小説家・菊池英也の世界

短編集「焚書野郎」幻戯書房より好評発売中!

LATEST NEWS

すべて表示

「焚書野郎―菊池英也自選短篇集」好評発売中!

「焚書野郎―菊池英也自選短篇集」好評発売中!

自選短篇集「焚書野郎」、幻戯書房より好評発売中! 収録作品は「眠りの恋人」「焚書野郎」「未熟児999」「放物線を描く愛」「月子。」の5篇です。

イメージ 1

■四六上製336頁
本体予価2000円
ISBN978-4-86488-112-8 C0093
☆ご購入はこちら⇒アマゾン

 本を焼く男、眠り続ける女、父の日記を探る少年、放物線にこだわる少女、ロック史に殉じ愛を貫く女
 人間の真実を非現実な物語で切り取る創作の挑戦
 ここ15年の文筆活動から精選した5つのオブセッション

   ※幻戯書房HP http://www.genki-shobou.co.jp/



既刊「めぐりあう者ども」、幻戯書房より好評発売中!

イメージ 2
 「私」は鋭い視線に射抜かれた。
 恋愛でも快楽でもない、存在の根源的愉楽と崩壊。生きるものの永遠の刹那
 狼をプリミティブな心性の象徴として描く異種恋愛譚の傑作長篇小説
■四六上製192頁
本体予価1600円 
ISBN978-4-86488-081-7 C0093
☆ご購入はこちら⇒アマゾン

その他の最新記事

すべて表示

下野新聞に新刊紹介の書評記事

2015/11/4(水) 午後 9:09

下野新聞(11月1日付)読書欄に、新刊「めぐりあう者ども」〈幻戯書房刊)の書評が掲載されました。  ある日の昼下がり、都会のビルの谷間で「私」は「鋭い視線」に射抜かれる。不思議なオーラに導かれるように、その主である世にも麗しき獣医師「まがみ」と出会う。  「ケモノの匂いが好き」。冒頭、「まがみ」が発した言葉に単なる恋愛ものではないストーリーを予感さ ...すべて表示すべて表示

新刊「めぐりあう者ども」17日より出荷を開始しました。 ■四六上製192頁 本体予価1600円  ISBN978-4-86488-081-7 C0093 ☆予約受付中!⇒ アマゾン ◆幻戯書房 ⇒  HP    ブログ  

本が完成、近日発売!

2015/9/13(日) 午後 1:14

新刊「めぐりあう者ども」、本が完成しました。 ■四六上製192頁 本体予価1600円  ISBN978-4-86488-081-7 C0093 ☆予約受付中!⇒ アマゾン ◆幻戯書房 ⇒  HP    ブログ  



.


みんなの更新記事