ここから本文です
KayakDreamer カヤック漕いで夢を追う!
いつかは夢の10船ーバー!

初浮き。。


初浮きしてきました。

北西がけっこう吹きそうな感じだったので近場の湾奥へ。

だいぶ冬らしく気温も下がってきたので、お日様が上がるのを待って出艇です。

早速、漁礁のポイントに向かう途中に怪しい反応発見!

ステンジグを落とすと一投目でHIT!

お〜新年初浮きの一投目でヒットとは縁起がいいなぁ〜
なんて思いながら巻いてると上がってきたのは・・


イメージ 1


メッキ・・。

エバになったら帰ってきてね〜と優しくリリース。

漁礁の青物ポイントに着くと、ベイト反応はバッチリ♪

こりゃもらったな〜( *´艸`)

とジグを落とすも反応なし・・。



狙いを真鯛に変えてタイラバ、まずは浅場から打つも渋い。

と言うよりも魚探に魚が映らない。

深場に落ちたのかな?

と水深100mのポイントを探ってると・・

ビューッ!

強く吹き付ける北西の風で強制的に終了です(T_T)

初釣りは実釣2時間の消化不良な内容でしたが、こればっかりはしょうがない。

今年も自然とうまく付き合いながらデカイの狙って行きたいなぁ〜。




この記事に

開くトラックバック(0)

初釣りは・・・



年末年始は仕事が忙しく休めず、ようやくゆっくり出来そうなのでカヤックで・・

と思いましたが冬休み中の長男を置いていくのはなにか忍びなく

息子と二人で近くの釣り堀へ行って来ました。


イメージ 1


都城市は庄内町にある「カネミ釣り堀ランド」

エサ代、竿代込みで一日遊んでも一家族1500円とかなりリーズナブル。
(魚を持ち帰る場合は別途料金が必要になります)

狙いは鯉、釣り堀なだから簡単に釣れるだろっ( `ー´)ノ

なんて舐めてましたが、これが意外と難しい・・。

日ごろ釣られているせいか頭が良く、警戒心が半端ないです( ゚Д゚)

特に大型の鯉は人影を察知すると直ぐ姿を消します。

そんな中、食パンを餌に大型狙いで置き竿しながら
練り餌で小さいのを狙っていると置き竿している方にデカイのHIT!

しかし一気に竿ごと持って行かれ水草に巻かれてラインブレイク(T_T)

しかしチビはちょこちょこ釣れてくれました。


イメージ 2


息子も楽しんでくれた様で良かったかな?

今年も色々と忙しく、釣りは二の次三の次になりそうですが

なんとかカヤックから10キロオーバー獲りたいな〜( `ー´)ノ

皆さんも安全で良い釣りが出来る一年になります様に。

それでは、本年も宜しくお願い致しますm(__)m



この記事に

チャリコの仇返し。


前回好調だった湾奥で浮いてきました。

9時過ぎ出艇〜早速前回カンパチ釣ったポイントへGO!

しかしポイントに近づくと先行者の方が・・

どうやらアンカリングして餌釣りをされてる様子です。

カンパチポイントはあきらめて、タイラバ巻き巻きしばらく真鯛を狙うもアタリすらなし・・。

やっぱりあのポイントが気になるな〜って事で先行者の方に挨拶して隣でやらせてもらいます。

しかし前回と違ってベイトが殆ど映りません。

ステンレスジグやタイラバで探ってみるも案の定、反応はなし・・。

それならばと、いつもの様に漕ぎまくって魚探の反応を見ては叩きますが・・しっ・・渋い・・。


今年一番の渋さ。


う〜ん、初めから大物狙うから釣れないのかも❔

ここで作戦変更!

前回の様にチャリコを釣ってから恩返ししてもらうパターンです(´艸`*)


早速チャリコポイントへ移動〜苦労しつつなんとかゲット。


イメージ 1


どうぞお逃げ〜^^君〜分かってるよね〜?と優しくリリース。

これでカンパチか大鯛釣れるはずです( `ー´)ノ

しかしおかしいな〜状況は全く変わらず渋い海。

気付けば時刻は16時前、こんな残業初めてです・・orz

あきらめつつ帰りながらボチボチやってるとようやくHIT!


いやいや、YOUじゃないでしょ・・。



イメージ 2





チャリコの野郎・・今度会ったら塩振って焼いてやります。


この記事に

開くトラックバック(0)

チャリコの恩返し。


久し振りに湾奥で浮いて来ました。

狙いは紅葉鯛、前々日に降った大雨の影響が心配でしたが、出艇してみると想像以上の濁り。

海はいつも以上にドンヨリとしてますが、前回の荒れた外海と比べると、まるで湖の様な湾奥の海です。



イメージ 1



外海と比べ魚は少ないですが、のんびりプカプカとタイラバ巻き巻きするのが心地良い。


しかし残念ながら魚からのコンタクトがありません・・(T_T)



大雨で水温が急激に下がったのが原因か?


