カフェタイム

昨年までは、横浜・東戸塚のカフェ ワクータでのジャズヴォーカル・ワークショップに、
参加していらしたよしみさんは、お仕事の都合で私の教室に来ていらっしゃいます。
今日までは個人レッスンですが、来月からはこちらの教室でもグループ・レッスンが始まりますので、
来月からはグループ・レッスンに移行なさいます。

そんなよしみさんのレッスンを終えて、ご近所のケーキ屋さんルプレ・オ・ヤマムロに出向きました。
緑道に面した可愛いスイーツのお店で、店内でコーヒーとケーキを楽しみました〜!

イメージ 1

よしみさんはザッハトルテ、私はラズベリーとマロンのケーキとコーヒーです。

やっぱり大きな声でいっぱい歌った後のスイーツとコーヒーはシアワセ〜!!!

ケーキも美味しいのですが、ここのコーヒーもお気に入りなのね。
ロケーションも緑が見えて、本当にほっとします。

よしみちゃんは、このところとっても大変なんです。
ご主人のお母様が倒れてしまわれて・・・・・。
今は病院にいらっしゃるとの事だし、ご主人がお世話をしていらっしゃるそうで、
じゃあ、ちょっと息抜きに・・・・とお誘いしました〜。
でも、彼女は全てが結果オーライだったと。良かった〜!
人生にはいろいろな難題が多発する時期がありますよね。

お母様は高齢のようだし、お話をしていると、私の母の入院生活を思い出しました。
「大変だけど頑張ってね!」それしか言えなくて・・・・・。
よしみちゃんも「美味しい〜!」って楽しんでくれたみたいで、良かった!
ひとしきりお喋りをして、彼女は駅へ、私はちょっと遠回りでお花屋さん方向へ。

イメージ 2

あ、居た!
お花屋さんは張り紙がしてあって、又ご病気でお休みでした。
だからお花が出ていませんが、シロちゃんはお気に入りの台の上にポツンと居ました。

イメージ 3

いろいろな沢山の人が通りすがりにシロちゃんと遊んで行きます。
この子もそれが好きみたいね。

私もお喋りしたり、ナデナデして遊んで「バイバイ、又明日ね!」

イメージ 4


さて、昨夜のお気に入りの曲は、
このお二人はご夫婦だったと思いますが、
昔六本木にあった(現在は青山)ボデイー・アンド・ソウルにイベントで出演したのを聞きましたし、
1992年頃、横浜山下町にあったザ・ホテル・ヨコハマ(現在のホテル・モンタレイ?)のラウンジに、
出演していて、彼等の後任で私が出演する事になり、大変に緊張しました〜(汗)
たまたま動画を発見して嬉しくて興奮状態でした!女性とはお話もしたけど名前が出てきません(汗)
もうある程度高齢になられていると思われ、お元気だと良いけど、でももうナマを聞く事は出来ないでしょうね。


ライブ・スケジュール
★4月7日(金)ライブ&セッション
横浜・関内 A.B.スマイル  
19:30〜22:30
遠藤光夫:guitar、マーヴィー朝倉:bass、
music charge¥3000 飛び入り歓迎



ピアノ&ヴォーカル

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

開く トラックバック(0)

部屋の中は暖かったので、コートを着ないで外に出たら寒くてびっくり!
いつまでも風が冷たいですよね〜。

イメージ 1

写真はもうとっくに天国に行ってしまったクリちゃんがおチビちゃんで我が家にやって来た頃。
西麻布にあった我が家に玄関の脇で、カメラを向けると後ろを向いてしまう子でした。

猫は良いね、気の向くまま、自分が欲するまま素直に生きていますよね〜。
カメラが有ろうが無かろうが・・・・・ね(笑)

イメージ 2

眠たければどこだって寝ちゃうし・・・・、気持ち良さそうに寝こけるマリちゃん。

イメージ 3

クリちゃんは抱っこしてもらって嬉しいけどね、あまのじゃくだからちょっと迷惑そうな顔ね。
お兄ちゃんはデッカイから抱っこは窮屈じゃないでしょ!

