大本社長の山行記

九州で建設会社を営む会社社長の山歩き日記

全体表示

[ リスト ]

九重近辺の隠れ名山(迷山)を歩く・・上湯沢台と下湯沢台

 九重近辺のピークで、一般的に山名の不明瞭なピークがあります。
 
 調べてみると幾つか判りましたので、今回は、湯沢台を歩いてみることにしましたが・・・・。
 
”12・11・18(日) 凄く暖かくて、いい天気!です
 
 概念図 
イメージ 1
 
 
 途中の泉水山北側の道路から、今日歩く湯沢台を眺めます。
イメージ 10
右側に三俣山が、ドーンと見えるので・・湯沢台は引き立て役みたいです
 
吉部登山口に9:40着き、準備をして9:55頃から歩き始めました。
イメージ 2
                         天気がよいので明るく感じます
 
 ウオーミングアップの歩きを数分すると、急登が始まります。
 この坂を十数分掛けて上ると、あとは平坦な山道になります。
 
       登山口から38分程歩くと、暮雨の滝分岐へ中ります。
イメージ 11
                   まだ、滝の観光はした事が有りません
 
 多少汗をかいたので、上着を脱いだりして5分ほど休憩をします。
 
 ここから、20M程の先の場所に直登ルートがあるので考えましたが、見晴らしのいいピークに寄りたいので先へと進みます。
 
      右側のテープマークの先に、進入口道標がみえます。
イメージ 12
 
      ノンビリ歩いていきます。
イメージ 13
             落葉しているので、左下の鳴子川のせせらぎもみえます
 
 暮雨の滝分岐から14分弱歩くと、雨ヶ池バイパス出合に出ました。
イメージ 3
                     右側の、細い道がバイパスです
 
 此処から、九十九折れの山道を上って行きます。
 
 15分程ゼーぜーいうと、右手にテープマークが点々と続いているのがみえます。
イメージ 4
                       道標などは有りません
 ここから、地図を取り出して歩くことにしましたが、馬酔木林を抜け出すとカヤトの
斜面歩きが始まります。
 
      馬酔木や、カヤトの頭越しにピークが見えています。
イメージ 5
                     それなりに、難渋しながら上って行きます
 
 出合から10分ほどで、ピークに上りつくと, スバラシイ・眺めと出会います!!
 
 此処が、見晴らし丘のピークです
 
 内懐から九重連山が一望できますイメージ 6
      あがった途端に、この眺めですョ・・・・ 坊ガツル上に白口岳、中岳も見え、正面に三俣山です 
 
左手も眺めます。
イメージ 7
                        平治岳から大船山の稜線です
 
 北東方向に、由布岳の双耳峰がくっきりとうかがえます。
イメージ 8
                     残念ながら、雲海上に浮かんでいませんが・・・・
 
 湧蓋山も頭が少し見えます
イメージ 9
                         湯沢台は凸凹が多いようです   
 
 ここから動きたくないのですが・・・、予定通り上湯沢台へと向かいます。
 
                             次回に、続きは記載いたします 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。
Yahoo! Choctle

.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索 検索
 今日全体
メンテナンス中--
メンテナンス中--
メンテナンス中--
メンテナンス中--

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事