ここから本文です
映画館、テレビ、ネット、レンタルごちゃまぜで見ています。

最近

最近YouTubeを開くとついついゆりあんレトリイバアやブルゾンちえみを見てしまう。
ほんとこの二人の勢いはすごいな〜。今度のR-1まじで楽しみや〜。
そして気が付くと渡辺直美までいきついている私。
どんだけぽっちゃり女芸人好きなんだよww

あ、映画の感想でした。

イメージ 1


新宿シネカリテだと満席続きなので、ちょっとずらして渋谷のアップリンクにて。
うぬぬ・・・余り他と比較したくないんだけどやっぱ比較しちゃう。
住宅街に住む孤独な、妻に先立たれた頑固じいさんの話は嫌いではない。
どんなに頑なでも結局は周囲に理解され、孤独じゃなくなっていき、ラストには何らかの救いがあったりするからだ。
頑固なじいさんを通してわが身を振り返り、共感したり安心したり。
この映画も結構な評判だったので見に行った訳だが・・
何せ「孤独のススメ」という似たような設定の、しかも強烈な新展開に至る衝撃作(!)を見たばかりなのでね〜・・ついついねえ。
あっちの方が面白かったなあ・・なんて思ってしまう。
同じ感じでは「グラントリノ」てのもあったっけ。これなんかは「頑固な孤独じいさんが近所と分かり合う」物の王道だよな〜。
(なんちゅうジャンルだw)
本作も良かったし嫌いじゃないんだけど・・よくあるっちゅーかなんちゅーか。
それでもお隣さんとの交流などの描写は微笑ましくて良かったんだけども。


イメージ 2



DVDにて鑑賞。何かいい邦画ないかな〜とTSUTAYAをうろうろしていたらこれが見つかった。予告編を見たときはかなり気になった。
ようするに「リストラや離婚や震災ですっかりやる気がなくなってニートになってしまった息子を社会復帰させるために親父が体を張って対応する」ということなんだけど、その張り方が重いのよね・・w

中身は定点カメラでずーっと動かないせいか、舞台劇を見ているよう。
顔もそうそうupにならないし(一部をのぞく)背中で演技してることも多い。
モノクロ画面に加えて重い内容なので飽きちゃう人は飽きちゃうかもなあ。
ネットでも賛否両論だね。
私は内容がどうこうというより、仲代さんと北村さんの演技に見入ってしまって、ああーこれほんとに舞台だったらいいのに・・と思ったくらい集中しちゃいました。演技をじっくり見せる感じ?それで何か浮彫りにする感じ?
うまく言えないけど、演技の説得力でこの作品のちょっとえげつない部分をカバーしてるような気がする・・・
まあでも余り人には薦められないな。

ほかにもう1本借りたのでこれは本日鑑賞予定。
これと真逆で楽しく屈託のない感じを期待♪


この記事に

開くトラックバック(1)[NEW]

邦画ばっかり

別に意図してるわけではないのだが、最近見た作品はまたもや邦画だらけなり。



「海炭市叙景」

ああ・・こういうのってやっぱり好きなんだよね。
市井の人々のしかも中流以下の人々の模索する日々。
生きづらい、苦しい。でも生きていく日々。
それを眺めて感動するっていうより共感するんだろうな。
それが意外な安心感にもつながったりしてるのかなあ。
自分も低所得者層だしねえ〜・・w
「♪よう、そこのわけ〜の、俺の話を聞いてくれえ〜♪」の竹原ピストル、演者でもあるんですねえ。初めて拝見しました。
加瀬亮くん、こういう嫌な役もぴったしですねえ。感心。
その加瀬くんの妻役の人が素人っていうのにびっくり。
いや絶対過去に演技経験あるでしょ。こんな難しい役こなせないよ〜そうそう。
・・色々共感しつつ、しみじみ鑑賞いたしました。


