七ブログ八起き

鹿島建設という非常識な会社

全体表示

[ リスト ]

鹿島が癒着を図ってきた政治家は、もちろん中曽根康弘だけではない。もしそうであってくれたなら、中曽根の威光が過去のものとなっていくと共に鹿島の隆盛も終焉を迎えることになるので、どんなにか良いことだろう。しかし、鹿島も一人の政治家だけに賭けるほどアホではない。むしろ政界のかなりの部分にその黒い触手を延ばしている。

中曽根と共に鹿島との癒着で有名な大物政治家として、石原慎太郎の名前を挙げることができる。今日は石原と鹿島の癒着について述べてみたい。

石原慎太郎は一橋大学の出身である。彼はまだ政治家になる以前の専業作家だった頃、一橋大のOB会で、やはり同大学のOBである原明太郎という年長の人物と親しくなった。彼は鹿島の副社長・副会長を歴任した人物である。

1968年に参院選に出馬した際、原は後輩である石原の為に人肌脱ぎ、鹿島に新入社員として入社したばかりの栗原俊記を休職させ、石原の第一秘書として派遣している。栗原はその後、約15年間石原の秘書を勤めることになる。

ここでまず驚いてしまうのは、新入社員が入社直後から15年間も休職することが許されるという鹿島の社内ルールである。栗原は後述する事情によって1983年に鹿島建設に復職することになるのだが、入社以来、自社の為に何の働きもしていない幽霊社員に復職を認める会社というのは、常識ではちょっと考えられない。いや、この言い方は正しくない。この事実は、鹿島の社員が政治家の為に尽くすということが、本業に精を出すよりもはるかに自社の為になるということを如実に示している。要するに、政治家に恩を売ることを通じて、公共事業の予算をたくさん獲得して貰い、かつその大部分を自社に回して貰う。これこそ彼らのビジネスの王道なのである。

さて、石原は後に参議院から衆議院に鞍替えをするのだが、1983年の衆院選挙の際、石原と同じ東京2区から新井将敬が立候補した。この選挙戦中にいわゆる「黒シール事件」が勃発する。これは、石原陣営がライバルの新井将敬の選挙ポスターに「北朝鮮より帰化」と書かれたシールを貼ったという事件である(ちなみに、新井将敬は在日コリアンだが、北朝鮮籍を持っていたことはなく、この文面は事実に反する)。このシールを貼っているところを現行犯逮捕されたのが栗原俊記である。石原は「秘書が勝手にやった」と述べ、彼自身に責任が及ぶことはなかった。現職政治家の第一秘書が自らたった一人でシールの製作や貼り付けを実施するとはとても思えないので、石原自身の関与はともかくとして石原陣営による組織的な活動であることは自明である。栗原は石原陣営にとって、たった一人で泥をかぶってくれた大恩ある人物ということになる。

書類送検された栗原はまもなく石原の秘書を辞め、鹿島建設に復職する。その後、栗原俊記は鹿島内で破竹の勢いで出世することになる(これを書いている時点で営業本部の副本部長で、執行役員でもある)。常識的に考えれば、同期入社の社員たちに比べて15年のブランクがある栗原に出世の可能性は殆どないはずなのだが、実際には栗原の会社への貢献はとんでもなく大きいのである。石原慎太郎が、恩義のある栗原に対し、公共事業の工事をどんどん回してくれるのだ(栗原の所属する営業本部は公共事業の受注を行う部署である)。

特に石原が1999年に東京都知事に転進してからの、石原・栗原ラインによる鹿島建設への貢献は非常に大きい。秋葉原再開発、築地市場の移転、東京オリンピックの招致と、石原都知事の政策は、まるで高度成長時代の日本にタイムスリップしたかのような土建寄りの政策である。大型工事を必要とするような政策が次々と生み出され、その工事の大部分が鹿島に回ってくるのだから、鹿島にとってこんなおいしい話はない。

鹿島が石原と栗原の癒着によって獲得した案件として有名なのが、秋葉原ITセンター(後に正式名称が「秋葉原クロスフィールド」と決定)の件である。2002年に秋葉原に都が保有していた青果市場の跡地の再開発の為に入札が行われた。この入札を落札したのが鹿島を中心とする企業グループ(鹿島、NTT都市開発、ダイビルの3社によるUDXグループ)が落札したのだが、この入札は最初から鹿島が落札すると決まっていたものと噂されている。この入札にあたっては、応募すべきプロジェクト案の例が事前に都側から示されたのだが、この例が鹿島が考案したものであった。そして、この例が公開されてから入札までの期間が異様に短く、他社がまともな対案を作るのは殆ど不可能だったそうだ。

それにしても、2006年にオープンしたこの秋葉原クロスフィールド、石原知事が「秋葉原をIT産業の世界的拠点とする」という目的を掲げて作られたものなのだが、果たしてその役割を果たしているのだろうか?産学連携機能を果たすそうなのだが、どんな価値を生み出しているのか、私は寡聞にして知らない。単なる「箱モノ」に見えるのは私だけだろうか。

もちろん、石原・栗原ラインの癒着によって、鹿島が関わった都の公共工事はこれだけではない。そして、石原都政が続く限り、こうして都の予算はせっせと鹿島建設に渡され続けることになる。もちろん、その一部が石原に戻ってくることは言うまでもないだろう。

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

218v7z48
ニュートリノの再実験の結果には本当に驚かされました。
しかし、私が本当に驚かされたのはそちらではなく、
こんな衝撃的な事が、身の回りで起きている事…
我々が知らない世界は、我々のすぐ側にあるのかもしれませんね
ttp://5e61s3Ht.7.q8a.org/5e61s3Ht/ 削除

2011/11/27(日) 午後 0:40 [ お久しぶりです ] 返信する

顔アイコン

ER9g3360
巨乳すぎだろ…
俺の人生で出会った中で、一番チチがでかい女と、
俺の人生の中で一番エ口い事、してきました
ttp://2614p8bF.z98uw.in/2614p8bF/ 削除

2012/6/22(金) 午前 3:18 [ バスト98cm!? ] 返信する

顔アイコン

18y4Q9Is
巨乳すぎだろ…
俺の人生で出会った中で、一番チチがでかい女と、
俺の人生の中で一番エ口い事、してきました
ttp://0u32BTy1.z98uw.in/0u32BTy1/ 削除

2012/7/19(木) 午前 5:07 [ バスト98cm!? ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事