イメージ 4

マリちゃんはね、ちょっと分かっていたのよね。
「マリちゃん、綺麗ね!美人さんね!ステキよ!」って言うと・・・・こんな顔になりましたよ(笑)

イメージ 5

お兄さん猫だったのに、妹が先に天国に行ってしまって寂しくて仕方ないクリちゃん。

猫さん達はもう居ないけれど、彼等動物にに教えてもらった事がいっぱいあります。
人間のように小細工しないし、嘘をつかないし、何より命を大切にします。
うちの子達はイタズラもいっぱいしたけど、素晴らしい猫さんでした。
いっぱいいっぱい癒してくれました。楽しい思い出が・・・・。

人間をやっていると時々くたびれてしまって、猫のように素直に生きてみたい!って思ってしまいますね。

あ〜、でも・・・・・、あの鳴き声では歌はちょっと無理だし、あの手ではピアノも無理じゃ〜(笑)

さて、昨夜のお気に入りの曲は、
デユーク・エリントン楽団とジョニー・ホッジスの素晴らしいハーモニーは逸品です。
ピアノ奏者だろうがヴォーカル嗜好の方だろうが、非常に参考になるはずです。


ライブ・スケジュール
★4月7日(金)ライブ&セッション
横浜・関内 A.B.スマイル  
19:30〜22:30
遠藤光夫:guitar、マーヴィー朝倉:bass、
music charge¥3000 飛び入り歓迎



ピアノ&ヴォーカル

この記事に

開く コメント(3)[NEW]

開く トラックバック(0)

イメージ 1

昨年亡くなった母方の従姉弟の事で連絡を取っていた親戚から、
思いがけないライブにお誘いを受け、今夜は自由が丘の「ラマンダ」に行きました。

ドラムスの野口迪生さんがリーダーのライブ&セッションでした。
ヴォーカルは園田まゆみさん、ピアノは吉田賢一さん、ベースは成重幸紀さん、ヴァイブは板垣誠さん。

場所は自由が丘駅からすぐの、シャンソンをメインに行なっているスタジオ兼カフェです。
演奏は17時スタートでしたが、私は生徒のレッスンを終えてからで18時前に到着しました。
なかなか素晴らしいスタジオに席があって、カフェからのドリンクを持って入りました。

とっても懐かしい園田まゆみさんの歌の途中でした。すてき〜!やっぱり素晴らしい!
このメンバーはホテル・オークラのスターライト・ラウンジに出演していらした顔ぶれで、
皆さんが大ベテランで、とてもとても心地良い熟練された音楽でした。

私はヴァイブの板垣さんは初めてでしたが、
皆さんと個々にお仕事をご一緒させて頂いた思い出があり、とっても懐かしかったですね。

リーダーのドラムの野口さんとは、六本木に今も健在ですが、
20年以上前のオールオブミー・クラブで1,2度ご一緒させて頂きました。

イメージ 2

この写真はドラムスは本庄重紀さんですが、多分本庄さんのトラ(代役)だったかも。

ヴォカールの園田まゆみさんと最初にお会いしたのは、もっともっと昔。
六本木の角にあったピアノの名手杉野喜知郎さんのお店パッサテンポでしたね〜!
パッサテンポの写真、撮っておけばよかったけど無いのよね〜。

そしてピアノの吉田賢一さんは、最初にお会いしたのは赤坂のカナユニだったと思いますが、
その後吉祥寺のバガボンドというお店で演奏していた頃に、
亡くなったベーシストの横山涼一さんが、仲良しの賢一さんと良く遊びにきてくれました。

イメージ 3

ヴァガボンドは短かったけれど、お客様がこんな写真を撮ってくださったりで楽しかったですね。

べースの成重さんとは、
多分(すみません記憶が・・・・汗)ホテル・ニューオータニのガーデンラウンジでご一緒したかも・・・。
ガーデン・ラウンジは8年位レギュラーで演奏したのに写真は1枚も無いのよね〜。

このお店ラマンダはシャンソンのヴォーカルの方が参加したりのセッションでした。
私も図々しく歌わせて頂いて楽しかった〜!!!!!

アフターアワーはこのスタジオでミュージシャンとお客様の懇親会状態!

同じ方向に帰る園田さんと一緒に電車で帰宅しました。
本当に楽しくてステキなライブでした〜!