「湯を沸かすほどの熱い愛」

これも宿題の一つ。実は難病系、余命いくばく系に余り食指が動かない。
病気や儚い命を利用して感動に持って行ったりする感じが好きじゃないから。
予告見てあ〜〜・・これはパスだな、と。
最近キュンキュン恋愛系もこういうの多くない?あと1年の命、とかさー。
だから見る気なかったんだけど。
・・・何だか評判いいし。(←これに弱い)
ま、騙されたと思ってみてみますか、と。
うん・・うん。悪くなかったですねえ。むしろ素直に感動しそうになった。
宮沢りえ、これ代表作になるんじゃないか?今迄で一番いい気がするよ。
今注目の杉咲花、上手いね〜ほんと。一気に画面をさらうね。
一見難病ものながら、実は「いなくなった」母親と娘の葛藤の物語だった。
宮沢りえの力演をオダジョーと松坂桃李が力の抜けた感じでやわらかく支える。
そんな構図を楽しんだ。・・でもやっぱり余命系にする必要があったのか?とほのかな疑問は残る。


「永い言い訳」

これは見たかった作品。予想以上の展開に納得。
人ってただまっすぐなだけじゃなくて相手に色々抱えていて、それをぶつけ合うだけじゃ収まらず遺恨を残してたりどうでもよくなったりしてしまうんだけど、いざその相手を喪失したときにどうとり繕うのか?そしてその後どう感じるのか?
ただ長年連れ添った妻が死んだ、だから後悔しまくりでーす・・という単純なお話ではなかったので大満足。
しかし、他者との関係って大事だなあ。人によってそれぞれ距離のバランスがあるだろうけど、全く他者と交わらない人生なんてやっぱり考えられない。
「湯を〜」もそうだけどこの映画もちょっとした疑似家族を楽しむ雰囲気がある。
他人が見たらおかしな関係だけどちゃんとつながっちゃう。
こういう感じのは好きです。
モックンはやっぱすごいなあ。そしておやここにも竹原ピストル!
何だか彼と縁があるねえ〜最近♪
「バイプレイヤーズ」のエンディングも彼だしね♪


ということで、後半2本は下高井戸シネマにて鑑賞。
計らずとも某お茶CMの夫婦を演じてた二人が主演でありました。

この記事に

新宿にて

いや〜久しぶりに新宿ピカデリーに行ったら受付が殆ど自動券売機になっててびっくりしちまった。人間さんがお相手してくれる受付は端っこに2,3口。
こうやって人件費を削っていくんだねえ・・そのうち入場口も自動改札になったりして??
そんなこんなで2本見ました。




イメージ 1「この世界の片隅に」

今年初の「宿題」見させていただきました。
この作品、おそらくこんなに評判にならなきゃぜんっぜん見逃してた。
予告編もそそらなかったし、画の雰囲気も惹かれなかったし。
私が好むアニメとは真逆の画。だからねえ〜。
・・でもやはり、なんでも見て見なきゃわからないねえ。

私は良かったと思います。総じて。
主人公のすずという人が、普通に生きる、暮らしを営む。
その彼女がたまたま生まれたのが「あの時代」だったんだ、というような自然な描き方。しかも必死に。暮らすことが食べることが闘い。
場面転換もぽんぽん進んでテンポよかった。
ナレーションも、説明というよりすずの独白、という感じで悪くなかった。
そして、押しつけがましくない「反戦」のメッセージ。
若者がたくさん見に来てるらしいのでいいと思う。
わけもわからずでもいいから、どんどん見ればいい。
「そういや、若いころ見たあのアニメ、ああいうことだったんだな」と思い出せばいいのでは。
皆がみんなただのアニメだと捉えるわけではないと思う。
「君の名は。」よりよっぽどいいよ・・ってこれは偏見ですねw



イメージ 2「ザ・コンサルタント」

キターー!私の大好きな「実は強いやつ」系!
でもね、ただの強いやつのアクションだけじゃないんだよ。
高機能障害を持つ主人公を通して「異質な人間なんていない、苦手なものと得意なものの違いが大きいだけだ」という愛あるテーマを描いてるんだよ〜〜。
ちょっと回想多いし途中でからんでくる女性とのなんたらが長いし、色々詰め込み過ぎかなあとも思うんだけど、でも面白かったから大丈夫♪
あのラストの展開には驚いたねえ〜・・そういや弟は?と思ってたんで。
ベン・アフレックがなかなかハマってたと思うので2もありだな。

・・しかし、デンゼルの「イコライザー」もそうだったけど「実は強いやつ」になるには、いささか神経質でないとダメなのだろうか・・ね?




