ここから本文です

スターティング・オーバー

Mac mini

イメージ 1

先日買ったMac mini


箱を開けたら



イメージ 2

中身はたったこれだけ

昔(15年以上前)は分厚い本が何冊も入っていて
CDも何枚も入って
コードみたいなもんも
たくさん入っていたもんだけどなぁ

ちなみに
この買い物は失敗だったかも

遅い、遅い

立ち上がりに時間かかるし
文字の入力もイライラ

6年前に購入したMac miniの方が全然速いです

6年前のMac mini


もっとも今回購入したのは一番安いタイプ

しかし6年も経ったら
かなり性能がアップしているはずだと思ったんだけどなぁ

中身を小難しくした分
よりパワーが必要になったのかな

もっともこれは趣味用

6年前のものは仕事用に大事に使うつもりなんで
別に良いんだけどね

しっかし
なんだかなぁ

この記事に

大きな松の木の下で

イメージ 1

昨日の散歩コースです
歩数は約15,000歩、距離は8kmぐらいかなぁ
今年のウォーキング最長距離です
番号は撮影ポイント




イメージ 2

水門マニアさんのためにパチリ
千葉県松戸市の柳原水門ですね
奥に見える丸い塔は
松戸市、市川市、船橋市に給水している栗山浄水場




イメージ 3

不思議な文字を発見



イメージ 4

国道14号なわけないし
何の記号かなぁ



イメージ 5

土手の斜面を見ると
可愛い花が咲いている



イメージ 6

オオイヌノフグリかな
名前の由来は気の毒だね



イメージ 7

ホトケノザも咲き始め



イメージ 8

まだ2月になったばかりなのに
歩いていると汗ばんでくるし
春ですね〜




イメージ 9

高くそびえて見える鉄塔も



イメージ 10

じつはそんなに高くなかったんだ




イメージ 11

影向(ようごう)の松がある善養寺



イメージ 12

土手を降りて中に入ってみます



イメージ 13

たくさんの支柱に支えられて



イメージ 14

太い枝が広く伸びています



イメージ 15

太い枝から
たくさんの松が生えているって感じ



イメージ 16

幹が重さに耐えられなくて
悲鳴を上げているように見えるなぁ



イメージ 17

このクロマツの巨木は



イメージ 18

樹齢600年以上



イメージ 19

東の松の横綱に推挙されてます
西の横綱は香川県にある岡野松だそうですよ



イメージ 20

影向とは



イメージ 21

神仏がこの世に



イメージ 22

仮の姿となって現れることを意味するそうで



イメージ 23

なるほど
そうかも知れませんね〜



イメージ 24

月と弘法大師



イメージ 25

ここでカメラのバッテリーが切れ
写真はこれでおしまいです

そして散歩はまだまだ続いたのでした

この記事に

開くトラックバック(1)

ダイヤモンド雲

1月30日

イメージ 1

ダイヤモンド富士が見られそうな予感



イメージ 2

う〜ん



イメージ 3

ちょっと太陽は左寄りだね



イメージ 4

たぶん



イメージ 5

次の日あたりが



イメージ 6

富士山の頂上に日が沈むはず




1月31日


イメージ 7

心ウキウキ屋上へ



イメージ 8

おお〜っ
富士山のてっぺん出現か!



イメージ 9

あれっ
ダイヤモンド富士じゃなくて



イメージ 10

ダイヤモンド雲だった



イメージ 11

上空は雲ひとつないと言うのに
・・・




2月1日

イメージ 12

ひょっとしてまだ
期待できるかも



イメージ 13

えっ?
いつもよりずっと右側に富士山?
・・・
なんだ 雲か



イメージ 14

上空には三日月



イメージ 15

おっ
今度こそダイヤモンド富士かな



イメージ 16

じゃ〜ん



イメージ 17

微・妙



イメージ 18

富士山のてっぺんに雲がかかってた



イメージ 19

残念
今年はダメだね



2月2日

イメージ 20

あきらめずに屋上へ



イメージ 21

上空には白い月



イメージ 22

太陽は眩しいのに



イメージ 24

富士山は見えないよ



イメージ 25

太陽は隠れちゃったけど
ちょっと富士山
現れたかな



イメージ 23

日が沈んだのは



イメージ 26

完全に


イメージ 27

右側だった



イメージ 28

来年また



イメージ 29

リベンジしましょッ

この記事に

開くトラックバック(1)

