元気に大きくなーれ

はるかママです。先月待望のベビー誕生☆

全体表示

[ リスト ]

仕事のこと−1

妊娠報告と時差出勤獲得まで


長年派遣社員で働いてきたわけですが、
女性が多いことと、契約更新時に条件を交渉しやすいので
妊婦にとっては働きやすいスタイルだと個人的に思ってます。

妊娠がわかったときの週数が、5週目。
正常な位置に着床はしていたけれど、安定期に入るまでは大事にするに越したことはない。
しかも、つわりが始まるのがはやくこのころから吐き気や微熱・ふらつきがあったので安定期を待たずに妊娠報告を派遣会社にすることを決意。

営業担当が二人いたので、まずは常時駐在していた男性社員に報告。
報告内容としては
’タ永鷙陲箸海譴らの仕事状況についての相談
∋差出勤のおねがい

まず、,砲弔い
週数があさく、流産の可能性がないとも限らないこと。
それに伴い、体調管理を徹底したく仕事を休んだり、早退・遅刻することを了承してほしいという旨のお願いをしました。

普通に働いている人や、ある程度安定するまで妊娠を報告せずにがんばった人が聞くと「なんてずうずうしい!」って思うかもしれないけど、折角宿った尊い命を守るのは母の務め!
自分が納得できる環境を作って自分で守るという気持ちでした。

そして△砲弔い董
妊婦にとって満員電車は厳しい環境。
なので、座れないまでも余裕のある電車にのっておなかの赤ちゃん(そのときはまだ胎児とはよべなかったけど)を守りたいという願いで、時差出勤の許可を求める。

相談した男性社員は、´△箸發僕解してくれて周りのスタッフにも根回ししてくれるということで一安心。

********

が。
男性社員への報告から1週間後、面談が予定されていてそこで時差出勤の調整をすることになっていたのだけど、もう一人担当社員が40代子持ちの女性社員がいて、この人が言っちゃってくれた。

女性社員:「時差出勤の件は、母子手帳をもらってからにしましょう。母子手帳をもらわないと妊娠とはいえないからね〜。」

男性社員:「え、そうなんですか?!」

女性社員:「ね、そうよね〜?」→こちらをチラ見。

をいをい。そんな話きいたことないぞ?!
なら、わたしのいまの状況は妊娠中とは言わないのか?!

と、怒りがこみ上げてくる。
しかし、きちんと調べずにここで反論しても無駄に感じられ、怒りとコトバをぐっと飲み込む。

ネット閲覧OKの職場だったので、面談終了後ソッコーで時差出勤のことについて調べてみる。

そこでわかったことは、妊婦の時差出勤は母子手帳がなくたってできるんだということ!
方法は二つ。

 嵎貔健康管理指導事項連絡カード」を医師に書いてもらう。
医師の指導がなくても、申し出ることができる。

これは自治体のHPなどに詳しく書いてあります。
参考までに:http://www.danjyo.pref.kumamoto.jp/D/submenu02/D-031/#tuukin

そんなわけで、女性社員を窓口とはみなさずに男性社員にもう一度相談・・・ていうかゴリ押しで時差出勤もゲット!
あぶないあぶない・・・。やっぱりキャリアウーマン(?)は同性に厳しい〜!
理解のある人もいるんですけどねぇ・・・。

以前派遣先で仲良くなった課長さんと話をしていたときに、
「派遣会社は女郎屋で、派遣社員は女郎としか思ってないから、自分で環境整備しなきゃダメだよ。」
といわれたことがあります。

いや、ホントにその通り。

派遣社員の場合、担当営業の当たり外れが大きいので
こんなにうまく自分の要求が受け入れられるケースはもしかしたら少ないかもしれないけれど、主張すべきところはしっかり主張してゴリ押ししないといけないと思います。

お仕事している妊婦さん、働きやすい環境をゲットしていきましょ〜!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事