御宿かわせみ暦皿

御宿かわせみ(福島・飯坂温泉)の料理を毎月勝手に紹介しているブログです

全体表示

[ リスト ]

福島人、函館に行く

イメージ 1
 
≪ 福島人、函館へ行く ≫
 
 
 
すきっ腹にビールを流し込んだので、酔いが回り始めています。
 
ついでに 旅の恥はかき捨て ってことで、
 
顔出しパネルで記念撮影です。
 
   ( イカのところに私がいます )
 
函館はいたるところに 顔出しパネルがあり旅行情緒いっぱいです。
 
 
 
では、ネオン街に繰り出すまえに、
 
100万ドルの夜景といわれる函館山へレッツ・ゴ〜です。
 
あれ? 100万ドルでしたよね?
 
     まったくのおまけ知識ですが 「100万ドルの夜景」 という言葉は
 
     福島市の真ん中にある信夫山(しのぶやま)の中腹にある
 
     しのぶ荘というところが 商標登録をしていています。
 
     でも、福島市は100万ドル分の明かりはついてないゾ(笑)
 
ちょうど 函館山 行きのバスがきたので、乗り込みます。
 
てっきりロープウェイ乗り場まで乗せてもらえるものだと思っていたので
 
乗り場を通り過ぎ、がんがん急カーブの山道を攻める
 
バスの運転手さんに不安を覚えました。
 
バスガイドさんも乗車して一生懸命、函館山の説明をしているのですが
 
運転手のドライビングと、それに答えるバスのエンジン音が邪魔をして
 
一言も聞こえませんでした〜〜〜。
 
 
  で、到着。   赤レンガ倉庫付近から乗車し 片道320円でした。
 
 
 
日が落ちたばかりなので、まだまだ明るさが残ります。
 
山頂は 人、人、人 の波でした。
 
函館山には中国人観光客が多いんですよ。
 
日本語より中国語が飛び交ってる・・・
 
それとも私たちが中国人エリアに入ってるの?って程です。
 
     そんなエリアは無いですけどね。
 
 
イメージ 2
 
私は写真だけ撮らせてもらうために、図々しくお願いして最前列(笑)
 
もちろん撮影後すぐにお礼を述べて、下がりましたよ。
 
他の方々は頭の上から爪先立ちで撮影したりしていました。
 
 
帰りはロープウェイでさがってきました。
 
あっという間なんですね・・・。
 
 
下がってきたのはよかったのですが、帰り道がわからな〜〜い 
 
仕方がないのでタクシーに乗って、繁華街へ連れて行ってもらいました。
 
 
そして函館の町へ繰り出してゆくのでした!
 
 
                  to be 福島人、函館へ行く③

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

>(イカのところに私がいます)<は、西原理恵子の「毎日かあさん」の漫画かと思いました。(笑)
函館の夜景を見るのにそんなに人混みなんですか?

2010/6/23(水) 午後 4:34 [ country-gentleman ] 返信する

country-gentleman様 コメントありがとうございます。

太陽が沈んでから夜景が映えるようになる時間帯は
ロマンティックに恋人同士が寄り添って・・・なんてのは
夢のまた夢のような混みようです。
田舎者の私は、人に酔いそうになったほどです。
(酒代がかからなくてイイかも<笑)

2010/6/24(木) 午後 3:50 NICK 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事