことです。 この場を借りて、愛読いただきました皆さまに深く感謝申し上げます。 刊行以来、拙著はたくさんの書評をいただきました。 その一部は過去ログで紹介しました。 http://bl ...すべて表示すべて表示

青年海外協力隊の一員として、西アフリカの最貧国と言われるベナン共和国で活動している江利川ゼミ4回生の藤田恵奈さんより、「ベナン通信」の第1報が送られてきました。 秋からは現地の小学校教育に従事します。 現地の教育事情がリアルに伝わってくるレポートですので、本人の許諾を得て、掲載いたします。 本当の国際貢献とは、軍事によらず、こうした草 ...すべて表示すべて表示


ブログリンク

更新

ひろしまの英学

正月休み

あけましておめでとうございます。 昨年の仕事納めも,今年の仕事始めも,月曜日。ということで6連休の正月休みも今日が最終日。久しぶりに,時間に追われない...

開国後の日本-英学史・英語教育史・娯楽移入

刺激を受けた学会全国大会

「六合叢談」に悪戦苦闘している内に、大阪四天王寺大学で行われた日本英語教育史学会第29回全国大会から早くも2週間以上経ってしまいました。 最近...

Paulのブログ−言語による世界の平和を求めて

応用言語学-その3-

DOING APPLIED LINGUISTICS : A GUIDE FOR STUDENTS (Nicholas Groom and Jea...

未登録です


.


みんなの更新記事