塵壺日誌

日々の出来事や感じた事を綴った駄文の塵壺

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

さて、今日の夕飯は伊勢佐木長者町駅そばにある「和香佐」さんへ。
こちらのお店は、以前からこの場所でお店をされていたのだが、昨年辺り
にマンション建設のため一時休業されていて、今週月曜日にリニューアル
オープンなさった。

休店前には安くてボリュームがあって、そこそこ美味しい定食を出して
くれたのでたまに寄らせてもらっていた。
この「和香佐」さん、浦舟町にも支店があり、そこは何故か中華屋さん
なのに「すいとん」が置いてあったな・・・
結構頻繁にメニュー構成が変わるので、今もあるのかどうか分らないが。

さて、お店の前に行くと数人の背広を着たサラリーマン達がたむろして
いる。
んー、さすがに開店したばかりだと行列も仕方ないか・・・と思い後ろに
並んだのだが、こいつら暫く談笑した後散りやがった・・・
おいおい・・・開店した手の店の前で堂々とたむろしてんじゃない、馬鹿
リーマンども・・・とたまには毒を吐いておこう・・・笑

さて、そんなこんなで店の中に入ると、行列しないまでも8割方席は埋ま
っており盛況のご様子。
あいていた4人掛けテーブルにつきメニューを見ると、オープンセールで
全品500円なのだそうな。

500円と言っても定食は10種類くらいはあるし、麺類だって6,7種類はある
ようだ。
まぁ、勿論普段の値段はもう少し高いのだろうが。
メニューを見ると麻婆豆腐と四川麻婆豆腐の二種類が目に入る。
ふむ・・・麻婆豆腐だけではなく四川麻婆豆腐なんてかかれると、期待感
がそそられるではないか。

と言う事で、四川麻婆豆腐定食500円を注文。
待っている間にも、お客さんはひっきりなしに回転していくが、入って
来るお客さんの方が出るお客さんより多いので、どんどん席が埋まり、
とうとう相席となった。
お店の人たちも調理場も接客も忙しく動き回っている。
動きの鈍いぼくでは、こう言うお店では勤まるまいな・・・

さて、待つ事しばしで定食登場。
ご飯、スープ、麻婆豆腐、漬物のセットでボリューム満点。
麻婆豆腐は赤みが強く、豆腐見ひき肉もたっぷりで実に美味そう。
が、山椒の香りはしないが・・・

食べてみると、結構辛味が強いが、この辛味は山椒の辛味ではなく、
唐辛子とラー油で出されたもののようだ。
ま、別に本場を歌って四川料理のお店ではなく、街の中華屋さんなの
だから、こう言うものが出てくるのは普通だろう。
なんだかんだ言っても、熱々の辛味の強い麻婆豆腐は実に美味い。

ま、そもそも本場の四川麻婆豆腐が食べたきゃ、近くの「華隆餐館」
さんに食べに行けばよいのだ。
て、あそこでも中国大連で入った街中のしょぼい食堂で出してくれた
麻辣豆腐の風味にはかなわないのだが・・・
て、食事なんて味だけじゃなくて香りや状況によっても大きく左右
されるもんだしね。

こちらのお店はご飯とスープのお替りが自由だそうな。
お値段も通常の価格になっても700〜800円くらいが中心の価格帯に
なるだろうから、十分良心的なお店だろう。
んー、ぼくは余り本格的過ぎる中華料理よりも、こういった街中中華
のお味の方が舌に合ってるなぁ・・・
満足の行くお食事でした。

店名 和香佐
住所 横浜市中区長者町4−10−10
電話 045−664−5033
営業 11:00am〜3:00am

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事