転世塵語

yeonsoの気ままな文章です

書評「希望は生徒」影書房\1700

著者、根津さんは僕の元組合仲間である。
闘いの人である。
日の丸・君が代に対する意見は僕と同じなのだが、僕とは行動力が根本的に異なる。
僕は君が代を唄う自分が想像できず、君が代を唄ってしまったら僕が僕でなくなる、と教職を去った。
根津さんも君が代拒否までは同じなのだが教職にあり続け、君が代起立を拒否し続け、処分になっても戦い続けている。

根津さんのHPは次のとおり。
http://www.din.or.jp/~okidentt/nezusan.htm

で、本であるが、僕の本
http://homepage3.nifty.com/hasunuma/starthp/subpage01.html
は闘いの経過のみで教職員以外にはとても読みづらいものになってしまったが
根津さんは
どのような育ちで教員になったか、
どうして日の丸・君が代に疑問を持つようになったか、
などゆっくり経過を説明しながら現在の状況を述べている。
そして「希望は生徒」のタイトルのとおり、自分の行動は生徒があってこそ、と
静かに語っている。

日の丸・君が代を反対していた同僚が翌年には自ら進んで歌う・起立するようになっても
それを責めることなく、そういう教育状況なのだと分析する。
しかし、「そういう教育状況」に妥協してしまったら自分は自分でなくなる、と。

日本の教育界で、「憲法を守れ・思想信条の自由を守れ」と当たり前の闘いを続ける教員はもう根津さんが最後かも知れない。

「頑張ってください」とは僕は言えない。
ちょっと前に読んだ本の中で「頑張ってください」と書く人は自分は頑張らない宣言をしている、とあったから。そういう人は自分の問題として捉えていないのだから。

アフリカの難民の映像を見て「かわいそう」と思うことも同じである。
自分は冷暖房の効いた室内で残した食べ物を捨てていながら「可哀想」は行動力に欠ける。本当に傷みが理解できていない。

さて、僕は根津さんと共にどうしようか。
アフリカの飢餓状況をどうやって食い止めようか。

その他の最新記事

すべて表示

環境問題

2009/7/11(土) 午後 9:34

安部元総理のおかげで教員免許が更新制となった。 10年に1度、更新講習を受講せねばならない。(免許は失効しないが実質使えない) 通常は30時間の講習を受講せねばならないだが、そんな余裕はない。 そこで、通信教育を利用することになった。(通信でも直接受講でも¥3万ほどかかるのは変わらない) 以下は選択科目(環境)の18時間に替わるレポートである ...すべて表示すべて表示

職場に於いて過酷な労働に虐げられている諸君! このまま黙っていて我慢を貫き通すのか? 退職の日までグチをこぼしながらこの会社にいるのか? 今こそ団結して立ち上がろうではないか!! 正規雇用・非正規雇用を問わない。(それは会社都合のことである。−−我々は共に働く仲間である) 共に働く労働者として、共に手を携えて我々を圧迫する者たちから ...すべて表示すべて表示

スピリチュアル話題お引越し

2008/9/19(金) 午後 11:06

突然ですが・・・・ 当方の現在までの生き方からして、これからもスピリチュアルな話題が増えそうなので、 そういった関係は一つにまとめるべく別にniftyサイトに ブログを設定しました。 スピリチュアル関係の話題は下記に移行いたします。 http://hass.cocolog-nifty.com/blog/ よろしくお ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事