塵壺日誌

日々の出来事や感じた事を綴った駄文の塵壺

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

さて、今回も牡蠣フライネタ。
伊勢佐木沿いの「レストラン コトブキ」さん
考えてみたら、こちらは元旦にオムライスを頂きにきて以来だ・・・

旧店舗時代はもう少し頻繁に食事を頂きに来ていたのだが、新店舗に
移られてからは、何となく足が遠のいてしまった気がする。
まぁ、雰囲気は明るくなったし、味もそう変わった訳じゃないん
だけどね。
旧店舗時代の雰囲気が独特で印象深かったからなぁ・・・

さて、壁に「牡蠣フライ 900円」の張り紙を確認し注文。
こちらはライスは別注文なので「ライスもつけてください」と注文
したのだけれども、こちらのナポリタンも随分とご無沙汰だったので
ライスをやめて、牡蠣フライ900円とナポリタン650円を注文。

先に牡蠣フライが出され、すぐにナポリタンも持ってきてくれた。
牡蠣フライは小粒ながら7個入っていて、粗めの衣の揚げあがった姿が
実に美味そう。
牡蠣フライのプレートには千キャベツとマカロニのケチャップ炒め、
オレンジとレモンの切り身が乗っている。
このオレンジはデザートなのか・・・それともレモンのように牡蠣
フライに果汁を搾り掛けるのか・・・

マヨネーズが付いているが、これは手作りなのか酸味の弱い優しい
お味のもので、個人的にはサラダには向いているが牡蠣フライには
ソースの方が合っている気がした。

牡蠣フライを一口いったら、衣のサクサク感がたまりませんねぇ・・・
つか、この揚げ具合は今年食べた牡蠣フライの中では秀逸の揚げ具合だ。
牡蠣そのものはそれほどのものではないと思うが、揚げ方が上手いと
それだけで凄く美味しく感じる。

ナポリタンは昔のぶっといスパゲティではないものの、ケチャップで
真っ赤に染まった見た目も、ケチャップの焦げた良い香りも昔ながらの
ナポリタンそのもの。
茹で加減もやや緩めでナポリタンにはばっちりだ。
具はハム、玉ねぎ、マッシュルームと実にシンプル。

そう言えば、こちらには普通のナポリタン650円と、ウインナーナポリ
タン750円の2種類があるのだが、旧店舗時代のメニューにはこの
「ウインナー」は「ウヰンナー」と表記してあって、店のクラシカルな
雰囲気に良く似合っていたのだが、新店舗に移ってからはメニュー表も
新調され、普通の「ウインナー」と言う表記になってしまった。
ま、味とかにはまるっきり関係ないのだが・・・

それにしても牡蠣フライのほうは小粒ながら7個のり、ナポリタンも
普通の店よりも量が多くボリュームがかなりある。
こちらの料理は凄く美味しいわけではないが、何となく安心して食べら
れるお味だ。
牡蠣フライもナポリタンも、味量ともに満足でしたねぇ。

店名 レストラン コトブキ
住所 横浜市中区若葉町3-57
TEL 045-251-6316
営業 24時間営業
休日 不定休 (サイトはこうなってますが、確か火曜がお休みだったかと)
http://www.walkerplus.com/yokohama/gourmet/contents/yoy279.html

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事