希望の英語教育へ(江利川研究室ブログ)

歴史をふまえ、英語教育の現在と未来を考える、和歌山大学江利川研究室のブログです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全233ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2017年2月に公表された次期学習指導要領案は、小中学校の外国語教育に関しても、きわめて危険な内容が含まれています。

これに対して、ぜひパブリック・コメントで批判し、修正を求めましょう。

送ったパブコメは公的に記録され、開示請求も可能です。

「どうせ無駄」などと言わず、意見を送りましょう。沈黙は加担です。

締切が3月15日(水)に迫っています。

すぐ行動を起こしましょう。

ネットからは、以下にアクセスして下さい。(鳥飼玖美子さん情報によれば、文科省はわざとアクセスしにくくしているようです。)

「学校教育法施行規則の一部を改正する省令案並びに幼稚園教育要領,小学校学習指導要
領案及び中学校学習指導要領案に対する意見公募手続(パブリック・コメント)の実施
について」


ネットでは2000字以内です。

参考までに、私の意見を述べます。

次期学習指導要領案(外国語)に対する意見

小学校・中学校の外国語教育方針に対して、3つの疑問があります。

1. 小学校外国語活動の中学年実施と高学年での教科化は撤回すべきです

(1)入門期の外国語指導には高度な力量が要求されますが、小学校教員の英語免許所持率は5%、英検準1級以上の所持率は0.8%にすぎません。実施には本格的な研修が必要ですが、その体制が整っていません。小3以上の担任は約14万4千人ですが、国が研修を課す英語教育推進リーダーは平成30年度までに約1千人だけで、推進リーダーから指導を受ける中核教員は31年度までに約2万人(各校に1人程度)にすぎません。残り12万人以上はまともな研修も受けられずに外国語を担当させられるのです。これでは教員に重い負担を課すものの、教育の質は保障されません。英語嫌いや苦手意識を増やし、その後の学習への悪影響が強く懸念されます。

(2)教科としての外国語は週2コマに減らされ、しかも1コマ分は10〜15分の短時間学習等で埋め合わせようとしています。これでは学習効果が低い上に、教員の負担が著しく、小学校教育全体を疲弊させるでしょう。

(3)見切り発車で実施すれば、塾等で英語を習う子どもが一段と増え、学力格差が早期化するでしょう。中学入試への英語導入も過熱し、受験英語化も懸念されます。

(4)外国語の学習で大切なことは、早期に始めることではなく、指導内容の質と学習時間の量です。つまり、児童英語教育に熟達した教師が指導し、1500〜2000時間以上をかけない限り、有意な効果は期待できないのです(バトラー後藤裕子『英語学習は早いほど良いのか』2015)。
 英語教育の充実のためには、限られた予算と人員は中学・高校に向けるべきです。とりわけ、外国語教育には20人以下の少人数学級やIT機器などの整備が不可欠です。


2. 中学校の語彙の大幅増は無謀すぎます

 現在、中学生が各教科に対して「好き」と回答した割合は、英語が最低です(ベネッセ「第5回学習基本調査2015」)。にもかかわらず、改定案は中学校外国語の語彙(新語数)を現行1200語から1600〜1800語に引き上げ、小学校段階の600〜700語(これも無謀)を加えると合計2200〜2500語、つまり現行の1.8〜2.1倍に激増させようとしています。
 しかも、現在完了進行形や仮定法を中学校に下ろし、英語で授業を行うことを求めています(後述)。これでは、英語がわからない、嫌いという子どもを急増させかねません。中学生の現状を踏まえるならば、語彙や文法項目を現行以上に増やすべきではありません。


3. 中学校英語の「授業は英語で行うことを基本とする」は削除すべきです

 (1)この方針には学問的・実践的な根拠がありません。「英語で授業」は2013年度から高校で実施されましたが、この方針は中央教育審議会外国語専門部会の審議を経ていません。次期学習指導要領改訂に関する2016年12月の中教審答申では「高校生の多様性を踏まえ、外国語で授業を行うことを基本とすることが可能な科目を見直す必要がある」と指摘し、事実上、方針の誤りを認めました。にもかかわらず、中学校に下ろすのは支離滅裂です。
 現在の世界の外国語教育界では、母語の適度な活用は外国語学習に効果的であるとの知見が主流です(江利川・久保田「学習指導要領の『授業は英語で』は何が問題か」『英語教育』2014年9月号)。
 子どもの概念形成や思考力と感性を豊かにする上で、母語の鍛錬と再認識は欠かせません。そのために、日英比較や、和訳を含めた日本語の適切な活用を推奨すべきです。