きっと亡くなった従兄弟が、引きあわせてくれたのでしょうね。
今度は生徒さんも誘ってみましょう。

さて、昨夜のお気に入りの曲は、
俳優としても有名ですが、本来は弾き語りのミュージシャンです。


ライブ・スケジュール
★4月7日(金)ライブ&セッション
横浜・関内 A.B.スマイル  
19:30〜22:30
遠藤光夫:guitar、マーヴィー朝倉:bass、
music charge¥3000 飛び入り歓迎



ピアノ&ヴォーカル

この記事に

開く コメント(4)[NEW]

開く トラックバック(0)

生徒さんのレッスンを終えて、夕方久し振りに散歩に行きました。
東京の靖国神社の桜が開花したと報道がありましたね。

私の住いのご近所には小さな公園ですが、桜の名所があるので気になるので行ってみましたが、
「そめいよしの」は全く咲いていない様子でした。
固い蕾はいっぱいついていて、枝はちょっと重そうです!
夕方は冷たい風も吹いていて・・・・・、まだしばらく時間が掛かりそうですね〜。

イメージ 1

公園を抜け出して、明るいピンクの色に誘われて住宅地の中に来てみました。

イメージ 2

2本の木が並んでいます。これは枝が下がっていません。

イメージ 3

こちらは枝垂れ桜で満開です。綺麗!!!
帰宅後ネットで調べてみたら、八重紅枝垂れではないかと思いますが・・・・。

イメージ 4

ここは猫のシロちゃんが居るお店の近所です。

ちょっとだけお散歩してみたけれど、春の気配はあるけれど・・・・まだちょっとね。

イメージ 5

こちらは街路樹の白木蓮ですね。
これは昔お嫁に行った元ダンナの家にあったので、知ってます!良い香りがします!

そめいよしのはもうちょっと暖かくなると多分一気に開花するのでしょうね。
桜だけじゃなくて、たくさんの花の開花が楽しみです!

さて、昨夜のお気に入りの曲は、
素晴らしいアレンジとハーモニーは洗練されていますね。


ライブ・スケジュール
★4月7日(金)ライブ&セッション
横浜・関内 A.B.スマイル  
19:30〜22:30
遠藤光夫:guitar、マーヴィー朝倉:bass、
music charge¥3000 飛び入り歓迎



ピアノ&ヴォーカル

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

今日は冷たい雨が降って寒い1日でしたね。
明日は晴れるようですが、水不足との事なので本当はもっと雨は降らないといけないらしい・・・・。

音楽教室の発表会は昨年から、夏と冬の2回に分けて行なう事に致しました。
今年の夏も昨年同様に、横浜・馬車道のメグスタをお借りして7月15日(土)に行ないます。

イメージ 2

まだ日程が決っただけなので、これから詳細を決めていきたいと思います。

夏の発表会は、どちらかと言うと研究会的な感じでこじんまりと、でも暖かく楽しい会にしたいと思っています。
冬の発表会は、クリスマスの時期ですのでコーラスなどを入れたりで賑やかな会をと思っています。

前回12月の発表会に参加なさらなかった方には、ぜひ夏の会に参加して頂きたいですし、
まだ参加されていらっしゃらない生徒さん達も数名いらっしゃいますから、今回はぜひ!
そして毎回参加なさる方達もいらして、嬉しいですね〜!
場数を踏むとそれだけ成長し、上達なさいますからね。

まだ時間はたっぷりありますから、ゆっくりと準備を致しましょう。

さて、昨夜のお気に入りの曲は、
俳優のジャック・レモンが素晴らしいピアノ演奏をしています。
知り合いの方がfacebookで紹介していらしたのをシェアさせて頂きました。びっくりしました!!!
ジャック・レモンはジャズ・ピアニストになりたかったそうですが、上には上が居ると知りあきらめて、
俳優になったそうですが、どう見てもどう聞いてもプロです!


ライブ・スケジュール
★4月7日(金)ライブ&セッション
横浜・関内 A.B.スマイル  
19:30〜22:30
遠藤光夫:guitar、マーヴィー朝倉:bass、
music charge¥3000 飛び入り歓迎



ピアノ&ヴォーカル

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

今日は春分の日、とても暖かくて過ごしやすかったですね。
でも明日は冬に逆戻りだそうです!

多くのジャズピアノの生徒さんが抱えている問題として、
一人で全部弾いてしまう・・・・、要するに弾きすぎる問題がありますね。

ジャズピアノを弾きたいと思ってレッスンを受ける方達は、たいがいはクラシックの勉強をしてきています。
クラシックの場合は、一人で演奏する場面が多いし、
アンサンブルもしくは歌の伴奏などは、楽譜に書いてある事を弾くので、作曲家の指示に従います。

ジャズピアノの場合は、ソロで演奏する事もあるけれど、アンサンブルが多いです。
アンサンブルは団体競技なんですよね。
楽譜は有っても基本的にはメロデイーとコードだけで、
もし特別なアレンジがあればイントロとかエンデイングなど譜があります。

