ここから本文です
山がいい。林道がいい。
三連勤の小野豆。
これだけ通うと地元感さえ湧きます。

今回はブロ友の とよべぇさん が、「日曜日に小野豆へ行きます!」ってことでお付き合いしてきました。
昨年一度お会いしてるんですが、一緒に走るのは初めて。

たつの市のkinopomさんと、部下の安積も加わり4台で。
三週連続でも、仲間がいるとワクワク度がドンッと上がります。


先ずは広場で地味練を。




イメージ 1



とよべぇさん 上手い!
昨年オフロードを始めたとは思えないくらいお上手。
安定感が抜群です。

あっ、丸太はバージョンアップしとります。
kinopomさんが太い倒木を切って、重たいのに抱えて運んでくれはりました。
ホント 気が利くお方ですm(_ _)m


kinopomさんが倒木を切りに行ってる間
「あれ?kinopomさんは?」
『う○○ ちゃうかな』
なんて会話をしてたのは内緒です。

「う○○たれは あんたらや!」
と逆に言われそうですが、異議なし(爆)



若者たちは繰り返し練習し続け、やっぱり私らとは体力が違いますなぁ。
因みに とよべぇさんとは20歳の差です。
この歳になって、若者と一緒に遊べるなんて想像もしてなかった。
想像もしてなかった嬉しい事が、まだ他にも起こるやろか(((o(*゚▽゚*)o)))


低速旋回、丸太越え、フロントアップと流行りのメニューをこなし、そろそろお目当の激坂アタックへ。



イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4



単独じゃ指を咥えて眺めるしかない坂も、仲間がいると安心してアタックできます。



イメージ 5


イメージ 6



ちびくろサンボ コースで高速旋回の練習も。
バター化する前にイン側の足が逝きます。

此処はホンマ色んな練習が出来ますわ。
午後から移動も考えましたが、結局朝の8時半から夕方4時過ぎまでたっぷり遊べました。

えーっと、今週末は行きません。マジで(笑)


走行距離
サンバー 196km
KLX 36km

この記事に

開くトラックバック(0)

小野豆でコソ練 2017.3/4

朝6時に出発で二週続けての小野豆。
気が向けば四駆広場まで行くか…とも考えてたが、迷うことなく小野豆 着。
四駆広場は一人だとリスキーやしね。
それに小野豆の雰囲気が好きなんです。

8時に着いて準備してたら1台のSUVが林道へ入って行った。
リアハッチには剣スコが装備してあるし、山関係の業者か?と少し不安にもなったがとりあえず出発。



イメージ 1



先週と同じ広場で今回もコソ練です。
(入口から広場までの間にはSUVはおらんかったなぁ・・・)

先ずはフルロック低速旋回から。





イメージ 2



チョー地味(笑)
地味なのに疲れる。直ぐに左手が悲鳴をあげます。

少し休んで次はフロントアップの練習。




イメージ 3



何十回と繰り返しましたが、せいぜいここまで上がったのが4回だけ。
しかし左右にブレて転けそうになったのは一度もなかった。少しは上達したか(笑)


さて、休憩をしてるとバイクの音が聞こえてきた。
すると広場より奥から一台やって来られ、見ればカワサキやん。




イメージ 4



-KDX250-

しかしまてよ…私が来るより早くに此処を走っておられたのか?それにしては音も聞こえんかったし、もしかして奥部に秘密の入口が?

挨拶を交わしてその謎を聞いてみると
「さっきのクルマ(SUV)が私です」と。

あのクルマにKDXが載るんや!と私は早合点してしまいましたが、どう考えてもクロカンに載るワケないですわな(^^;
それに行き止まりの林道奥部までトランポで行って、バイク乗って戻って来る変わり者はおらんでしょ(笑)

聞けば2日前にKDXで此処を走られ、行き止まりの池(激坂)まで下りて、倒木もあり引き返せなくなったそう。
私もその池は下りたことありますが、かなりヤバめの傾斜です。
で、その日はバイクを放置し歩いて山を抜け、奥様に迎えに来てもらったそうですが、めっちゃ距離ありまっせ〜(・_・;
想像しただけでこっちが泣きそうになりました(汗)
ソロで山に入ると何が起こるか分からんので、ホンマ気をつけなきゃいけないです。

そして色々とお話しをしていて、ふと気付いた。
クルマはどうすんの?

