ここから本文です
にらのブログ
集団ストーカー、テクノロジ−犯罪の被害者です。 この犯罪を 多くの人達に 知ってほしいと願います。

書庫全体表示

  明けまして おめでとうございます。
  今年も宜しく お願い致します。
 
 2016年の1発目になりますが、今年も集団ストーカー犯罪、
テクノロジ−犯罪の撲滅の為 ご理解と ご協力をお願い致します。
去年の暮れのニュースですが、兵庫県が大きく変わろうとしています。

* 神戸新聞NEXT12月19日「嫌がらせ」規制対象に 県警、条例改正へ意見公募
  
 
* 読売新聞12月21日 恋愛感情なくても…つきまとい禁止、条例改正へ
 
インターネットで報じられていたニュースからですが、内容は同じ内容です。兵庫県の兵庫県警は、現行のストーカー規制法(恋愛感情のトラブルによるものに限定した規制法)を県迷惑防止条例を改正して、恋愛感情を伴わない嫌がらせ、ストーカー行為も規制対象にするという条例改正に向けての意見を募集する。というもの。
 
           転載 読売新聞

兵庫県警は、県迷惑防止条例を改正して、恋愛感情を伴わないつきまとい行為についても規制する方針を決めた。

 ストーカー規制法で対象外の、無料通話アプリ「LINE」やツイッターなどソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)での執拗 ( しつよう )なメッセージ送信などにも対応する。21日から条例改正案への意見公募(パブリック・コメント)を実施して反映させ、来年2月の県議会への提出を目指す。

 改正案では、つきまといや待ち伏せなどの嫌がらせ行為についても、恋愛感情の有無にかかわらず禁止。近隣トラブルなどにも適用する。また、スマートフォンの普及による被害の深刻化を踏まえて、駅や公園など公共の場所に加え、浴場や更衣室での盗撮やのぞき行為そのものを摘発対象とする。これまではこれらの行為は軽犯罪法違反などを適用してきたが、罰則を重くして取り締まりを強化する狙いがある。

 公募は、来年1月12日まで。賛否などの意見に加え、住所や氏名、電話番号を記入し、県警本部の「迷惑防止条例改正プロジェクトチーム」にファクス(078・351・7844)やメール(pub.comme@police.pref.hyogo.lg.jp)などで。問い合わせは県警(078・341・7441)へ。

             転載終わり

兵庫県警では、この迷惑防止条例改正ですが 実は2013年に1度、取り上げられた事があるのですが その時は流れてしまっています。今回は2度目、この様な迷惑防止条例改正が 再び取り上げられるという事は 近隣トラブルによる嫌がらせ、恋愛感情が無いストーカー行為等の警察への相談が兵庫県は多いのだと思います。

今回の兵庫県警の条例改正は、まだ意見募集の段階です。兵庫県警では1月12日まで 電子メール、ファクス、郵送で意見募集しています。

近隣トラブルによる嫌がらせ、恋愛感情が無いストーカー行為等は騒音おばさん事件等、大きな事件に発展する恐れもあります。
各都道府県で この様な条例改正するべきだと思います。

                          和楽器バンド 千本桜


      今年も自分の目標を決めたいと思います。
 
今年も周知活動に関してですが、静岡市周辺の周知仲間を作ろうと思います。 自分に問題があるのですが、周知活動しようとするとテクノロジ−犯罪の被害が酷く 現状では思ったように活動できない状況。 当分の間は1人での活動になると思いますが、今年中に何とか仲間を増やして周知効果をUPさせたいと思っています。
 
    こんな感じで 頑張っていこうと思います。
 
    今年も宜しくお願い致します。     にら


この記事に

  • こんばんわ(゚o゚;;

    条例改正なんですね。

    本年も、応援します。

    頑張って、悪をやっつけましょう。

    [ han ]

    2016/1/2(土) 午後 8:33

    返信する
  • hanさん、こんばんは。コメント有難うございます。

    まだ決まってはいませんが兵庫県で動きがありました。

    今年も頑張ってやっていこうと思います。

    [ にら ]

    2016/1/3(日) 午前 1:19

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事