ここから本文です
洞戸なんでもあり・・情報
日本のど真ん中 岐阜の山中から情報を発信中 !

書庫全体表示

お焚き上げ

お焚き上げ



イメージ 1

 先日、私の檀家寺では、永代供養等で安置してあった古いお位牌を

供養し、お焚き上げをする行事が行われました。

 
 本堂が傷み、この春に大規模な修繕工事が始まるため、本堂内を

整理するための意味合いもあってのことで、供養されたお位牌は約

400 ほど、そこに刻まれている 戒名は800人以上 あり、古いも

のは、 文化、文政時代 にまで遡り、今から約二百数十年前のお位牌

も沢山ありました。

 
  
イメージ 2 

イメージ 3 

 
 供養する全員の戒名を読み上げるだけで約一時間ほどかかりまし

たが、二人の和尚さんの丁重な読経の中で供養されました。


 この寺院は、江戸時代  明和4年(1767)と安永7年(1778)

の僅か9年の間に 2回も火災 に見舞われ、灰燼に帰しています。


 その火災が無ければ、もっと古いお位牌が沢山残されていたのかも

知れませんね。
 

イメージ 4 

 境内に設置されたドラム缶の炎の中に、お位牌を入れていく作業も

数が多いためなかなか大変で、約一時間半ほど費やしてお焚き上げを

させていただきました。


 最近は、自分のお墓も建てない人も多くなっていますが、遺骨だけは

どこかに預かってほしいとの要望もあり、今後は、永代供養等の専用合

葬墓の整備が急がれるようですね。


 

 

■場 所:岐阜県関市洞戸菅谷 長泉山保福寺(臨済宗妙心寺派)

この記事に

  • 自分の偏見かもしれませんが檀家制度などここ30年(特にオウム以降)くらいで日本の寺社とのかかわり方が変わったような気がします。
    「個人、自分」という色合いが強くなり生前葬、終活など象徴してるような気がします。
    SNSの発達で現実に会ったことない人同士でも顔見知り、つながりという一方で
    リアルに会う、つながることは煩わしいと感じたりと、どこか不全感の中で現代人って生きてる部分があるとも思います。
    記事を拝見していてそんな事を想像しました。

    g2lens★赤影

    2017/1/29(日) 午後 8:07

    返信する
  • 顔アイコン

    そうですか。古い歴史が刻まれていたのですね。
    今どきですから、パソコンに記録でも残すのでしょうか。

    ナイス!

    houzan

    2017/1/29(日) 午後 9:30

    返信する
  • 顔アイコン

    なかなか立派なお寺ですね。こうしてきちんと供養してもらえてここに収められているご先祖様も満足していることと思います。
    ナイス

    トミさん

    2017/1/30(月) 午後 0:01

    返信する
  • 顔アイコン

    お炊き上げ久しぶりお聞きしました ねんごろに供養してくださいね ナイス。

    [ 雄明丸 ]

    2017/1/30(月) 午後 6:52

    返信する
  • > g2lens★赤影さん

    個人主義いうか、「気づき」があまりにも無さすぎる
    大人が多すぎますね。
    人は、一人では生きていけないことぐらい知っているはずなのですが、気づいていないのですね、きっと!

    先ずは、そのあたりから認識を変えていかないと。

    お寺さんも、葬式屋に成り下がらないで、多くの人が集って、住職になんでも話や、相談が出来る、人の心を支えてくれる場所になって欲しいものです。

    got*t*711

    2017/1/30(月) 午後 10:59

    返信する
  • > houzanさん

    そうですね、今回お焚き上げさせてもらった方々の戒名は、データで残していくのだと思います。

    got*t*711

    2017/1/30(月) 午後 11:01

    返信する
  • > トミさんさん

    こうやって、供養として古い位牌を整理していくことも大切だと思います。 時代に対応した寺の運営を考えていくことも必要なのでしょうね。

    got*t*711

    2017/1/31(火) 午後 11:25

    返信する
  • > 雄明丸さん

    ナイス、ありがとうございます。

    200年からの歴史ある仏さんの供養をさせていただきました。

    got*t*711

    2017/1/31(火) 午後 11:27

    返信する
  • 顔アイコン

    文化文政時代からのお位牌を、今日まで守り続けて来たのですね。すごい数ですね。
    お位牌のお焚き上げも初めて目にします。

    sero

    2017/2/1(水) 午後 9:39

    返信する
  • > seroさん

    この寺院、江戸時代中期、臨済宗の中興の祖とされる白隠禅師が修行に訪れていた寺で、沢山の宝物もあったとの記録はあるのですが、何故か今はなんにもありません!?
    残ったのは、古いお位牌だけと言うわけです。

    got*t*711

    2017/2/1(水) 午後 11:06

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事