hanohano見聞録

hanohanoが見たり聞いたりしたことを、書き綴って行くブログです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

韓流は、映画は見てもドラマは見ない主義だったので、これもリアル・タイムでは、未見でした。
現在、「Gyao」で配信していますが、3話ずつの配信なので、見逃してしまった回があったり…(*_*)ゝ
結局、全巻をレンタルして、見ました。

全部見て、このドラマの最終回が50パーセントを超えたほど人気が出たり、作中に登場した『モモ』がベストセラーになったり、さまざまな社会現象を起こした理由が分かるような気がしました。

映画やドラマくらい、夢を叶えて欲しい
このドラマの一番、優れた点は、視聴者が望む結末になっていることだと思います。
ドラマを見ていて、この人とこの人に結ばれて欲しいなという結末。
それを裏切らずに、実現していること。

かつて、『嘘でもいいから』というドラマがありました。

二人の女性(樋口可南子と田中広子)の間で揺れていた稲垣吾郎。
結局、樋口加南子を選ぶ。
しかし、彼女を迎えに行く途中、死んでしまう。

という結末でした。

視聴者は、そうした結末は、見たくないし望んでいない(はず)。
ありきたりな結末でいいのですよ〜。
映画やドラマくらい、夢を叶えて欲しいと思って見ている人が多いはずなのですから。

素晴らしい演技
そして、俳優の演技。
特に、ジノン役のヒョンビンさん。
当時、22歳だったそうですが、演技の素晴らしさに、ビックリしました。

中でも、サムスンとヒジンの間で揺れて、結局、サムスンを選ぶことに決め、ヒジンに別れを告げるシーン(13話のラスト)。
目の配り方とか、言い方とか、天才的なほど!
この年齢でこんな演技が出来るなんて、30代、40代になったらどうなるんだろう〜楽しみ!と、思ってしまいました。

何度見ても、飽きない
このドラマの感想を扱ったブログは、どこも思い入れが熱いし、「Gyao」のレビューでも、皆、熱く語っています。

「韓国ドラマなんて…と思っていたのに、このドラマは違う!はまってしまいました。」という感想の多いこと(笑)。

「今まで何回も見ています。でも、飽きない。」という意見も、多いです。

私も、同じ回を何度も見ていますが、同じ内容なのに、飽きません(y^^y)
こういうドラマが、日本にもあればいいのに…(^^;

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事