アートが丘

「嵐が丘」のヒースクリフの思いは想像力?強迫観念?

夢見る力、あるいは革命と愛ージョン・エヴァレット・ミレイ「オフィーリア」

☆このテキストは、2014年3月に、あるアニュアルの刊行物に掲載されました。 掲載された文は、訂正前のテキストが一部分使用されています。 文の大意には無関係ですが、細部に微妙な違いがあります。 決定稿を、こここ掲載します。 2014年3月12日   * 森アーツセンターギャラリーで開催中の「ラファエル前派」展。ロンドンのテート美術館で人気の高いジョン・エヴァレット・ミレイの「オフィーリア」やダンテ・ゲイブリエル・ロゼッティ「プロセルピナ」など、 19 世紀半ば過ぎの名品を見ることができる。 これらの絵画からは、産業技術革命や都市化など近代化が進行していくイギリスで、現実をみすえながら、それに立ち向かう想像力で、自分たちの時代のフィーリングと思考をリードしようとする若いクリエイターの意気ごみが感すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事