ここから本文です
ギフテッド・LD発達援助センター
認知的のアンバランスの強い子どもたちの臨床研究と発達援助

「えーい」と残務整理をして大阪遠征のスライドに取り掛かった。 今回は,前段でそれとなぜ2 E ではなく Gifted なのか?2 E では凸凹を持つ Gifted を全てカバーしきれるのか?2 E は発達障害が併存しているので、特別支援教育の対象となるのだが。 Gifted は発達障害が並存していないから特別支援教育の対象とならない。 Gifted と 2E は欧米では両者とも特別なニーズのある子どもとして支援されている。でも日本では・・・ここのニーズにあった教育が担保されない。では, 2E を使えとなるのか。高い知的能力を持っていながら凸凹と困り感を持っている子どもに対してどのように向きあってきたのか。 講談では,自分がどのように凸凹のある子どもたちと関わり続けてきたかを皆さすべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事