貧乏クジ世代

偶然に就職超氷河期に卒業した、というだけで・・・

みたまま・きいたまま

すべて表示

名ばかり管理職問題で 厚労省が通達

労基法41条に規定する「管理監督者」の拡大解釈の横行、いわゆる「名ばかり管理職」問題について厚生労働省が5日までに通達を出した。通達とは役所の上部組織から下部組織への指令であり、このケースでは、厚生労働省から各都道府県の労働局宛にだされたものになる。この通達の意図として報道されているのは「管理監督者」の要件を企業に周知・指導を強化するよう促し、「管理職の名が付けばすべて管理監督者になるわけではない。法の趣旨を徹底させたい」ということ。 ちなみに、管理監督者とは、(1)労務管理について経営者と一体的な立場にある(2)時間規制を超えて働くことが要請される重要な職務と権限を有するなどの判断基準が挙げられている。もう少し具体的に言えば、経営陣に与するからにはそれなりの報酬を受けていて、出勤簿によって日々の勤務や労働時間の管理がされていない立場にすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

賃金不払残業解消キャンペーン

2007/10/31(水) 午前 10:30

例年、11月は厚生労働省が労働関連のキャンペーンをはる時期になっている。恒例なのは労働保険の適用促進強化なのだが、今年は不払い残業も取り上げている点が大きく違う。 最近は監督署も多少はヤル気が出てきたようで、隣接する監督署が合同で長時間 ...すべて表示すべて表示

これからの法改正

2006/12/19(火) 午前 10:46

<男女雇用機会均等法>(4月から) ―仍紺藥に関する退職強要・勧奨について。 妊娠中・産後1年以内の者についての解雇は、その事由が妊娠・出産等を理由としない旨の証明書がなければ無効とされる。 ▲札シュアルハラスメントや直接・ ...すべて表示すべて表示

賃金の切り下げ

2006/11/18(土) 午前 10:07

社内の所得格差の話。 事業主の一方的な賃金の切り下げは「契約不履行」になる。労働者側の同意の上で契約を変更すればいいのだが、そう簡単に同意してくれるものではない。そこで成果主義とかなんとかいって迂遠なやり方で賃金をさげるのが目に付くが、 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事