火・金・月

イメージ 1

昨日
テレビで「今夜は火星と金星と月が接近しています」
と言うので空を見上げてみた



イメージ 2

う〜ん
金星と月はよく見えるけど
火星は
イマイチよく見えないな



イメージ 3

いくら手ぶれ補正付きの
デジカメでも
手持ちで撮るのは限界がありますね〜



イメージ 4

そんなわけで
モタモタ三脚を用意していたら
雲が出てきちゃったよ



イメージ 5

でも雲の合間から金星



イメージ 6

そして月



イメージ 7

寒いし一時退散



イメージ 8

15分後にリベンジです



イメージ 9

一番上の目を凝らしてもよく見えない光が火星
二番目の明るい光が金星
3番目のニタッと笑ってるのが月



イメージ 10

やっぱり
夜空を撮るのは三脚が必要ですね



イメージ 11

いつも手持ちで撮っている
スカイツリーも
三脚を使うとシャープに撮れている気がする

この記事に

3本の白線

イメージ 1

宇宙センターの上空に



イメージ 2

3本の白い平行線



イメージ 5

毎日のように見る飛行機雲も



イメージ 4

綺麗に引かれた3本線を見るのは初めてかも



イメージ 6

飛行機雲が
世界で初めて観測されたのは1915年
プロペラ機のものらしいです



イメージ 3

そして日本で初めて観測されたのは1931年だったようです
B29の引く飛行機雲が珍しいものだったらしい
(この世界の片隅にから)



イメージ 7

どんな飛行機なのか気になったので
撮った写真を拡大してみた
なんじゃろね



イメージ 8

昨日、夕方の飛行機雲でした

この記事に

毎日違う夕焼け

最近の夕焼け観察日記です


スカイツリーと富士山

イメージ 1

1月16日



イメージ 3

1月17日



イメージ 28

1月18日



イメージ 5

1月21日



イメージ 7

1月22日
富士山、見えないです〜


イメージ 9

1月23日
2日連続富士山、見えないです〜



イメージ 21

1月24日・1
3日連続富士山、見えないかなぁ



イメージ 22

1月24日・2
日が沈んだらシルエットが出てきたぞ



イメージ 23

1月24日・3
富士山、見えた〜



富士山

イメージ 2

1月16日



イメージ 4

1月17日



イメージ 29

1月18日・1



イメージ 30

1月18日・2



イメージ 6

1月21日



イメージ 8

1月22日
残念



イメージ 10

1月23日
残念



イメージ 24

1月24日・1



イメージ 25

1月24日・2



スカイツリー

イメージ 11

1月17日



イメージ 31

1月18日



イメージ 12

1月21日




イメージ 13

1月22日



イメージ 14

1月23日・1



イメージ 19

1月23日・2



イメージ 26

1月24日



その他

イメージ 15

1月16日



イメージ 16

1月17日



イメージ 32

1月18日



イメージ 17

1月22日・1



イメージ 18

1月22日・2



イメージ 20

1月23日



イメージ 27

1月24日


天気に恵まれない日や
撮り忘れた日もありますが
1月16日から24日までの夕焼けでした

この記事に

開くトラックバック(1)

地上に伸びる白い雲

イメージ 2

今日の江戸川土手散歩



イメージ 1

まるで真夏のような雲が浮かんでいます



イメージ 3

砂ぼこりを上げて
ちめてぇ風が吹く河川敷のグランド



イメージ 4

久しぶりに見たなぁ
砂ぼこり



イメージ 5

電線も風に揺れて右寄りだぁ



イメージ 6

川向こうの
下に伸びる白い雲が気になります



イメージ 7

軽く竜巻状態でも起きてるのかな

それとも
雪でも降ってるのかな



イメージ 8

川のこちら側は冷たい風が吹いているけど
比較的平和な河川敷

この記事に

開くトラックバック(1)

イメージ 1

真冬だけど夏みかんかな?



