塵壺日誌

日々の出来事や感じた事を綴った駄文の塵壺

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

さて、今度は伊勢佐木長者町にある「コッコパン」さんの牡蠣フライ。
通り掛かりに店頭にメニュー版が置いてあったので見てみると、「牡蠣
フライ レモンタルタルソース 1000円」とあり美味しそうだったので
久しぶりに寄らせてもらった。

お店に入るとやはりお客はぼく一人。
結構広いスペースで何となくレトロで良い雰囲気の店内。
奥の席に着くとおばさんがメニューを手渡してくれたので見てみる。

こちらもライスなどは別で、料理+650円でライス・スープ・サラダが
つけられるようだ。
それでも良いかと思ったのだが、もう少しメニューを見ると一番最初の
ページにナポリタンの文字を発見。

こう言う雰囲気のお店で出すナポリタンと言うのは興味がある。
しかもナポリタンの文字の横に「海鮮 トマト クリーム」とある。
ふむ・・・ちょっと想像がつかないが面白そうだという事で、牡蠣フライ
1000円+ナポリタン850円を注文。

先にお約束のクラフトのパルメザンチーズ緑缶とタバスコを持ってきて
くれた。
これが出てくると言うことは、やはりケチャップスパと言うことなん
だろうか・・・

そうこうしている内に、まず牡蠣フライが登場。
少し小さめだが、きめの細かい綺麗な衣の牡蠣フライが8個。
それに付け合せはポテトににんじんのグラッセ、インゲンソテー。
さすがに如何にも古い洋食屋さんと言った感じの趣の盛り付け。

で、次にナポリタンが登場。
え?これナポリタン?と言うくらいに所謂ナポリタンとは全然見かけも
香りも違う。
どちらかと言うと赤みがかったクリームソースぽい。
具はイカ、マッシュルーム、玉ねぎ、トマト。

さて、早速牡蠣を食べてみるとさくっとした歯ざわりで、牡蠣の汁が
口の中に広がる。
のだが、それと一緒にスパイシーな胡椒の風味も口に広がった。
んん?これは珍しい風味のカキフライだ。

そう言えば、こちらのお店は胡椒の風味を多用されていた記憶がある。
が、まさかカキフライにここまで強いこしょうの風味をつけるとは
思わなかった。

ちょっと胡椒の風味が強いかなぁ?と思ったが、これが手作りの
タルタルソースと不思議とよく合い美味しい。
付け合せのポテトもインゲンも、おいしいですねぇ。
ちょっと変わってるけど、好きです、このカキフライ。

さて、ナポリタンの方・・・
食べてみると、やはりナポリタンと言うよりもクトマト風味のリーム
スパゲティだ。
この若干と的の風味を感じるクリームソースは実に美味い。
これがナポリタンだと思い出させるのはクラフトの粉チーズとタバスコの
存在だけだろう。
タバスコは合わない気がするが、粉チーズを振り掛けると美味しさが増す。

こう言うナポリタンも始めて食べたなぁ・・・
パスタ矢で普通に海鮮トマトクリームのパスタと言って出されても、
全く違和感が無いだろうな、これ。

スパゲティは、ナポリタンのほかにボンゴレビアンコとツナの和風スパ
ゲティ(だったかな?)の3種類がメニューにあったが、これはぜひ他の
スパゲティも食べてみたい。

牡蠣フライに関しては、かなり好き嫌いが分かれそう。
試すならランチを狙った方が良いかもしれない。
ただ、ランチで出されているのかどうか分らないのだが・・・
個人的には、こちらのナポリタンも牡蠣フライも好きです。

店名 コッコバン
住所 神奈川県横浜市中区弥生町2丁目21
電話 045-251-8743
http://gourmet.yahoo.co.jp/0001307359/0003408166/ktop/

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事