団体競技なので、ベーシストはコードに沿ったベース音を刻むし、ドラムはリズムを刻むのが仕事です。

ピアニストは彼等のリズムに乗って演奏をします。
ホーン・セクションとかが居れば彼等のソロの間は、
ドラム・ベースと一緒にコードの流れとかリズムをサポートしますね。

皆でひとつの物を作っていけば良いのですが、
初心者は最初のうちは、自分の音も聞こえない、ましてやベースもドラムも聞く余裕がなかったりします。
でも仲間の音を聞く努力をしていると聞こえてきます。
自分で何から何まで全部弾かないでも良いし、弾いてはいけないのですよ。

ピアノが弾きすぎるとベースの音もドラムの音も聞こえなくなるし、
空間が無い音楽は有り得ませんよね。
人間のお喋りと同じなんですね。肝心の音だけあれば良いと思っていると良いですね。

空間に聞こえてくるベース、ドラムを楽しみながら弾くのがジャズなんです!
コミュニケーションなので、仲間の言い分も聞かなくてはね。
ベーシスト、ドラマーにも出番を作ってあげないといけないんですよ。
ベース・ソロ、ドラム・ソロだけが出番ではありません!

歌の伴奏も同じで、バンドの場合は分かりやすくできればカッコ良いイントロを弾いてあげたら、
歌が出たらもうベース・ドラムに任せてしまう位で大丈夫。
ヴォーカルの人の力量によりますが、ビギナーな程音によるガイドは必要かもですが。
歌い慣れている人であれば、曲によりますがほったらかしでも大丈夫。

いろいろな悩みがあって、
昨日レッスンにいらしたゆう子さんは、体が揺れます。頭も揺れます。
そうすると音も安定しなくて、貯めが出来なくて、フレーズが切れてしまいます。
クセというか、ご本人は背骨が曲がっている?・・・・と。

あ〜、ホントに悩みは尽きませんが・・・・・。
それでも大切なのはあきらめない事!
努力を重ねていると、ある時ふと気付くと改良されていた・・・って思うときが来たりします!

さて、昨夜のお気に入りの曲は、ロックの大御所チャック・ベリーの追悼でした。
ロックシンガーですがスタンダード・ナンバーをしっとり歌っています。


ライブ・スケジュール
★4月7日(金)ライブ&セッション
横浜・関内 A.B.スマイル  
19:30〜22:30
遠藤光夫:guitar、マーヴィー朝倉:bass、
music charge¥3000 飛び入り歓迎



ピアノ&ヴォーカル

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

放課後は楽しい〜!

イメージ 1

ジャスミンの花の鉢植えをシロちゃんの居るお花屋さんで買いました。
白い花がちょっと咲いてきていて楽しみですよ。

イメージ 2

で、シロちゃんはいつもの様にお花やさんのウインドーの中で日向ぼっこで寝てました〜!

昨日は昼間のライブでしたので、夕方6時頃には終了。
深夜に終わるライブが多いけれど、早くに終わるとその後が楽しいでーす。
カッコ良く言うとアフター・アワー、私流に言うと放課後。

放課後という言葉はね、昔お客様で来ていらしたオジサマ達がね、
「銀座でクラブ活動の後、放課後は女の子を誘って遊びに行くんだよ、むふふふ〜!」とかって、
イヤラシ〜く言っていたのが(笑)、ちょっと仲間で流行って、仕事の後の自由時間という意味ですよ。

イヤラシ〜いオジサマ達は最早リタイヤーで全くお見かけしなくなり、
若かった私達がオバサマになった訳ですが。(男性と違ってイヤラシ〜くはなりませんよ!!!笑)

そんな訳で(?)、昨夜もライブの後の放課後は来て下さった友人とか生徒さんと一緒にお食事に行きました。
女性3人でお喋りをしながらのお食事は楽しかったですよ〜!

電車が無くなる心配もしないで、のんびりとお食事して、果てしなく楽しいお喋りが出来ますからね。

このところ時々土曜日に昼間のライブを行なうようにしています。
最近はどうも昼間のライブの方が人気がある気がします。
夜が寒いせいもあるかもですね。

さて、昨夜のお気に入りの曲は、
リトル・リチャードは厚化粧で激しいロックを叫んで歌う印象ですが、ノーメイクでバラードを弾き語り!


