モッシュのオジサン日和

諸行無常。諸法無我。涅槃寂静。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全269ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

美味しいの幸せ♬

2016年5月17日 (火)



相変わらずの
夜分遅くに失礼致します。



ゴールデンウイークが明けて
予想通り・・・お店は苦戦しています。( ;´Д`)

同業の友人、知人のお店もかなり大変だという話を聞いていますので、
当店のシェフのテンションはかなり下がり気味ではありますが
止まない雨はありませんから・・・、
何とか元気を取り戻していただきたいと思いながら
無駄にシェフに話しかけ続ける
迷惑極まりないオジサンモッシュです!!

この文章の流れ感、久しぶりですね〜!
*\(^o^)/*




最近は
食べ物を大事に頂くということに
毎日の中で
重きを置いております。

自分で作る料理は食べることはありませんが、
ご飯を炊いて納豆やたまごと一緒に食べたり・・・くらいはします笑。

賄いも、
お店が暇な日や、シェフが大変そうな日は申し訳ないので遠慮して
程々お客様の来店があった日に
大切にいただきます。



そうして過ごしていると
お料理をいただく事に対しての考え方、感じ方が変わって来て
最近は本当に
有難く思う様になりました。



先日いただいた
賄いのアサリのリゾットが
感動的な美味しさで・・・
あまりにも美味しくて、お腹いっぱいになり過ぎて
次の日も食事が要らないくらいでした笑!!



写真におさめましたが、
不審がられながら?笑
撮影する私を見ていたシェフに
(何気に賄いの写真撮影は初でした笑)、
SNSへのアップはしませんと約束しましたので
約束は守ります。

めっちゃ美味しかったですし、
写真も
めっちゃ美味しさを伝える出来でしたよ〜♬。
*\(^o^)/*




美味しい、は
めっちゃ元気出ますよね!!

幸せになりますよね!!✨




その写真をアップしたいところではありますが、
出来ないので
またまた懐かしい発掘写真を・・・。

何年前か?
6年くらい??
母と私です。

私は原型をとどめていない程に劣化していますが、
母が今現在とあまり変わっていないのが驚きです!!
( ゚д゚)

素晴らしい〜!!!


イメージ 1

この記事に

開く コメント(2)

2016年4月30日(土)


日付けが変わり、
無事に一つ歳を重ねる事が出来ました!


いつも自分が何歳になったのか
分かりませんが、
多分 36歳か37歳か38歳です。
( ゚д゚)


今日まで生きて来られた事、
関わりを持っていただいた
たくさんの皆さんに
感謝いたします。



私の希望?
夢?
は、変わらず
早くおばあちゃんになることです。
願わくば健康体で、
お金を貯めて、
小さな居酒屋さんをやることが出来たらなあと。


大切な友達や、知人に
美味しく
安全な食事を
日常的に用意出来たら
幸せだなあ。


欲張りです。



イメージ 1





日付けが変わった今日は相変わらず、
夜は仕事場なのですが

独りでも
ちらっと何処かに行きたいなー!



富裕層でしたら
間違いなく豪遊!!ですね!!!

しかし
そうはいきませんので
大人しく・・・
地味に何とか・・・笑。




あ、
( ゚д゚)

たった今
元同僚から
お誕生日祝いのメールが来ました。


この人、全然
連絡が来ないと思ったら笑。


薄情なのか、
情があるのか、
謎ですね笑。



私は
親友や恋人のお誕生日すら覚えられないので、
ちゃんと覚えている人は
本当にマメ?だなあと
びっくりします。

ここ何年かで
家族のお誕生日は
やっと覚えました・・・笑。

実話



イメージ 2






昨日
仕事後に前祝い気分で、
スーパーでお刺身を買っちゃいました笑♬。

母と半分こです。(*^^*)

この記事に

開く コメント(7)

久しぶりに音楽!♬

2016年 4月10日 (日)


昨晩は、
特にミスも無く
無事に営業を終える事が出来ました。


お客様と真っ直ぐに話せると
非常に楽しいですね。

後は
シェフともっと真っ直ぐお話出来るように、
其処が私の課題です。




案の定
夜はなかなか眠れませんが、

眠れないなら寝なければ良い、
寝たくなるまで待てば良いと思うので笑、
音楽を聴いたり
本を読んだり。

母が起きない様に
かなりの小さな音量で音楽を聴くのは
なかなか大変です笑。



大好きなアーティストさんは様々で、

モーツァルト、
宇多田ヒカル、
シングライクトーキング、
アリーヤ、
ザ・ルーツ、
パフダディ、
ニトロマイクロフォンアンダーグラウンド、
ACO、
ヌジャベス、
ステファニークック、
ヘレンメリル、


