はちまるの日常。(チョイノリブログ)

チョイノリサイトあります http://suzuki-choinori.com/

全体表示

[ リスト ]

前期型のコックは洗浄後、保管しておいて、後期型コックを取りつけましょう
イメージ 1
オークションで後期型のコックが装着されている錆びだらけタンクを購入しました
500円で購入。直接引き取りに行ったので送料もかかりませんでした。
タンクはかなりの錆びようです。
イメージ 2
後期型は負圧コックになっています。赤矢印の二本の対角10mmのボルトでタンクに固定されています。
ガソリン流出口は黄色丸です。ONはタンク内部の上の流入口から、RESはタンク内部の下の流入口からガソリンが流入しますが、いずれも赤丸の管内部が負圧にならないとガソリンが流れません。
エンジンが稼働している状態(=負圧がかかっている状態)でしかガソリンが出ない仕組みなのです。なのでOFFという選択肢はありません。
PRIは負圧関係なくガソリンが流出する位置です。
イメージ 3
タンクから外しました。だいぶ汚いです。錆びだらけだ。
タンクとの間にはパッキンゴムがありますが、ここは組み立て時に液体ガスケットをぬっておかないとガソリンが染み出す危険大です。
イメージ 4
コック表面を分解しました。プラスネジ二か所で外れます。
写真のように、タンクの錆びがコック内部に侵入していました。フィルターが破れていたのでしょう。
パーツ点数は前期型と同じです
イメージ 6
負圧コックのキモである裏面の分解に入ります。
5か所のプラスドライバーで外れるネジを外します。
イメージ 5
外したところです。
このコックには赤丸のところにバネが付いていますが、これは前オーナーが分解後に間違った組みつけをしていると思います。
黄色丸の管に負圧がかかると、赤丸の部分が吸われて凹み、赤丸の出っ張りが外れることで赤矢印と黄色矢印の穴が開通する仕組みなのです
つまり、バネは赤丸の出っ張りが赤矢印の凹みにはまり込む方向に力をかけていなくてはならない…と思います。
イメージ 8
つまり先ほどの写真の黒いシートの反対側に、このようにはめ込むのが正解だと思います。
これで、常に出っ張りが凹みにはまり込むように力がかかります。
負圧で、このバネが縮んでハマり込みが解除され穴が開通されるってわけ
イメージ 7
完全に分解して洗浄しました。
管内には固まった劣化ガソリンがこびりついていて、なかなか大変でしたよ。
 
2011.11.06追記
コックの内部のゴムパッキンは個別でパーツ注文できません。コックアッシとして注文することになります
 
前期型コック
44300-22G00 コックアッシ フューエル
→44300-13G00へ統一               3300円 
後期型負圧コック  
44300-22G10  コックアッシ フューエル        2400円
 
おかしいのはパーツ点数の多い後期型の方が安いこと?なんでだろう。
問い合わせただけで実際買ったわけではないので、もしかしたら値段逆かもしれませんが…
コックアッシにはタンクとの接合部のゴムパッキンも付属していますが、これは個別で買えます
 
44348-87420 ガスケット ジョイント           140円
2013.06.04追記
ダイヤフラムを押し付けるバネの配置がこのコックで間違っていたことについて…
負圧コックでは長期放置の折にダイヤフラムの動きが悪くなり、チョイノリの低い吸気圧ではダイヤフラムが動かず、全開時にガス欠症状が出てエンジンストップすることがあります。
たぶん前オーナーはダイヤフラムが動かなくなったので、応急処置的にバネを逆側に付けて「負圧機構をキャンセル」して使っていたのではないかと思われました。

 

この記事に

開く コメント(8) ログインしてすべて表示

開く トラックバック(0) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事