湘南の風

東海道五十三次てくてく旅は湘南の丘へhttp://blogs.yahoo.co.jp/shonanakira/37543013.

全体表示

[ リスト ]

塩の道雪バージョン 

2013-14スキーシーズン、最初で最後のスキーに栂池高原へ行ってきました。体調と体力を考え、今回はスキー半分、寺社巡り半分で楽しんできました。
 
スキーは「湘南の雪」へ
 
栂池では毎回チホテルシャンツェさんお世話になっています。
 
プチシャンツェさんは、塩の道前沢百体観音の入り口にあります。
 塩の道は「塩の道てくてく旅」へ
 
これまではスキーだけでしたが、ほんの少しです雪の塩の道をまわってってみます。
早朝、前沢百体観音から牛方宿まで歩きます。シャンツェさんの裏はクロスカントリースキーのコースになっています。雪が溶けると水芭蕉が咲き始めるそうです。栂池高原スキー場と白馬岳を望みます。
イメージ 1
 
お世話になっていますプチホテルシャンツェさん。自然酵母のパンと安曇野産地鳥や地元産放牧豚、ご主人の手打ちのそばなど自然豊かな素材を味わうことができます。
 
塩の道は左手から進みます。前山百体観音までは2分、牛方宿までは30分です

昨年秋ホテルの前に栂池と白馬岩岳方面を結ぶバイパスが開通しました。岩岳方面から松沢川に架かる新しい栂池パノラマ橋を渡るとシャンツェさんの前に出ます。
イメージ 16
白馬岳
イメージ 6
 
前山シャンツェ:スキージャンプ台です。
イメージ 2
 
前山百体観音は雪の下です。
イメージ 3
 
お地蔵様だけが、雪の下から顔を出しています。
イメージ 4
 
夏の百体観音とは様子が違います。
イメージ 5
 
牛方宿までの塩の道は雪上車が入り整備されています。早朝なので雪がしまっていて、ウォーキングシューズでも埋まらずに歩くことができます。
イメージ 7
 
杉林の中を進むので花粉が出ているのでしょうか、鼻がちょっとクシュンとします。
 
イメージ 8
 
もうすぐ春を感じます。このあたりは昼間日が当たるのでしょうか。歩くとちょっと埋まってしまいます。
イメージ 9
 プチホテルシャンツェから歩いてちょうど30分。沓掛牛方宿に到着です。
イメージ 10
 
雪に埋もれれる牛方宿;塩の道は険しい山道を通るところもあり、荷を運ぶには馬ではなく牛を使いました。牛をひいて歩く牛方が宿泊する宿です。資料館になっていますが、積雪期間はお休みのようです。
イメージ 11
 
イメージ 12
 
牛方宿から栂池高原スキー場まではバス通りを歩いて戻ります。バス通りで庚申塔を見つけました。
イメージ 13
栂池高原メインストリー:深夜バスから降りたスキーに来た学生らしいいくつもの集団がキャリーバックを引きずりながら歩いて来ます。
イメージ 14
 
スキー場駐車場前の双体道祖神
イメージ 15
 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

こんにちは!
子供が小さい頃はスキーに行きましたよ!春休みも子供の休みを待って・・・。
懐かしい思い出です!

2014/3/28(金) 午前 11:05 [ catdogme ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事