イメージ 2

昨年3月のじゅん散歩で
高田純次さんがミカンをいただいたお宅ですね


そのすぐ近くにあるのが山本亭

イメージ 3

ありゃ
今日は休館日かぁ
(第3火曜は休館日でした)


しかたがないので土手に上がってみた〜


イメージ 4

ツリーに挟まれたツリー



イメージ 5

山本亭の向こうにスカイツリー



イメージ 6

青い空の下
右にちょこんとスカイツリー



イメージ 7

金町浄水場の大きな4本の茶筒
じつは、お茶じゃなくて
水を浄化させるための活性炭が入っているんですねぇ



イメージ 8

何の塔かな
雲が煙のようで煙突みたい



イメージ 9

ヒンヤリした空気を吸いながら
金町方面に歩きます



イメージ 10

丸い帽子の取水塔
昭和39年完成



イメージ 11

とんがり帽子の取水塔
昭和16年完成



イメージ 12

取水塔マニアにはたまらない
二つの取水塔ですよ



イメージ 13

土手を降りてからも
たくさん歩いたのですが
写真はこれでおしまい

この記事に

この世界の片隅に

イメージ 1

この世界の片隅のさらに片隅の
私道の片隅で咲き始めた椿です



イメージ 2

今年はたくさんツボミが膨らんで



イメージ 3

長い間、楽しめそう



イメージ 4

アップで撮ったら
もやしラーメンが食べたくなっちゃったなぁ



イメージ 5

雲が赤く染まったので
屋上に上がってみました



イメージ 6

左がスカイツリー
中央が名もない鉄塔と沈んだ夕日
右が富士山です



イメージ 7

スカイツリー



イメージ 8

名もない鉄塔と
(への13番とか記号があるかも知れないけど)
沈んだ夕日



イメージ 9

富士山


この世界の片隅には
美しいものがたくさんありますね〜

ボ〜ッとしている僕ですが
ボ〜ッとした主人公のアニメ映画を観てきました

とても辛いことや怖いことを
明るく淡々と描いた
映画でした

ばぁちゃん達の青春時代は
こんな世界だったんだろうなぁ

はぴわんのオススメ度は
    



イメージ 10

そして息子が持っている漫画を借りて
読んでるところです〜


この記事に

迎賓館

イメージ 1

よく晴れた1月6日
迎賓館に行って来ました



イメージ 2

大勢の人で
スゴいことになっているかと思ったら



イメージ 3

超が付くくらい空いていましたよ



イメージ 4

警備の人も拍子抜けだったようです



イメージ 17

お正月だから
空いていたのかなぁ



イメージ 5

おかげで
人を入れずに写真が撮れました



イメージ 6

ここは
紀州徳川家の江戸中屋敷があったところ



イメージ 7

明治32年に着工
明治42年に東宮御所として完成したそうですよ



イメージ 18

明治生まれの人って
もう、ほとんどいないでしょうね〜



イメージ 8

一時期、昭和天皇や現在の天皇陛下も
お住まいになられたようですが



イメージ 9

国会図書館、内閣法制局など
国会や行政の機関に使用されたようです



イメージ 10

その後、昭和43年から改修工事を始め



イメージ 11

迎賓館赤坂離宮として
昭和49年に完成したんですね〜



イメージ 12

さて、本館内部は撮影禁止



イメージ 14

空港みたいな荷物検査があり



イメージ 13

こんなバッジをつけて見学です



イメージ 15

中の様子は豪華絢爛
天井から床までお金をかけたものばかり



イメージ 19

僕には縁のない世界が待っていました



イメージ 16

中の様子を見てみたい方は
内閣府ホームページの
こちらからどうぞ
それぞれの写真をクリックすると
大きな画像で見られますよ




イメージ 20

僕の下手な説明より
こちらの7分37秒の説明の方がわかりやすいかなぁ




イメージ 21

さて和風別館・心亭

こちらは20名のツアー形式なのですが
7名欠席の13名での見学でしたよ

僕以外全員女性

男性はガイドの人と
僕と警備員さんだけ



イメージ 22

残念ながら建物内部は撮影禁止です

中の様子を見てみたい方は
9分20秒の
政府インターネットテレビを見てね




イメージ 23

邸内で飾られる盆栽
邸内にある時は撮影できないけど
ここならOKですね〜



イメージ 24

和風別館の庭園から見る本館



イメージ 25

前庭から見る本館



イメージ 26

本館前から見る飛行機雲



イメージ 27

何から何まで高級品



イメージ 28

宝くじ当てても



イメージ 29

こんな家は建てられないなぁ



イメージ 30

しかし



イメージ 31

ベルサイユ宮殿の方がもっと凄いとか



イメージ 32

上には上があるもんですね〜



イメージ 33

警備員のための建物らしいです



イメージ 34

こちらは警備員の雨宿り用の建物かな



イメージ 35

豪華なものをたくさん見られて



イメージ 36

とてもリッチな気分になれた
はぴわんでございます



イメージ 37

仕事を怠けて「イイ身分だこと」と言われないで
本物のイイ身分になりたいものですねぇ

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事