夏炉冬扇

負けてもいいぢゃない!面白ければ!(笑)

ボードゲーム

すべて表示

THE TARGET

今回の更新は早いよ! みてよお母さん!(誰だ)
こんにちわこんばんわ、夏炉冬扇の管理人、風狐享也でございます。
 
そして、申し訳ありませんでしたああぁぁぁぁ
(スライディング土下座)m(__;)m
何のことかといいますと、前回のハギス。実はルールを失念、というか間違えておりました(><)
親切な読者様のご指摘により気づき、あわてて前号を修正させて頂きましたが…。
ああ、もうマリアナ海溝くらい深い穴に埋まってしまいたいほどの恥ずかしさと申し訳なさですorz
紹介してる人間がルール間違えてどーするよと…あああもう。
今後、気をつけたいとは思いますので、皆様どうか今後とも宜しくお願いしてやってくださいませ。

今回の紹介のゲームは、ザ・ターゲットです。
プレイヤーはCIAとKGB、もしくはダブルスパイとして、機密情報をそれぞれの本部に持ち帰ることを目的とします。
しかしスパイは自らの素性を隠すのが本分。勿論誰も彼もがスパイならば、誰が味方で誰が敵なのかは全く判らない状況からスタートとなるのです。イメージ 1
 
ボード上にはCIAとKGBの本部、その間に各プレイヤーの隠された所属のカードが置かれます。
プレイは、カードの上に順に回るトークンが置かれたプレイヤーの処遇を決めることになります。
 
手番は全員が同時に、このトークンの置かれたプレイヤーにカードを1枚ずつ秘密裏に出します。
これをシャッフルし、特殊な効果を除いたカードの残りの全てをそのプレイヤーが入手します。
 
プレイヤーは最初、ルーキーと呼ばれるカードの山からしか引くことができません。
しかし、3色のうちどれかを3枚揃えることができれば、新たな山札のセキュリティのアクセス権を手に入れることができます。

山札は、以下の4種類。
イメージ 2
ルーキー:最初の山札です。訓練、装備、協力者、言語があります。セキュリティを解除するために必要なだけではなく、監視を回避するという重要な役割もあります。
 
破壊工作:文字通り破壊活動を行うカードです(笑)。他のプレイヤーへの攻撃の他、提出される機密書類もろとも本部を爆破したりします。
 
諜報:他のプレイヤーを監視し、プレイされるカードを見たり正体を誰かに明らかにさせたりします。しかも解除されない限り残るのでうっとおしいことこの上ないですw
 
機密書類:本部に提出する為の、機密書類があります。これを引かないことにはゲームに勝利できません。順番を前後にそらしたり、逆周りにするといった効果もあります。
 
さて、ここで先ほど書いた「特殊な効果」のカードとは、ルーキー以外の3種類の山札を指します。
カードが公開され、諜報がつけばそのプレイヤーは解除しない限り監視され続けます。
破壊活動がでれば亡き者にされ、手札を捨てる羽目になるかもしれません。
あるいは機密書類カードで、順番や手番そのもののプレイヤーが変更になるかもしれません。
中盤ともなれば、もはやそのプレイヤーにカードを進呈するではなく、いっせいに攻撃が仕掛けられてしまう可能性もあるかもしれないのです(キャー)
 
しかしそう悲観することばかりでもありません。あなたには必ず目的を共にする仲間がいるはずなのです!
諜報されるカードを解除するカードを入れてくれる仲間がいるかもしれません。もしくは被害を他にそらす味方、本部に書類を届けてくれる仲間だっているかもしれないのです!(なぜ「かも」?)
そして自分の本部に3枚の書類が運び込まれれば、その陣営が全員勝利します。
イメージ 3
ではKGBでもない、CIAでもないダブルスパイとは?
彼らの活動目的はただ一つ。
それぞれの本部に対し、不正な書類を合計で3枚を運び込むのです。
とはいえ不正な書類とはいえ書類は書類。どちらかの本部に3枚の書類が運ばれた時点でゲームはその陣営の勝利となるので、慎重に活動する必要があるやもしれません。
正体隠匿系のゲームですが、手番の概念や行動が他のゲームとは全く違う感じがあります。
そして4種の山札にはカードケースがあり、箱の蓋を開けたときに並べられているカードケームにはちょっと圧巻を感じます(笑)
ゲームのテンポは軽く、それぞれが自分の判断で行動するので色々な悲鳴があがったりします。ちなみに私のプレイしたときはあがりっぱなしでした(笑)主に私がw
 
マイナーな会社であり、まだまだ荒削り感がありますが箱やマニュアルのデザインには思わずニヤリとする意気込みを感じました。人数が5人から12人と多人数にプレイ可能! ただこれ12人でプレイするとどうなるんだろう…想像が怖いw
みなでわいわいと楽しんでできる雰囲気のあるゲームは、とてもいいなあと思います。
こ、今回のルールは間違ってないよね?ないよね?(必死)
 

.


みんなの更新記事