KLX 初タンデムです。それもダート(笑)
人生初体験。めっちゃ怖かったですが「転ける時は一緒だよ」と当たり前のことを言いながらも無事にクルマの置き場所へ到達。
これも地味練の成果かもしれませんな。



イメージ 5




バイクもクルマも林道入口まで無事に戻りました。

このKDX250のお方は姫路の【ゆう】さん。
普段は一人で走っておられるようで、なんと私のブログや動画もご存知で、参考にして下さってるとのこと。
嬉し過ぎて泣ける T^T
連絡先を交換し、近々ご一緒することをお約束したのでありました。

さて、私は仕切り直しで練習再開です。



イメージ 7



が、速攻で飽きて林道の散策を(笑)




イメージ 6



初の支線ですがこんな雰囲気がたまらん。
草木が芽吹き始めるまでの林道が一番好きですわ。


二週連続でしたが、迷わず小野豆を選んで正解でした。
嬉しい出会いと、人生初のダートでタンデム。
山での出会いはホント素晴らしいです。


走行距離
サンバー 198km
KLX 21km

この記事に

開くトラックバック(0)

小野豆でコソ練 2017.2/25

先週日曜の遠征途中で発生した サンバーのオイルランプ点灯事件。
その後点灯してないってことからセンサーの故障と決めつけ、平日にセンサーを新品に交換し、土曜日にリベンジで上郡へと向かいました。

朝5時半出発。
3時には目覚めたので、夏場なら4時には出発出来まっせd( ̄  ̄)

今回はランプが点灯することもなく順調に上郡町小野豆へ。
下道で98km。7時半に着きました。

ここは民家が近いので早朝から走り回るのも気が引け、缶コーヒーを片手に先ずは付近の散策。

実は小野豆地区は平家伝説の地でもあり、平経盛(平清盛の弟)がこの地で自害したとも伝えられてます。




イメージ 1


-ジャンジャン穴-(復元モノ)
源氏から逃れこのような穴に身を隠してたとか。




イメージ 2


伝説はねぇ…あまりそそられない(笑)
後で調べたら鳥取の若桜にも平経盛が果てた地があるとの伝説が。
「経盛、経盛」と、あたかも知ってるように言うてますが、この時まで経盛さんを知りませんでした(汗)
伝説より史跡の方がいいですな。しかしこれも復元されたり補修されたモノは駄目。
手を加えられたモノには価値が見出せません。
原形を留めなくても朽ちるがままの方がいいですわ。


さて、散策を終えてバイクの準備を。



イメージ 3



1回目より2回目、2回目より3回目 と積み降ろしもスムーズになってきました。
ただ踏み台はちょっと失敗だったかな。踏ん張り過ぎると台ごとまくれそうになる。
長方形タイプの物の方ががよろしいかと(^^)



イメージ 4



サンバーとKLXの初ツーショット。

駐車場から目と鼻の先でダートが始まります。
フラット林道をスタンディングでゆっくり流しながら広場へ。



イメージ 5



今回はこの広場でコソ練。
8の字旋回の練習をやり始めたものの直ぐに飽きます。
地味練は苦手。
先ずは忍耐力を身に付けることから訓練せなあかんねぇ。

一服して丸太越えの練習を。



イメージ 6


アクションがある分少し続いたか(笑)

https://youtu.be/ktmuTVHlQ00


しかし練習ってのはなかなか続かないですわ。
とりあえず1時間は頑張ったんで、練習を切り上げこの先にある迷路林道の探索を。



イメージ 7



写真中央が広場で、上空からでは見えてない道もある。
今回も何本か新しい道を発見しましたが、ソロってこともあり深追いはしませんでした。

腹も減ったのでクルマに戻って昼飯です。



イメージ 8



ドアを閉めきって荷室にて。
寒さをしのげて具合いいです。
俺の自由な空間やぁ〜って嬉しくなりました ♪

KLXに乗ってる時も勿論楽しいんですが、相性がいいのかサンバーの運転も非常に楽しい。
なので帰ります(笑)

復路は戸倉経由で。



イメージ 9


-道谷地区-

まだまだ春遠しですな。


走行距離
KLX 20km
サンバー 204km

この記事に

開くトラックバック(0)

サンバーが納車されて10日経ちましたが、納車直後の連休は大雪にてトランポ化準備も出来ず。
しかし今年の雪は解けるんも速い。
我が家の青空駐車場もすっかり雪が消えたので、仕事終わりにKLX積載の練習を。




イメージ 1


採寸しての準備とイメトレの成果があったのか、一発目の積載はすんなりと。
しかし実際にやってみると色々と不具合も見えてきますな。




イメージ 2


リヤ開口部のこの丸みは計算外やった(^^;
前回記事にてフロントフォークを縮める練習をしてましたが、あれ以上に縮めないとこの丸みを通過出来ない。
それにお手軽価格のラチェットタイダウンでは、今以上縮めるのは難しい。
予想通り車内でのフォーク縮め作業には難儀しました。



そして土曜日。

イメージ 3


プロ用と書かれたタイダウンを購入し再チャレンジ。
巻き速度も速く、チカラも掛けやすい。
完璧!
も、気付けばタイダウン7本目・・・(笑)



