北川賢一(ブックメーカー投資法)の感想...幸町通信

ブックメーカー間のオッズ差を利用して、両方の試合に賭ける
北川賢一さんのブックメーカー投資法は、
1回3分のクリック作業のみで、
毎月40万円をコンスタントに稼ぐ手法。

ブックメーカー間のオッズ差を利用して、両方の試合に賭ける事により、
絶対に負ける事の無い、勝率100%の投資法を実現させたのだとか。

見合った成果が得られるのかは、実際にやってみないとわからなそうだ。
実際の検証結果や作業過程などで、わかったこと、
思ったことなどを書いていこうと思います。
まずは、ここから







この記事に

負けることがありえない勝率100%の安全投資がブックメーカー投資だ。ブックメーカーとはイギリス政府公認のスポーツの勝敗を予想し、当たったら配当が貰えるという事業のことだ。日本で言うサッカーくじTOTOのような試合の勝敗を予想して賭ける事業のことだ。

ブックメーカーは正しくやれば100%利益を出せるが、間違ったやり方をすると損をしてしまうので、注意が必要だ。「損だけはしたくない、リスクなく安全に稼ぐべきだ」「稼げるかどうかわからない方法をやりたくない」これが北川の信条だ。本人が大事にしているのは「安定性」と「確実性」なのだ。

専用サイトへ行き、次々と出てくる注文情報をチェックして「ピロン」という音とともに、アービトラージチャンスを教えてくれる。そこでは毎日300件ほどのアービトラージが発生している。その指定通りに何も考えずに注文するだけ、自分で考える必要がないのだ。注文のやり方も、図解マニュアルや動画を使って詳しく説明している。

稼ぐためにやることは、ステップ1 あなたのもとへ届くアービトラージ情報をチェックステップ2 指定された試合をそのまま機械的に注文するステップ3 どちらが勝ってもあなたの銀行口座に利益が振り込まれるこの3ステップだ。ステップ1とステップ2でかかる時間はおよそ3分で最初のなれないうちは10分くらいかかるかもしれないが1月も続ければ3分で誰でも出来るようになる。

3分の機械的作業を3回、5回、10回と集金をするたびに毎回、何度でも利益が入ってくる。どれだけ繰り返すかで収入が決まるのだ。

ブックメーカーはイギリスでは銀行よりも信用度高いものや、ヒルトンが運営しているところなど、これから先、消えてなくなる見込みは極めて低い。そして、9割以上の人は、投資ではなく、ただの趣味的なギャンブルとしてや、好きなチームに応援して賭けているので、ブックメーカーが損を出して倒産する可能性も極めて低い。

具体的にどうやって稼いでいくのか、それをステップバイステップで解説、このブックメーカー投資に限って言えば、100%稼げるのだ。実際にベットするためのやり方、試合を超速で探し出す方法など、テクニックを伝授。オッズが変動するので、変動する前に注文を完了する必要がある。

「完全支援プログラム」マニュアルを読んでいて、「ここ少し分からないな」と疑問に思う事があればどんな些細な質問でも親切・丁寧に答えてくれる回数無制限、期間無制限メールサポートつきだ。

アラートが鳴るのを待つ必要があるのでパソコンの前に1〜3時間程度いる必要があるが待っている間は、何をしててもOKなので漫画を読んでいようが、ゲームをしていようが、ネットを見ていようが、とにかくPCの前に座っていれば平気だ。

これほど単純な成果報酬は無いが再現性と確実性に自信がある。それでも90日後に10万円すら稼げなければ、代金は返金してくれる。


>> 北川賢一(ブックメーカー投資法)のデメリットもチェック







この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事