希望の英語教育へ(江利川研究室ブログ)

歴史をふまえ、英語教育の現在と未来を考える、和歌山大学江利川研究室のブログです。

英語教育

すべて表示

12.17東工大で「経済格差と英語教育」を講演

英語教育は、格差化の先兵の役割を担わされているのではないか。 TOEFL・TOEIC・英検など検定試験が整備された英語分野は、そうしたテストによる能力測定の 標準化 がしやすい。 もとより、テストによる評価は「能力」のごく一面にすぎないのだが、ひとたびスコアが出れば、一人歩きを始め、絶対視される。 「彼女は730点、彼は363点・・・・」 「A校は英検3級合格率22%、B校は13%・・・」 こうして、「能力」の 数値化 が意図的に進められる。 この数値が、巨大な権力を振るうようになる。 数値による、都道府県、学校、生徒の 序列化 が進められるからである。 国際レベルでは、OECDの悪しきPISAテストによる数値化と序列化。 結果に一喜一憂し、学校現場にハッパを掛ける政府すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

新学習指導要領で注目されるアクティブ・ラーニング。 その中でも、最も深い学びをもたらすのが協同学習です。 とはいえ、教師主導による講義解説型の授業に慣れ親しんてきた人にとって、協同学習への転換は容易ではありません。 ですから、教員養成段階での教科教育法の授業などで、協同学習の理論と実践法をしっかり教える必要があります。 でも実 ...すべて表示すべて表示

11月23日(水)は勤労感謝の日ですが、和歌山大学で午前と午後に2つの研究会があります。 午前10時から新英語教育研究会和歌山支部の例会、午後2時から和歌山英語教育研究会の例会です。 新英語教育研究会和歌山支部例会 日時 11月23日(水)10:00〜12:00 場所 和歌山大学教育学部人文棟410 英語教育合同研究室 内容 ...すべて表示すべて表示

日本英語教育史学会 第260回 研究例会のご案内  日  時: 2016年11月26日(土)14:00〜17:00 (※今回は第4土曜日の開催です。)  会  場: 東京電機大学 東京千住キャンパス(東京都足立区千住旭町5番) 2号館10階 21005教室(※前回7月例会の教室と異なります。ご注意ください。)  参 加 費 ...すべて表示すべて表示


ブログリンク

更新

ひろしまの英学

正月休み

あけましておめでとうございます。 昨年の仕事納めも,今年の仕事始めも,月曜日。ということで6連休の正月休みも今日が最終日。久しぶりに,時間に追われない...

開国後の日本-英学史・英語教育史・娯楽移入

刺激を受けた学会全国大会

「六合叢談」に悪戦苦闘している内に、大阪四天王寺大学で行われた日本英語教育史学会第29回全国大会から早くも2週間以上経ってしまいました。 最近...

Paulのブログ−言語による世界の平和を求めて

精神的に追い詰めれれています

8月12日に芸術家で最愛の妻を卵巣癌で亡くしました。今は入院中の義母(妻の母)の指示を受けながらの一人暮らしです。自由というわけでもなく、家事を手伝っ...

未登録です


.


みんなの更新記事