 (2)教師の裁量権に対する不当な介入です。英語と日本語をどう使い分けるかは指導内容や生徒の特性などによって慎重に見極める必要があります。国が学習指導要領で「英語で授業」と定めてしまうことは、教師の裁量範囲を狭め、実態に応じた柔軟な授業運営を阻害しかねません。学習指導要領で使用言語まで拘束することは1976年の最高裁「旭川学テ判決」に反しています。国が行うべきは、教師に最大限の裁量権を与え、予算的・人的な条件整備を行うことです。

 (3)戦前の失敗から学んでいません。1922年に来日したハロルド・パーマーは、英語で教えるオーラル・メソッドの普及に奮闘しましたが、軌道に乗りませんでした。こうしてパーマーは1927年に自説を修正し、日本語の使用を認めるようになったのです。

 見切り発車の小学校英語の早期化・教科化、中学での「英語で授業」と語彙の大幅増は、英語嫌いと苦手意識を加速させるでしょう。こうした無謀な方針を盛り込むべきではありません。
 よろしくご検討をお願いいたします。
(1955文字)

【3月10日追記】

「こうしてパーマーは1927年に自説を修正し、日本語の使用を認めるようになったのです。」という表現は誤解を招きそうなので、補足説明します。

2000字以内という制約のため、文章を極端に圧縮したのですが、より正確には次のようになります。

「こうしてパーマーは1927年に自説を修正し、日本では読書力の養成に主眼を置くべきであることを理解しました。その後のパーマー理論は、英文和訳などの日本語の使用を認める「福島プラン」(1933)などの現実的な実践を通じて、ようやく日本の英語教育界に受け入れられるようなったのです。」

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2月20日(月)、ゼミの学生・院生と共に、和歌山県有田市立宮原小学校を訪問しました。
本年度3度目です。

見学させていただいたのは1年生の算数。

協同的な教育実践において、藤井英之校長率いる宮原小学校は全国でもトップレベルに達していることを再確認しました。

まさに、驚きの授業でした。

これまで協同学習は困難だと言われていた小学校1年生ですが、児童同士が深くかかわり合い、さりげないケアをしながら、仲間と共に学び合い成長していく姿に強く感動しました。

イメージ 1


とりわけ、私が観察の中心に置いたA君は特別な支援が必要と思われる子でしたが、教師からの働きかけはごく短時間の1回のみでした。

それ以外のほとんどの時間では、周囲の子どもたちが自然体で接し、かかわり合っていました。

それこそが、A君への「特別ではない支援」になっていました。

最後の確認テストでA君が満点を取り、先生から大きな○をもらったときの嬉しそうな、自信に満ちた表情が忘れられません。

宮原小学校では教室に教師のいる授業と、いない自習の授業での確認テストの成績がほぼ同等か、むしろ教師のいない授業の点数が高いと伺いました。

このことは何を意味するでしょう。

授業とは教師が教えるもの、授けるものという積年の固定概念を打ち破る必要性を痛感しています。

というか、すでに実践によって打ち破られているのです。

教師の役割とは、学びのコーディネーターに徹し、いかに子どもの主体性を引き出すか、内的動機付けを高めるかに基軸を置くべきであることを、宮原小学校を見学するたびに強く思います。

そうなると、私たちのような大学での教員養成の責任は重大です。

今後、どれだけ協同的な学びをコーディネートできる教員を大学で育成できるかが、火急の課題として問われています。

また、教育行政も、このような素晴らしい実践を展開されている宮原小学校からもっと学び、授業・学校改革のモデルとして、その実践的な知見を各校に広げるべきだと思いました。

文科省の国立教育政策研究所の関係者や県外からの来訪者が多いのに比べて、行政の対応の鈍さに寂しさと危機感を感じます。

この3月には藤井校長が退職され、また多くの教職員の異動もあるように伺っています。

異動は一般に授業・学校改革の大きな障害にもなります。

これまで培ってこられた実践経験と知見を来年度以降もぜひ継承し、また異動先の学校での授業改革に活かして頂きたいと切に願っています。

そのために、及ばずながら今後とも協力できれば幸いです。

というか、今後も同校の卓越した実践から多くを学び取りたいです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2016年度第5回和歌山英語教育研究会

