全体表示

[ リスト ]

さて(^^ 久しぶりに勉強ですよ!(−◇−

機‖臚位炎症候群の患者。橈骨動脈での脈拍測定で触れが弱い場合、優先して行うのはどれか。

1 両側の橈骨動脈を同時に測定する
2 心尖拍動と橈骨動脈とを同時に測定する
3 同側の上腕動脈を測定する
4 深呼吸を促して同じ部位で測定する


【解答】1 
1 大動脈炎症候群では、病変が起こっている側の脈の欠損や、血行障害がおこる。
 両側の橈骨動脈を同時に測定することは、左右どちらの鎖骨下動脈に異常があるかの判断に用いられる
2 大動脈炎症候群は特に若い女性に好発するといわれているが、心尖拍動は成人、特に女性では
 皮下脂肪が厚いため触知しにくく、橈骨動脈の触知異常を知るためには好ましい測定ではない
3 同側の上腕動脈も、橈骨動脈と同じ鎖骨下動脈から分岐しているため、どちらにも症状がみられる
 可能性があり、正常との比較ができない
4 深呼吸をしても大動脈の炎症によって起こる橈骨動脈の触知異常は変化しない。
呼吸と関連のある脈拍異常では、吸気時に脈脈拍が小さくなる場合は、心タンポナーデや収縮性心膜炎がある


 規則的なリズムの脈を触知するのはどれか。

1 洞性頻脈
2 心室性期外収縮
3 心房細動
4 凝挧室ブロック

【解答】1
洞結節の刺激生成が1分間に100回以上150以下の規則正しい頻脈を示す。
P-P間隔は0.6秒以下で規則正しい。


掘〕液の滴下速度が速すぎた場合に起こる合併症はどれか。2つ選べ

1 肺水腫
2 下痢
3 動脈血酸素分圧上昇
4 心不全

【解答】1と4
1 血管内外の圧力の差が生じることにより肺血管外への水分の異常蓄積が生じる危険性がある。
2 一般的に腸の運動亢進、腸粘膜からの分泌過多により下痢が生じる。下痢時の治療に輸液療法を
  行うことがある。
3 動脈血のガス分圧の変化は静脈内輸液により影響を受けない。
4 滴下速度が速いことで血管の透過性に異常を来す可能性があり、結果として心不全を起こす。


《沈下性浮腫》
寝たきりの患者の沈下性の浮腫を改善するにはどのような治療があり、
どのようなことに注意したらよいか?

浮腫の成因には血漿量の増加、毛細血管における静水圧の上昇・低蛋白血漿による膠質浸透圧の低下、毛細血管壁の透過性亢進・リンパ管の閉塞などがある。
寝たきりで沈下性浮腫が出現する場合は、低栄養によるものが多い。 
改善のためには、必要栄養量がとれているかなどきちんとその人にあった栄養アセスメントが必要である。また『利尿剤』や『強心剤』が必要な場合もある。

【浮腫のある患者の看護計画】
観察:浮腫の部位と程度、随伴症状、食事の摂取量、水分出納、体重、腹囲、薬物の副作用

‖留佞魄榮阿気察排泄量を増加させる
体位変換、浮腫部の高挙、塩分・水分制限、保温
F鷦‥な障害の発生を防ぐ
た欲の減退:塩分制限によるもの。患者への説明、献立・調理法の工夫・雰囲気づくり
ト乕翡緩譴離肇薀屮襦褥瘡発生:損傷させないスキンケア、保湿剤による乾燥防止、衣服の圧迫や
 摩擦・ずれの防止
κ慊鳴汗 

閉じる コメント(0)

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.

よしもとタレントがコンテストに挑戦
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事