ここから本文です
しるねこの微妙な生活/浮気心あれば水心!?
人間五十年 下天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり。写真/夜景/風景/たべもの/乗物/猫にウサな〜んでもw

書庫全体表示

川崎車輛のホームページから引用です。
ガスエレクトリックとして我が国初の試作車的雰囲気が魅力的ですw

イメージ 1

1937年(昭和12年) わが国初の3両編成流線形電気式ディーゼル動車キハ43000形を鉄道省に納入

1930年代に入ると、わが国ではディーゼル機関が自動車用として発達した。折からドイツでは、450PSの大出力を持つ ディーゼル機関を搭載した固定編成の電気式ディーゼル動車が盛んに使用され、高速列車が出現していた。
鉄道省は1936年からMTM3両固定編成のディーゼル列車を計画し、当社に発注した。
1937年3月、キハ43000形を両端にし、中間にキサハ43500形を連結した3両固定編成で、総括制御の電気式ディーゼル動車が完成した。出力240PSディーゼル機関(新潟・三菱・池貝3社製)を床下に搭載し、 150kWの発電機を介して、80kW2基の主電動機を駆動した。台車には、客車用構造のTR30〜TR33形が用いられた。
当時流行していた流線形の前頭形状を持ち、車体構造も溶接を多く用い、腰掛や室内内装は豪華な雰囲気だった。
中間のキサハ43500形は車長17m、気動車初の付随車で、暖房用に重油の自動燃焼ボイラを設け、 室内に蒸気暖房を行なうことができた。

閉じるコメント(7)※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

  • 顔アイコン

    戦後は浜松工場で職員輸送用として車体が残っていたそうですね。
    一度その姿を見てみたいです。

    [ 梶ノ目トランシス ]

    2012/4/8(日) 午後 0:37

  • 顔アイコン

    そうなんですか。頭2両は戦渦で焼けちゃったように思っていましたが。中間車はキサハとして生き残りましたね。

    しるねこ

    2012/4/9(月) 午前 0:18

  • 顔アイコン

    中間車は人知れず飯田線でサハ代用→再度キサハになりましたね。
    当時一応国鉄本社でその存在を覚えていたのでしょうか。
    中間車のみキット別売りしていたら
    キハ10系に挟み、是非奈良線?の再現したいです。
    勿論サハ代用でダブルルーフのモハ30系?や社型の編成に
    組み込むのもワクワクします。

    [ sp3**oka*e ]

    2012/4/9(月) 午後 11:11

  • 顔アイコン

    これがタニカワということを忘れてはいけませんw
    これが微妙にあるんですねえw 持ってます、というか作ってます。
    よって先頭+中間+中間+先頭というあり得ない編成に(^^;

    しるねこ

    2012/4/10(火) 午前 0:41

  • ガスエレクトリックといえば、キハ41000は機械式ではありますが、正面4枚窓のデザインはアメリカのガスエレクトリックに影響を受けているとしか思えませんね。

    kid*ush*5*

    2012/4/18(水) 午後 7:15

  • 顔アイコン

    そうですよね〜 でもあのお顔が日本ののどかな風景にも
    よく合いますよね。41000は大好物で、ご飯軽く三杯イケますw

    キハニ36450なんか、しっかりアメリカ製のパクり....いや
    アメリカ製をインスパイヤーしたものですもんね。

    しるねこ

    2012/4/18(水) 午後 7:36

  • キハ410000は私も大好きで、フクシマ、奄美屋のキットをストックしている他、ロコモデルのペーパー製、珊瑚の中古完成品も持っています。

    私のHPに「キハ41000私鉄払下車」というページがありますので、是非ご覧下さい。「キハ41000」でググれば、ウィキペディアの次に表示されます。

    kid*ush*5*

    2012/4/18(水) 午後 11:44

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

閉じるトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

トラックバックされた記事

  • トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事