全体表示

[ リスト ]

昨日の続き。
 
10年来憧れていたかどうかは別にして、遂にこのドームの中に入った。この緑のドームは、National Science Center(国立科学博物館)だ。外から見る分には、それほど大きな建物に見えない。しかし、中に入ると、意外や意外。なかなか広々とした空間だ。天井が高いからそう思うだけか。
 
恐竜展はなかなか見ごたえがあった。常設されている、その他の科学コーナーは、何処の国にもありがちな、あまり目新しさのないものだった。
 
イメージ 1
当然のごとく、館内はエアコンが効いている。しかし、天井から差し込む日差しがきつく、また温室効果で、少し暑い。南国にこのての天井はどうかな?といっても、日本の夏のデパートより涼しいよ。
 
イメージ 2
恐竜自体は、迫力満点。ぎこちなく動いたりもする。声?も聞ける。しかし、恐竜の周りに、子供の遊戯施設があるので、迫力半減。
 
イメージ 3
恐竜がどれくらい大きいか、人間と対比するとお分かりいただけると思う。こんな生き物が、地球上に存在していたとは、にわかに信じがたい。でも、本当にいたのだね。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事