標記研究会は、和歌山大学江利川ゼミとの共催で、若い大学院生による英語教育関係の修士論文(構想を含む)に関する発表をもとに討論します。関心のある方ならどなたでもご参加いただけます。
ぜひ、ご参加くださいますようお願い申しあげます。

日時:2017年2月10日(金)18:00-20:00(受付開始17:45)

場所:和歌山大学教育学部講義棟 L105教室(〒640-8441和歌山市栄谷930電話050-5849-5648)


イメージ 1

内容:

1.池田恵(和歌山大学大学院教育学研究科修士課程2年)
英語検定試験による数値目標設定の影響と妥当性:2000年代以降の中等教育政策に焦点を当てて

2.高田 悠(大阪大学大学院人間科学研究科修士課程2年)
高等学校における「英語の授業は英語で」に関する教育心理学的検討

3.上野 舞斗(和歌山大学大学院修士課程1年)
明治・大正期の「独案内」に見られる英語音声カナ表記

4.松岡 翼(和歌山大学大学院教育学研究科修士課程1年)
戦後日本における英語学習の開始時期に関する言説研究

---
資料代:一般300円・学生200円(会員無料)

メーリングリスト:件名「WASETのML登録」、本文に「登録アドレス(複数可)とご氏名」をご記入し下記の問合先までご送信いただくか、受付でアドレスをご記入いただきますと毎回ご案内をお送りします。

ホームページ:http://www.nnc.or.jp/~waset/

※当日のご感想も問合先までお送りください。情報管理に十分注意を払いホームページでご紹介させていただきます。

問合先:waset2[@]gmail.com

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

1月28日には和歌山大学で、英語教育達人セミナー+和歌山英語教育研究会のジョイントによる、上本晋之先生(大阪)と胡子美由紀先生(広島)による講演・ワークショップが開催されました。

全国屈指の実践家お二人をお招きしての、なんという贅沢な時間。

まさに想像を超える体験でした。

お二人とも、協同学習を授業の核にしています。

その協同学習に関しては、ゼミでもずっと学び続けてきました。

とりわけ今年度の後期は、胡子美由紀先生の授業実践をビデオ、御著書から学ぶことに全力をあげてきました。

なので、学生たちは「本物の」胡子先生のレクチャーを受講できて、感激もひとしおだったようです。

上本先生は和歌山大学ご出身で、学生たちには先輩でもあります。

ご定年を前に、まさに到達点を示された至高の授業実践でした。

遅くなりましたが、この間のゼミ活動の一端は以下を参照にしてください。

イメージ 1


イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2017年冬以降の講演・学校訪問・研究会の予定


備忘録を兼ねて、私が関係する主な講演・学校訪問・研究会の予定を書いておきます。

詳細が不確定のものもありますので、順次更新予定です。

1月25日(水) 兵庫県立川西明峰高等学校教員研修会
講演とワークショップ「主体的・対話的に深く学ぶ<寝かさない>授業づくり」


1月28日(土)9:30〜16:40
英語教育・達人セミナー + 和英研 in 和歌山のお知らせ
場所:和歌山大学観光学部T-101教室(観光学部棟正面の階段教室)
10:00〜12:30 講座1
講師:上本晋之先生(四條畷市立四條畷西中学校)
タイトル:「英語授業のツボ」
14:00〜16:30 講座2
講師:胡子美由紀先生(広島市立井口中学校)
タイトル:「協同学習によるアクティブな学びで生徒のコミュニケーション力を育成する授業づくり」
詳細は http://blogs.yahoo.co.jp/gibson_erich_man/37834218.html


2月1日(水) 愛知県高等学校英語教育研究会
場所:愛知県立千種高校東館LL教室
講演・ワークショップ 13:40〜15:45
「アクティブ・ラーニングによる協同的な英語授業づくり」


2月4日(土) みえ教育ネットワーク
場所:三重県津市河芸町浜田 河芸公民館 
講演:10時30分より12時まで「協同と平等で一人も見捨てない教育〜大問題! 小学校に英語教育だって!?」 
ワークショップ:13時45分から16時15分「アクティブラーニングを取り入れた協同的な授業のつくり方」
*午前が講演、午後がワークショップという珍しい企画です。
http://d.hatena.ne.jp/mie_net/touch/searchdiary?word=*%5B%BA%C5%A4%B7%A4%E2%A4%CE%A1%CA%BC%E7%BA%C5%A1%A7%A4%DF%A4%A8%A5%CD%A5%C3%A5%C8%A1%CB%5D