ライブ・スケジュール
★4月7日(金)ライブ&セッション
横浜・関内 A.B.スマイル  
19:30〜22:30
遠藤光夫:guitar、マーヴィー朝倉:bass、
music charge¥3000 飛び入り歓迎



ピアノ&ヴォーカル

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

3連休初日の今日3月18日(土)は横浜・馬車道のメグスタで、午後のライブを行いました。
お出かけ下さった皆さまありがとうございました。

写真は生徒さんののぶ子さんに撮って頂きました〜。

昼下がりの外は風もなくて暖かかったけれど、花粉が多かったようでしたね。
ベースの鈴木健市さんとのデユオでのんびりと楽しく歌って演奏をしました。

2nd ステージからは生徒さんとお客様に参加して頂きました。

私はこのところメグスタでの演奏が多いのですが、
このメグスタはピアノも弾きやすいし、音響が良いので楽しいですね。

場所によってはピアノがキーボードだったり、ナマのピアノでも弾きにくい場所もあります。
音響も自分の声が聞こえない(モニターが無かったり)所もありますからね。

でも聞きに来て下さるお客様にはそういった事情は分かりません。
どんな楽器でも上手く弾いている!って思って頂かなくてはならないので大変!!!

内心では・・・・ヤバイぞこのピアノ!とか、マイクがボロいよ!・・・・とか思っても言えませ〜ん!

他の楽器は自分の楽器を持ち運び出来るけれど、
ピアノは行った先のピアノを弾かなくてはならないのでね。

最近のライブ店はドラムセットとかベースは置いているお店が多いですけれど、
これはドラマーとかベーシストにとってはありがたい事でしょうね。
あの大きな楽器を運ぶのは大変な事ですからね。

ピアニストは例えば3回ステージを演奏すると、終わり頃のステージでやっと楽器に慣れます(笑)
マイクとかの音響も場所によって異なりますから、大体は慣れた頃に終わる事になっていますね。

パーテイーとかイベントの演奏は、サウンド・チェックをしてリハーサルをして音響も整えますが、
ライブの演奏などでは、アマチュアの人達はそういった時間を作るかもしれませんが、
プロフェッショナルではほとんどはぶっつけ本番です。
もちろん必要があればリハーサルもしますが、ジャズの演奏の場合は個人練習が重要なので、
逆にリハーサルをしないで何が出てくるか・・・・を重視する風潮があります。

そんな訳でメグスタはママがシンガーなので音楽環境は良いお店です!

さて、昨夜のお気に入りの曲は、
ジョン・コルトレーンの相棒だったどちらかというとハードなピアニストのムード・ミュージックです。

ライブ・スケジュール
★4月7日(金)ライブ&セッション
横浜・関内 A.B.スマイル  
19:30〜22:30
遠藤光夫:guitar、マーヴィー朝倉:bass、
music charge¥3000 飛び入り歓迎



ピアノ&ヴォーカル

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

思い出の場所

明日は昼間にライブがあるので、準備をしていたら、
ブログの更新を忘れそうになりました〜(汗)

写真の面白さのひとつに、過去の思い出が湧き上がってくる事がありますね。

イメージ 1

何年も長く演奏した場所には当然それなりに思い出も沢山あるけれど、
それほど長くお仕事をした訳ではないのに、とても濃厚な思い出がある場所もありますね。

上の写真は銀座にあった扉という小さなピアノ・バーでの写真です。
この扉というバーは、母方の親戚が昭和40年代後半に始めた当時とても洒落たメンズ・バーでした。

その頃からグランド・ピアノがあってメンズ・バーでしたから、男性ピアニストが連夜演奏しました。
その親戚はこのお店を始めて間もなく病気で闘病後亡くなり、
キャプテンだった男性が引継ぎ、後年私に演奏依頼が来ました。

私が関わって5,6年でこのお店は残念ながら閉店しましたが、
その間に私を訪ねて遊びに来た友人が、お客様だった男性と結婚!
しかしその男性は3年余で亡くなり、未亡人になった友人は、現在横浜在住で大変に親しくしています。

イメージ 2

これは六本木にあったこれも小さなピアノ・バーでペーパー・ムーンでした。
オーナー・ピアニストがお病気で、長期(1,2年)のトラ(エキストラ・代役)で演奏に行きました。
私は自分でも小さなピアノ・バーを経営&演奏をしていたので、
ご病人の介護と子育てと、このお店の運営のママの大変さには頭が下がりました。
ここではドラマテイックな出来事があった訳ではなかったけれど、
でも明け方に近い深夜までママと頑張った思い出のお店ですね。