たまにアタリがあるものの活性は低い様。



ありあまる体力を使って水深10mから160mまで、阿保みたいに漕ぎまくっては攻めますが反応はなし・・。



イメージ 2



水深160m、これ以上深くなると水深を感知できませんでした。


開始から4時間ノーヒット・・脳裏には久し振りにボの文字が・・。


いやっ、ボウズだけは避けたいな〜。



エソでもカサゴでも・・なんでも良いから1匹だけ釣ったら帰ろう!

と自分にノルマを課してモチベーションを保ちながらやってると開始から5時間ようやく



HIT!



この引きは・・やっぱり・・?



イメージ 3




チャリコー!ありがとう!とリリースです。


ノルマ達成で終了のはずでしたが潮止まり前の時合かも・・


と釣り人の活性は急上昇(笑)


もうちょっと頑張ってみる事にします。


しかしこっから事態は急展開。



砂地でフラットが多い湾奥の海ですが、そこそこに広がる瀬を発見!


瀬にはかなりのベイトも着いています。


魚探にポイント登録して、即インチク落として巻くとズシリと重み。

根掛かりと思った瞬間



ジーッ!



暴力的な引き!



しかしすぐ冷静に・・湾奥でこの引き・・たぶんサメでしょ?



サメだとルアー回収出来ないんだよな〜外れてくれないかな〜

なんて考えながら徐々に浮いてくる魚体を見ると・・


え?青物?


急にファイトは慎重になります(笑)


魚の正体・・カヤックからは初の




イメージ 4



カンパチ ( `ー´)ノ

釣れちゃった一尾。


カンパチが居るならと限界丸さんハンドメイドのステンレスジグにルアーチェンジ。



一投下目でシャクシャクシャク・・


ドン!





イメージ 5



釣った感のある一尾 ( `ー´)ノ 

どちらも嬉しいものですが(^^;)


続けてステンジグにオオモンハタ。



イメージ 6



魚も嬉しいですが自分で漕いで発見した瀬での釣果。

カヤックはこういう面白さもあるな〜と実感。


今日の釣果。




イメージ 7




あのチャリコのヒットが無かったらカンパチ無かったかも。

やっぱりモチベーションは大事だと痛感しました。






















































この記事に

開くトラックバック(0)


おたけさん、うめさんの超豪華メンバーと浮いて来ました。

怪魚ハンターおたけさんのブログ

カヤック、磯釣りのエキスパートうめさんのブログ

もう1年以上の付き合いになると思いますが
何故だか二人は揃う事はあっても3人揃うの事はありませんでした。

そんな記念すべきカヤック釣行でしたが現地について出艇してみると
予想以上に強い風。

しかも私の場合、外海で浮くのは今年の1月以来かな?

風裏のポイントに向かうお二人を尻目にビクビクしながら
風が落ち着くまで安全第一で出艇場所近くのポイントを攻める事に。

しかしやっぱり強い風・・陸から吹く風ですが水深15mまで流されると
危険を感じる程でした。

更に浅いポイントで気休め程度にタイラバ、青物狙いでポッパー投げますが
なんにも起こりません(;´・ω・)

開始2時間半ノーバイト(T_T)

消化不良な時間を過ごしていると、おたけさんやうめさんから
アカハタやシブダイが釣れたとの嫌がらせのメールが・・(笑)

開始から3時間、風もようやく落ち着いてきたので反撃開始です( `ー´)ノ

タイラバ落とすと、ようやくファーストHIT!

・・・

・・・



イメージ 1



しかし・・・イラ。




ポイントを大きく変え浅場の岩礁帯を攻めるとゴゴッ!

と引くのは最初だけでスーッと上がってきたのは
やっぱりアカハタ君。



イメージ 2



すぐさま落とすと連ちゃん♪

アカハタ団地発見です。



イメージ 3



オオモンハタもサイズは出ませんでしたが
ベイトがウジャウジャ映るところで連発。



イメージ 4



基本的に渋かったですが短い時合で集中的に釣れる。
この日はそんな感じの海でした。




今回の釣果。





イメージ 5


シブダイはうめさんからのバースデイプレゼント。

そうそう、この日はたまたま誕生日でした。

オヤジなので、あまりめでたくはないですが思い出深い誕生日になりました。

おたけさん、うめさん、またお付き合い下さい。
















































この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事