イメージ 4



人間用の足場も購入しました。
耐荷重80kgのBOXを踏み台に。
ラダーが長ければエンジンを掛けずに手押しで積み込めます。
因みにコイツは2250mm。




イメージ 5


降ろす際に車内の段差をスムーズにバックするようスロープもあったほうがいいですな。ステン板の廃材で適当に作りました。
サンバーの床の段差は20cm弱あるので、狭い車内でスロープ無しでこの段差を越えるのはしんどいです。

そういえば車中泊を考えると、この床に細工してフラットにしないと横になれんなぁ。
「こんなとこじゃイヤっ!」って言われたくないですし。




イメージ 6



とりあえず完成。





明けての日曜日。

さぁ、出かけましょ。
朝6時に出発して、大屋経由で西播上郡町へ向けて出発。




イメージ 7


富土野峠には10cm以上の新雪が積もっていましたが、スノーランが楽しいねぇ。
わざと轍を外れて楽しみます。

ところが、機嫌良く運転していると視界に何やら気になる赤い灯が。


イメージ 8


油圧警告灯。
うーむ、これって点いたらヤバいんちゃうん?
しばらく走って路肩にクルマを停め、油圧警告灯について調べてみる。
なるほど、すっごくヤバい場合もあるみたいやね(−_−;)
しかしオイル漏れはしてないようだし、エンジンからの異音もない。
でもこのまま目的地へ向かうワケにもいかないんで、諦めてUターンして帰ります。
それも無謀やね。何の解決にもなってないし(笑)

恐る恐る走りますが、Uターンして20km程進んだあたりで、警告灯の赤い灯りが少しずつ暗くなってるように感じ、気のせいか?とも思いましたが、そのうち完全に消灯。

何事も起こらず帰宅し、バイクを降ろしてクルマ屋へ。
とりあえずあれからは点灯してないので様子をみましょう。ってことで、昨日の日中も走り回りましたが異常なし。
オイルラインが一時的に詰まったんかな…だとしてもオイルパンを外して、スラッジの掃除をせにゃならんね。

まぁ今週いっぱい通勤に使ってみて、異常なければ週末にリベンジで上郡へ向かってみよう。
次はどこまで行けるやろ?(笑)

結局バイクには乗れませんでしたが、マイカーにバイクを積んで走った3時間が妙に楽しい時間でございました。


サンバー走行距離 80km

この記事に

開くトラックバック(0)

念願のトランポ購入へ

念願であったトランポを、やっと購入です。

普通車のワンボックスカーが欲しいとこですが、遊び用のクルマに家計からの補助など1円たりとも出ません。
もちろん購入後の維持費も全て私の小遣いから。
そうなると黄色ナンバー限定になりますわね。
それにトランポとなれば、軽トラか軽箱バンの二択です。

積載時の効率や、泥まみれバイクのお持ち帰りを考えると軽トラに軍配があるんですが、装備・備品類を雨風から守り、また、遠征時には自炊しての車中泊なんかもやってみたい。
林道女子から『一夜の宿を!』と急にせがまれても、屋根付きだから対応出来ますわね。
そっかぁ、予備のシュラフも必要か。

しかしバンだとフルサイズトレールはすんなり乗らないようで・・・。

そんなこんなで悩んでいたところ、トランポ探しを頼んでたクルマ屋から『サンバーバンの下取り車が入りました』と連絡が。
伝えておいた予算を少しオーバーしてますが、軽トランポ最強と言われるスバル製サンバー(現行型はダイハツのOEM)なので、一晩考え購入を決断。




イメージ 2


2011年式サンバートランスポーター スーパーチャージャー

この面構え、ガンダムフェイスというらしいです。
ちょっと凹みはあるものの比較的キレイ。




イメージ 1


荷室の広さは文句なし。
リアシートを外せば、荷室前部の高さは1380mm。
KLXの畳んだミラーまでの高さが1280mm。
ただ開口部が1170mmしかないんで、積み下ろし時にはフロントサスを沈めて〜ってことになるんですが、試しにタイダウンで練習してみたところ、容易に出来ました。

イメージ 3


シートに跨って荷重をかけながらカチャカチャと。
しかし車内から降ろす時には、跨っての荷重掛けは出来ないんで、アイボルトと併用でカチャカチャすればいけるかな…。
そこらへんのことは実際にやってみてから、記事をアップしたいと思います。

で、積み込めばサスを解放してやる。
それでも天井まで10cm近くの隙間が残る計算。
このスペースが最強と言われる由縁なんでしょうね。




イメージ 4


5速MT セレクティブ4WD。
マニュアル車なんて運転するのは何十年ぶりやろ(笑)
渋滞にはハマりたくないですな。
坂道発進も不安やし(^^;




イメージ 5


スーパーチャージャーだから峠道も元気に登ってくれるでしょう。




イメージ 6


ラダーレールも準備完了。
タイダウン追加にアイボルトも購入し、木曜日の納車を待つばかりです。

これでトライアルバイクも射程圏内に入りましたがな d( ̄  ̄)
先立つものがないですが、夢が膨らみますわ(笑)

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事