焼き場に立つ少年

シェアです。
 
焼き場に立つ少年
大東亜戦争終戦後の1945(昭和20)年9月、アメリカ空爆調査団の公式カメラマンとして来日した故ジョー・オダネル氏が長崎で撮った写真。
唇を、これ以上かたく結べないという程にきつく結んだ少年。裸足で直立不動の少年とは対照的に、だらりと頭を垂れた赤ん坊は既に死亡している。
こんな幼い弟を荼毘に付さねばならない責任と無念さと悲しさとを小さな背に独りで背負い、弟を焼いてもらう順番を待っている少年の姿。
イメージ 1
 
この写真を撮影した、従軍カメラマン「ジョー・オダネル」は当時を次のように述べています。
「佐世保から長崎に入った私は、小高い丘の上から下を眺めていました。
10歳くらいの少年が歩いてくるのが目に留まりました。おんぶひもをたすきにかけて、幼子を背中にしょっています。
しかし、この少年の様子ははっきりと違っています。重大な目的を持ってこの焼き場にやってきたという強い意志が感じられました。
しかも足は裸足です。少年は焼き場のふちまでくると硬い表情で目を凝らして立ち尽くしています。
少年は焼き場のふちに、5分か10分も立っていたでしょうか。
白いマスクをした男たちがおもむろに近づき、ゆっくりとおんぶひもを解き始めました。
この時私は、背中の幼子がすでに死んでいることに初めて気づいたのです。
男たちは幼子の手と足を持つとゆっくりと葬るように、焼き場の熱い灰の上に横たえました。
まず幼い肉体が火に溶けるジューという音がしました。それからまばゆいほどの炎がさっと舞い上がりました。
真っ赤な夕日のような炎は、直立不動の少年のまだあどけない頬を赤く照らしました。
その時です、炎を食い入るように見つめる少年の唇に血がにじんでいるのに気がついたのは。
少年があまりにきつく噛みしめているため、唇の血は流れることなく、ただ少年の下唇に赤くにじんでいました。
夕日のような炎が静まると、少年はくるりときびすを返し、沈黙のまま焼き場を去っていきました。背筋が凍るような光景でした。

この記事に

値上がり?

quartzです。

寒い一日でした。
東北、北海道では降雪と。

今日、ドラッグストラにコンタクトレンズのケア用品を買いに行った時の事、お菓子や即席麺の値段が上がっているようです。
以前100円だったお菓子が148円、99円だった即席麺が128円……。

デパートの洋服売り場でも、このくらいの品質だったら7〜8000円くらいかなと思う商品が10000円。15000円かなと思うと20000円超……。

やはり、値上がりしているようです。

この記事に

開く コメント(0)

デジタル

quartzです。
 
ご無沙汰です。
今日一日かけてPCのデータをバックアップしました。
特に今年の仕事の成果をDVDにコピーしてHDDを空ける。
 
数年前まではMbで十分でしたが、今はGb。
つまりCDでは容量不足となりDVDのお世話になってしまいます。
ますますデータ量が多くなり、そのうち収拾つかなくなりそうな気配。
 
検索の問題もあるのですが……10年後も同じようにファイルが開けるか疑問です。
個人ですべて管理するのは無理。
どこかに預けるのが賢明かもしれません。
 
データの整理をしていて、ふと不安になってしまいました。
 

この記事に

開く コメント(2)

quartzです。

暑くも無く寒くも無く、程よい日照りと涼しい海風。
最高の天候でした。

新浦安駅から、ドコまでもドコまでも真っ直ぐなシンボルロード
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
を通り、海の手前の突き当たりの総合公園に着く。
 

海側の広場
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
で、地球の丸さを実感です。
海のない埼玉県に居るとこの大きさが堪りません。笑
三角形に見える海ホタルやアンカーレイジ(橋桁の両端にあるコンクリートのカタマリ)に向けて曲線を描きながら上って来るレインボーブリッジも見えます。

昼食後スウィーツが欲しくなり、ホテル1Fのローソン
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
で、贅沢にも夕張メロンのゼリーを購入。


やはり、潮風に吹かれながら、何も考えずにボーっと見る海は最高ですね。

この記事に

開く コメント(4)

ラーメン屋にて

quartzです。
 
ラーメン屋でラーメンを食べていた時にふと耳にした曲です。
♪今から夢を見たってでいいんじゃない?〜♪
♪笑われるくらいでちょうどいいんじゃない?〜♪
が、心に刺さりました。
 
私たちの時代はまだ従来の価値観、幸せのレールで生きてゆけました。
しかし、今の若者は私達の若い頃に比べ情報が多く、また価値観やレールが多数あり、その吟味と取捨選択を自分自身する必要があります。
しかも、親はたぶん従来の価値観で物を見るし、幸せのレールに乗れと願う。
だから、しっかりと自分を持っていないと混乱して自信をなくしてしまうでしょう。

「〜いいんじゃない」を頼りにネットで検索。
やっとたどり着きました。
GILL [Try Agin] です。

“Try Again Stories”のテーマ曲いや“Try Again Stories”を生み出した曲です。
“Try Again Stories”とは
GILLEの新曲「Try Again」の歌詞世界に共鳴・共感して頂いた様々な分野の方々に出演を依頼。その方々が夢に挑戦する姿を映像に収めたドキュメント・ミュージック・ビデオシリーズ
 
●第1弾 Try Again Stories 松田丈志編(水泳水泳五輪メダリスト)
http://www.youtube.com/watch?v=4tNmsiF__nw
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
・第2弾 Try Again Stories HIKAKIN編(YouTube界のカリスマ)
http://www.youtube.com/watch?v=nCVyq-GihPs
・第3弾 Try Again Stories 野沢トオル編(俳優・演出家)
http://www.youtube.com/watch?v=Mgo1_HaImYU
●第4弾 Try Again Stories Daichi編(ヒューマンビートボクサー)
http://www.youtube.com/watch?v=pagKyISDMi0
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
●第5弾 Try Again Stories奥仲麻琴(PASSPO☆)編 (アイドル/女優)
http://www.youtube.com/watch?v=COgafgrxaqw
イメージ 3
 
 
 
 
 

●第6弾 Try Again Stories 村主章枝編 (フィギュアスケーター)
http://www.youtube.com/watch?v=Ance7OoZc2o
イメージ 4
 
 
 
 
 

・第7弾 Try Again Stories芹那編 (タレント)
http://www.youtube.com/watch?v=o8t47BQIPsM
●第8弾 Try Again Storiesテリー伊藤編 (演出家)
http://www.youtube.com/watch?v=_cmhAAK2v8I
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
・第9弾 Try Again Stories GILLE編
・第10弾 Try Again Stories John-Hoon編 (歌手/俳優)
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
まだストーリーは続いていますから、ぜひ視聴してみて下さい。
若者の心が少しは分かるかも知れません。
 
●第9弾 Try Again Stories GILLE(本人)編です。
http://www.youtube.com/watch?v=r98_sNm_km0
イメージ 7

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事