などなど・・・。




今日は、
15歳くらいからよく聴いていた
アリーヤを
聴きなおしていました。

才ある方が早くに逝ってしまうとはよく言われる事で、
この方も若干22歳にして
不慮の事故で亡くなっています。



20年前はクラブでアリーヤさんの曲を聴かない日が無く、
スモーキンガレージや、青山ナイト等のダンスイベントでもお馴染みの曲ばかりでしたが

今は
アリーヤさんの曲がかかることはあるのかな・・・。
?? 👀



私も大分、
歳をとりましたね笑。(≧∇≦)




https://m.youtube.com/watch?v=NQj5i_9ZyWo




偏った趣味の記事で
申し訳ありません。




イメージ 1

この記事に

開く コメント(4)

2016年 4月9日 (土)



又しても、深夜にこんばんは。



昨晩は
勤め先でミスをしてしまい、
落ち込んでいました。

人とのやりとりがうまくいかなくなると、必ずミスが出るのが私の癖の様な物、
もう少し精神力を強くしていかないとなりませんね。


それでも昔に比べたら大分減りました・・・

たくさんの大変を経験しておくと、
後々 大変に慣れて来るのでしょうか・・・。
神様、ありがとうございます。




で、
本題ですが


イメージ 1




身体を壊したタイミングで
母と暮らし始めて1年半程が経ちました。

直ぐに都内に戻る予定でしたが
色んな事が未解決、
想定外の長期に渡る母との同居生活になっております。




生活を共にしますと
今まで見えなかった事がたくさん見えてきます。

何しろ
16歳から1人暮らし、
母とはずっと離れて生活していたものですから、
実に不思議な感覚です。




一緒に暮らし始めて
母が常に悩んでいたのは
高血圧と花粉症、体重の増加でした。




そんなに悩んでいるのであれば
何とかならないかなぁと
調べて調べて・・・

インターネットでの検索、
お医者さんの知人からの情報、
書籍からの知識、



手繰り寄せて、
自分の感覚で
そうだなぁと思う情報を信じて
食事療法とストレス軽減を一番に
取り組むことにしました。




最初は手探り、
容易ではありませんでしたが


食品添加物を極力避ける、
加工食品は生産工程がある程度見える物を選ぶ、
放射能汚染が少ない地域の農産物、加工食品を選ぶ、
塩分や糖分は極力控え、尚且つ旨味のある調理法を選ぶ、
アレルギー、血圧のコントロールに良いとされる食材を選ぶ、
発酵食品を積極的に取り入れる食生活を心がける・・・
等。




一年半程が経過した今、
母の症状はみるみる改善され

今シーズンは
花粉症の薬も、血圧の薬も
飲んでいません!



私も驚きました。



医食同源、

半信半疑でしたが
正にその通りなのかもしれません。




・・・とか何とか
語りつつ、
私自身は自分の料理を食べるのが好きではないので
インスタント食品ばかりの毎日・・・。

肌荒れや痒みも改善されません笑。



お料理好きな奥さんが欲しいなぁ〜!!。




イメージ 2






イメージ 3

この記事に

開く コメント(4)

アカデミー賞。 映画。

2016年 3月1日 (火)



いつも
文章の冒頭に日付けと曜日を記す様にしているのですが
なかなか出て来ないので、
自分の事ながら
出鼻をくじかれています。

だから何。笑




昨日は
アカデミー賞受賞式が行われましたね!

何度もノミネートされながら
アカデミー賞を受賞出来ずにいた、
レオナルド・ディカプリオさんに焦点が集まっていましたが
見事に主演男優賞に輝いたそうです。


レオナルド・ディカプリオさんといえば
“太陽と月に背いて”の
アルチュール・ランボオの役が
本当に
本当に、素晴らしくて。

詩人 アルチュール・ランボオが大好きな私は
会ったことも無いのに、
ランボオが生きている!!と
わくわくしながら
何度も、何度も観た作品。



今回、主演男優賞を受賞した作品は
“レヴェナント”。

此方も素晴らしい演技を観る事が出来るのでしょう。

公開が楽しみです!




アカデミー賞といえば、
過去に
賞を受賞されて
嬉しかったと感じた俳優さんが、
ニコラス・ケイジさん。

作品選びに色々言われている俳優さんですが、
この作品のニコラス・ケイジさんは
本当に素晴らしいと思いました。




イメージ 1





“ Leaving Las Vegas ”
(リービング ラスベガス)



初めて観た時に
沢山の衝撃を受けました。

私もこういう終焉を迎えるのかもしれないなと思いました。

( ゚д゚) 其処!!!



久しぶりに
観たいな、

思いました。



ふと思えば・・・もう、20年も経つ作品なのですね。




15歳の時に感銘を受けた作品ということになりますが、

その時の私は
何を考えて、
どんな観点でこの作品を観ていたのでしょうか・・・
わかりません笑。




ラスベガスという土地の
眩い光も魅力的、

夜が似合う風貌も魅力的、

スティングの音楽も魅力的。

主人公二人の
明日を考えない、
今一瞬を全力で生きる

その生き方もまた
魅力的。




私自身の根底が暗いことがばれない様に笑、
好きな映画や音楽の話は
日常生活における会話においては
伏せていますので、

ここでは小出しにしてしまいました・・・笑。




もうちょっと明るい記事を
書かなー!!笑

(≧∇≦)

この記事に

開く コメント(2)

全269ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事