イメージ 3

これも六本木にあったテリーズ・バーです。
ここは足掛け17年位お世話になり、それはそれは思い出がいっぱい。

この写真は、同じピアノの弾き語りをしていた大橋憲生さんがご病気で亡くなり、
その大橋さんを偲ぶ会の時のもの。
大橋さんとは仲良くさせて頂き、とても尊敬していたし、深夜にあれこれとお喋りをした大切な音楽仲間でした。
このテリーズ・バーも惜しまれつつ閉店しました。
このお店の存在は大きくていまだに寂しい思いをしています。

ふつふつと思い出すのは、こうした小さなお店での演奏ですね。
大きなホテルの演奏の方が数としては多かったし、長く演奏したラウンジ、バーなどもいっぱいあるけれど、
でも私はやっぱり人の温もりが伝わる小さな場所での演奏が好きみたい。

もうこういった小さなピアノ・バーは時代に取り残されて現存は難しいですね。

さて、昨夜のお気に入りの曲は、
1960年代のハンバーガー・ショップの光景を思い出す雰囲気ですね。
ジュークボックス、ハンバーガーにピクルス、そしてジンジャーエールなどね。


ライブ・スケジュール
★3月18日(土)
デイタイム ライブ&セッション 
横浜・馬車道 メグスタ  
15:00〜17:45
鈴木健市:bass、
music charge¥3000 飛び入り歓迎
ブログはこちら



ピアノ&ヴォーカル

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

人間とロボット

イメージ 1

いろいろなロボットが開発されていますよね〜。
人間にとって面倒な事をやってくれたりで、今ではレストランの案内をしたり、
ホテルでもロボットを活用しているところがあるそうです。

ワンコのロボットもあるらしいし、孤独な人とお喋りをする子供のロボットも。

その一方で、人間がロボット化している気がしますね。
私は音楽をナリワイとしていますので、音楽の事が気になります。

例えばピアノなどの楽器では、毎日一定時間練習に励まなくてはなりません。
機械的な動作を繰り返し練習しなくてはならない部分は確かにありますが、
そこに感情表現などが加わってこそ音楽になるのですが、
昨今はどうも機械的に超絶技巧の方に走る人が多いように思います。

それは歌でも同じで、広い音域を正確な音程で歌う事が優先されているようです。
特にアニメ・ソングのシンガーってすごいテクニックの人が多いように思います。
それはアニメという現実とはかけ離れた世界を表現するための音楽のせいでしょうか・・・・・。

音楽以外の事でも多分同じような事になっているのではないかと推測しますが・・・・・。

若い男女が美しくなるのは素晴らしいのだけれど、
何だかお人形のようで、人間臭さがなくなってきている気がするのは私だけかしらん。
オバンのひがみかしらん(笑)

ロボットはどんどん人間に近く作られて、人間はどんどん機械的にロボットに近い動きになって・・・・・。

という事は、将来は人間とロボットって見分けがつかなくなっちゃうのかしらん・・・・・?

しかーし!感情というものは人間にしかないはずだけど、
でも・・・・それも最近の若い人達は感情を押し殺しているのか、
はたまた表現が下手なのかしら・・・・・。
笑ったり、泣いたりするのが人間だと思いますが・・・・・。
押し殺しているから陰惨なイジメとかストーカーとかに変質してしまうのかな?

今は自動ピアノだけど、そのうちにはロボットがピアノを弾いちゃうんでしょうね〜。
オスカー・ピーターソンに顔形もそっくりで、内蔵されたピーターソンの音源でピアノを弾いちゃう!
ルイ・アームストロングのモデルで、ロボットがハンカチで汗を拭き、トランペットを片手に歌っちゃう!

下手に人間のピアニストを雇うと人件費が掛かるから、金髪の美女のロボットに弾かせる!

あ、これってどこかに既に存在していたかもね。書いていて思い出した〜!
でもまだ今は、自動ピアノに金髪の美女の人形を座らせているホテルが、どこだっけ?にあるはず。

ああああ〜、私はそんなロボットは見たくないぞ!聞きたくない!
どこかの展示場に置いてあるだけなら許せるけれど、販売されたりする世の中はイヤです!

悲観的妄想でした〜。
でもいずれそうなりそうな・・・・予感が・・・・・(汗)

さて、昨夜のお気に入りの曲は、
大変に洒落た感じの弾き語りのベテランです。


ライブ・スケジュール
★3月18日(土)
デイタイム ライブ&セッション 
横浜・馬車道 メグスタ  
15:00〜17:45
鈴木健市:bass、
music charge¥3000 飛び入り歓迎
ブログはこちら



ピアノ&ヴォーカル

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事