イメージ 2

2月7日(火) 岸和田市立久米田中学校 研究授業・研究検討会
・研究授業(13:25〜14:15)*1年生全クラスによる授業。
・校内研究討議会:図書室(14:40〜15:10)
・江利川による指導助言・講義:多目的室(15:20〜16:40)


2月11日(土) 管理職組合勉強会
講演「英語教育政策の問題点 vs.協同学習による豊かな学び」


2月13日(月) 大阪府熊取町立熊取中学校 授業検討会
14:40〜15:30 研究授業 社会「海をこえてせまる元寇」
15:50〜17:20 授業検討会


2月15日(水) 大阪府熊取町立熊取南中学校教員研修会
14:35〜15:25 公開授業 英語1年2組 (3階)
15:45〜17:00 研修会(会議室 1階)


2月18日(土) 島根県雲南市 2016冬の学びin 雲南・飯石&ま鍋の会
場所:チェリヴァホール大会議室
13:00〜16:00 講演・ワークショップ「アクティブ・ラーニング」ってどうすればいいの?」

イメージ 1

2月20日(日) 和歌山県有田市立宮原小学校 OTJ研修会
5限目 研究授業
指導講評等


2月21日(火)・22日(水) 出来成訓先生追悼・英語教育史集中講座
場所:和歌山大学教育学部英語合同研究室(人文410)
21日 10:00〜17:00 出来成訓著『英語教育史考』(東京法令出版、1994)を精読する。
22日 10:00〜17:00 江利川春雄による日本英語教育史集中講義
*どなたでもご参加いただけます。(無料)


3月4日(土) 大学英語教育学会(JACET)中部支部定例研究会
場所:名城大学ナゴヤドーム前キャンパス
16:10〜17:40 講演「英語教育史から学ぶ:文法訳読方式からアクティブ・ラーニングまで」
http://www.jacet-chubu.org/reikai.html


3月9日(木) 「民主教育をすすめる和歌山県民連合」(教育連合)
18:00受付 18:30開会 (終了は20時予定)
内容 講演「新学習指導要領の英語教育方針を乗り超えるために」
講師 江利川春雄 和歌山大学教育学部教授
場所 プラザホープ2階多目的室
講演時間 60分程度 その後質疑


3月11日(土) 関西大学外国語教育学会
場所:関西大学千里山キャンパス 岩崎記念館 4階(401)
1:30 開会
1:35 実践報告1 韓国語
2:05 実践報告2 中国語
2:40 休憩
2:55 講演・ワークショップ「協同学習によるアクティブな外国語授業づくり」(江利川 春雄)
4:35 閉会

講演要旨:
 教師主導のチョーク&トークによる受動的な授業から、学習者同士が協同しながら(collaborative)、主体的かつ能動的(active)に学ぶ協同学習へ。知識基盤社会への移行の下で、いま日本の学校の授業が大転換期を迎えています。
 講演では協同学習の基本的な考え方と各地での実践の様子を紹介し、ワークショップでは外国語授業で使える様々なアクティビティーを体験していただきます。「授業とはこうあるべき」という過去の呪縛から解放されると、まったく新しい世界が拓けます。学生と教師をハッピーにする協同学習の世界へ、一歩踏み出してみませんか。


3月18日(土) 日本英語教育史学会第262回研究例会
場所:真宗教化センターしんらん交流館会議室E
14:00〜17:00
<研究発表>
惟任泰裕氏(神戸大学大学院)「旧制実業専門学校の英語入学試験問題」
<自著を語る>
中村捷氏(東北大学名誉教授)「古きをたずね、新しきを知る:中村捷編著『名著で学ぶ これからの英語教育と教授法』を素材に」
http://hiset.jp/


3月23日(木) 先コウ花火 with Friends 卒業ライブパーティー
場所:和歌山市土入のスタジオアイ
時間:未定


4月2日(日) 英語教育政策の問題点を学ぶ会
場所 エル大阪南
13:30〜16:30 講演「英語教育政策の問題点について」(仮題)

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

全233ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事