ここから本文です

THE 舶来寄席 ブログ

書庫全体表示


世界のスゴ技パフォーマーがまたまた集結!
辻本茂雄率いる新喜劇も大盛り上がり
「THE舶来寄席2017 winter」が開幕

2014年のスタート以来、日本一の笑いと世界一流のパフォーマンスが同時に楽しめる贅沢なステージで大好評を博してきた「THE舶来寄席」が、大阪・なんばグランド花月にまたまた降臨!「THE舶来寄席2017 winter」と題した第5弾公演が、2月3日(金)に初日を迎えました。

イメージ 1

第一部の「吉本新喜劇」は、公演期間中、3つのグループが日替わりで出演。初日から2月10日(金)までは、そのトップを切って辻本茂雄が座長を務め、ココでしか見られない期間限定のスペシャル新喜劇を上演します。

イメージ 2

物語の舞台は、とある街の老舗旅館。新米アルバイトの茂造が登場すると、客席から待ってましたの大拍手が起こります。冒頭から暴走しまくり、ああ言えばこう言うのやりたい放題で、騒動をさらにややこしくしていく茂造。オーナー・平山昌雄に立ち退きを迫る地上げ屋・アキとは、「い〜よ〜」などおなじみのギャグもまじえて息の合ったやりとりで笑わせたほか、旅館の跡取り息子・伊賀健二を追ってきたストーカー(?)・島田珠代が仕掛けるギャグ満載のダンスバトル、借金取り・森田展義らに次々と繰り出される茂造の"アドリブ指令"などなど、見どころ・笑いどころがいっぱい。「今日は初日でアドリブ祭りじゃい!」(茂造)の言葉通り、アキからの"ムチャブリ返し"(?)まで飛び出して、大いに盛り上がりました。

イメージ 3

あることからもつれてしまう平山と伊賀の親子関係、アキら地上げ屋の陰謀、降って湧いたような借金話がからみあって、絶体絶命の花月旅館と茂造の運命やいかに!? 最後の最後まで目が離せない展開と結末は、ぜひ劇場でお楽しみください。

イメージ 4

続く第二部は、こちらもお待ちかねのスゴ技パフォーマーによる「ワールド・バラエティ・アクト」。MCのテンダラーとロバータが、パフォーマーの素顔やマル秘ネタを紹介しながら、ステージをナビゲートしていきます。

イメージ 5

トップバッターを務めるのは、第1回公演に出演し、大きな話題を呼んだマディール・リゴロさん。羽とヤシの木の枝を使った空前絶後のバランス芸で、初っぱなから見る人の度肝を抜きます。

イメージ 6

客席から登場して驚かせたのは、どたばたトランポリンのプロフェッサー・ワッコーさん。観客を巻き込みつつ、コミカルかつリズミカルに、ステージじゅうを飛び回ります。
イメージ 7

ヘレナ・リーマンさんは、ポールダンスにアクロバットやクラシックバレエの要素を加えた妖艶なパフォーマンスで魅了。

イメージ 8

足を使った人形劇で男女の恋物語を表情豊かに演じたアンネ・クリンゲさんや、

イメージ 9

カップルで自転車にまたがりアクロバットの大技を決めていくデュオ・ライドにも大歓声が上がります。

イメージ 10

トリを飾ったのは、世界最速の異名を持つジャグラー、マリオ・ベロセックさん。なんとギネス記録も持っているというその速さに、客席からは驚きの声が。息もつかせぬジャグリングの連続で沸かせました。

イメージ 11

グランドフィナーレでは、初日を祝って名誉支配人の中田カウス・ボタンが登場。女性パフォーマーたちに花束を手渡します。

イメージ 12

ふたりが「楽しんでいただけましたでしょうか」と声を揃えると、観客の皆さんは大きな拍手。カウスは「僕たちは、吉本興業の花月というところで50年お世話になっているが、50年前、ここで外国の芸人さんを見られるのは西川ヘレンさんだけでした」と笑わせつつ、「それが世界各国からこうして来ていただいて...。大阪は盛り上がっています。ぜひあちこちでお友達に宣伝してください」と呼びかけました。