この記事に

開くトラックバック(2)

またテレビ

最近テレ東の深夜枠のドラマに興味津々。・・なのだが、実際に録画してきちんと見届けてるのは「バイプレイヤーズ」のみである。
ほんとはリリーさん主演の「銀と金」山田孝之のフェイクドキュメントの「山田孝之のカンヌ映画祭」もちゃんと見たいっ。

じゃあ全部録画すればいいじゃん。そう、そうだよね。
・・ただ我が家には夜中に突然起きて深夜番組を見たがる親父wがいて、そいつがあまりにも私がタイマーしまくってるとへそを曲げるのだ。
昔はいちいち「これを深夜に録っても宜しいでしょうか」とお伺いを立てないと大変だったのだが、最近は丸くなられたのでそんなにピリピリしなくてもよくなった。
でもね・・やっぱりね。「またタイマーかっ。昨日もそうだったじゃないか!」みたいなね・・そういうのはめんどくさいからね〜。
(そういう意味でゴールデンタイムのドラマの録画をあきらめてる場合が多い)
だから本当にちゃんと見たいのだけに絞っているのだ。

ま、我が家の愚痴はくれくらいにしてw
とにかくテレ東の深夜枠ドラマ、気になるわ〜。
本当に独特の展開になってるし。新しい枠を開拓したよね〜。
何かつまんなかったらちょっと見ちゃおうかな、なんて思っちゃうし。
大したもんだわ〜。

あ。深夜と言えば。
ちょっと前に博多華丸さんがハシゴ酒する番組に松重さんと光石さんが番宣で出てたんだけど、いや〜呑むよね〜二人とも。
松重さんは私にはどうしても「孤独のグルメ」のイメージあるから、まあ下戸とは言わないけど酒飲むにしても節度ある、みたいなそんな感じを思っていたけど、番組なのにぐびぐびw
3件はしごして日本酒6合吞んでたな〜。光石さんも結構イッテたけど、凄かったな〜最後顔真っ赤でw酒飲みの私としてはとても共感いたしました♪

この記事に

テレビ

新年早々、面白そうな番組が続々始まった。
例年なら本放送はあきらめて見逃し配信などで追っかけるのだが、今回は気合?を入れて毎回録画。それも3本も。そのうちアニメ2本w

イメージ 1

「バイプレイヤーズ もしも6人の名わき役がシェアハウスで暮らしたら」

うへへ、好みのおじさん俳優が6人も共演!
しかもコメディタッチでわいわいがやがや。こりゃ堪らん〜!(嬉々)
一応お互いの名前で呼び合ってるし、出演作も本当のやつ出てくるし半分ドキュメンタリーな雰囲気?
(「俺なんかこないだやっと総理大臣になれたと思ったらゴジラに殺されちゃったよ〜」by大杉漣♪)
まだ始まったばかりだからわちゃわちゃ騒がしすぎるけど、そのうち落ち着いてくるでしょう。おまけの本人たちの反省会?みたいな飲み会もいいし♪
それにしても寺島進が一番年下なんだね〜。見えないわ。
大杉さんはもう65なんだねー。・・見えないわ。


イメージ 2

まさかの登場。アニメ版「鬼平」でござる。
情報聞いたときはええー?いまさらなんでアニメ化?と思った。
実写版ので十分じゃん。・・・でもね。
結構大人向けの内容で、映画だったらR指定、でもその大人のノリが古き良き日の時代劇のようでいいのだ〜。
また殺陣がかっちょよい。アニメならではのスピードと構図。
声優陣も渋い配役でますます嬉しい悲鳴。(所謂アニメ声の声優はなし)
今後も大期待!!


イメージ 3

あとはこれ↑の続編ね。


バラエティも相変わらず継続して見まくりつつ、上記3本もがんばるぞ。
野球シーズンまでには完結してるだろうから、旦那のお気に障ることもないでしょうww多分。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事