イメージ 13

終演後に行われた囲み会見には、カウス・ボタンとテンダラー、ロバータ、パフォーマー陣が出席。ボタンは「回を重ねるごとに盛り上がってきていますね」と嬉しそう。カウスはパフォーマーたちのスゴ技に感嘆しきり。さらに「本当に幸せな日本やなあと思いますね。そしてまた、吉本は止まっていない、内向きではない、と。やはりグローバルでないと発展はないのではないかということで、トランプさんにもぜひ見ていただきたい(笑)」と笑いをまじえてコメントしました。

パフォーマーからは、今年開催のモンテカルロ国際サーカスフェスティバルで銅賞を受賞したマリオ・ベロセックさんが挨拶。日本に来るのは2度目、大阪には初めてやって来たというマリオさんは、「日本のお客さんがどういったリアクションをするのかドキドキしていたが、とても温かいリアクションをいただけて、すごく喜んでいます」と笑顔で話します。

質疑応答で、「日本でやってみたいことは?」ときかれた初来日のヘレナ・リーマンさんは、「京都に行きたいし、いろんな日本の食べ物を食べてみたい。高いビルがたくさんあるので、お散歩して、日本の皆さんの文化とか親切さというものに触れてみたいと思います」とニッコリ。パフォーマンス中、観客にサプライズ・キスを贈ったプロフェッサー・ワッコーさんには、「好みのタイプだったのか?」との質問も。ワッコーさんは「日本の女性はみんな素敵」とウィットに富んだ答えで笑わせました。

今回が2度目のなんばグランド花月となるマディール・リゴロさんは、前回より落ち着いてできた反面、「床がまっすぐではないので、バランスが取りづらく、ちょっとてこずりました」と驚きの感想を。これにはカウス・ボタン、テンダラーも「知らなかった!」とビックリ。アンネ・クリンゲさんは普段のトレーニングについてきかれ、「本番前に、自分なりのスタイルのヨガを必ずやっている。あとは普段からストレッチをしたりヨガの動きを入れたり。自分の足や指に命を与える、呼吸を与えるようなイメージで毎日トレーニングを積んでいます」と明かしました。

カウス・ボタンには、「もしできるとしたら、どのパフォーマンスやってみたいか?」という質問も。カウスは「興味があるのは足芸。あれだけ繊細に表現できるのか、と。素敵でした」。一方のボタンは「僕はバランス芸。人生のバランスが悪いから、どういうふうにバランスをとっていけばいいのか(笑)」と答え、笑いを誘っていました。

「THE舶来寄席2017 winter」は、2月26日(日)まで上演中。「吉本新喜劇」には、辻本に続き、アキ×清水けんじ×酒井藍のユニットや、すっちー座長も控えています。笑いと感動がいっぱいのスペシャルな公演を、どうぞお見逃しなく!

THE舶来寄席2017 winter
会場:なんばグランド花月
【日時】2017年2月3日(金)〜2月26日(日)全20公演
※2月9日、12日、17日、23日は休演
平日18:30開演/土・日・祝19:00開演
【チケット料金】大人4,700円 5歳以上中学生以下2,900円
【出演】
吉本新喜劇:辻本茂雄、アキ×清水けんじ×酒井藍、すっちー
海外パフォーマー:マディール・リゴロ、デュオ・ライド、ヘレナ・リーマン、アン・クリンジ、マリオ・ベロセック、プロフェッサー・ワッコー
MC:テンダラー、ロバータ
※ 辻本茂雄は2月3日(金)〜8日(水)・10日(金)、アキ×清水けんじ×酒井藍は2月11日(土・祝)・13日(月)〜16日(木)・18日(土)、すっちーは2月19日(日)〜22日(水)・24日(金)〜26日(日)に出演予定です。

THE 舶来寄席公式HP http://the-hakurai.com/

お問い合わせ:チケットよしもと予約問合せダイヤル
 ☎0570-550-100(10:00〜19:00)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事