四季の花&身辺雑記

庭の野草が芽を出し始めました。観察するのが楽しみで庭に出たらなかなか家に入れません。

庭のシモバシラ 2

寒さも少し和らぎここ毎日できていたシモバシラの結晶は今朝見当たらずです。
植物は冬眠中で野草の植え替えもなしで今が一番のんびり出来る時期。焦る事がないのでほっこり気分を満喫しています。
今回も庭のシモバシラUPです。1月6日〜17日まで撮りためた結晶です。
毎年変わり栄えしない写真ですがお付合いお願いいたします。

↓1  シモバシラ(霜柱・シソ科)
1月15日  寒波到来に氷の華が綺麗に咲きました。腹ばいになりローアングル
撮影です。

イメージ 1


↓2

イメージ 2


↓3    

イメージ 3


↓4  氷の質感や補正が思ったようにいきません。ホワイトバランス(色温度4000ケルビン)露出補正 −0,3  F11 もう少しシャキッとした写真を撮りたいのですが。

イメージ 4


↓5  蔓に絡まれていた部分が面白く環境を写してみました。 

イメージ 5


↓6

イメージ 6


↓7  茎が真ん中から裂けて・・・。

イメージ 7


↓8  クリスマスローズの近くまで増えてきました。赤い花びらはサザンカです。

イメージ 8


↓9  ローアングルで背景に空を入れて撮影。

イメージ 9


↓ 10  糸車

イメージ 10


↓ 11  何度も結晶を繰り返していると茎の組織が破壊され、その内結晶ができなくなります。

イメージ 11


↓ 12  今年一番の造形美です。(真上から撮影)

イメージ 12


↓ 13  11時頃になると結晶が融けてきます。

イメージ 13


↓ 14  ハート形の結晶。 夢があり私のお気に入りです。

イメージ 14


↓ 15  シモバシラの残花。 今調べたらカラの中にゴマ粒より小さな黒い種が入っていました。

イメージ 15


ご覧頂きありがとうございました。寒さが続きますご自愛ください。

この記事に

開く コメント(0)

冷え込みが厳しく庭の氷の華が満開です。高尾山や他へ出かけないと撮影出来ない霜柱ですが我が家は居ながらにして撮影できますが寒くて寒くて・・・。
マフラーや帽子、手袋とホッカロン防寒対策をして撮影開始です。
今回は12月17日、12月29日に撮影したものです。
次回は今日(15日)撮影した霜柱UPの予定です。よろしくお願いいたします。

余談ですが正月明けに風邪を引き1週間寝込みました。熱はなかったのですが咳が止まらず肺炎かと心配しましたが先生に食欲があれば心配なしと言われほっとしました。元気になりまた動き回っていますが加齢にともない無理は禁物と心しているこの頃です。

↓1  ペンタスでも霜柱が出来るのですね〜本当にびっくりしました。
シソ科のシモバシラより結晶が大きく立派です。
ペンタス(アカネ科・常緑低木・原産アフリカ)12月17日撮影

イメージ 1


↓2  ペンタス  晩秋に花が終わったので根元からカット、根を引き抜こうと思ったのですが根が張って抜けません。そのままにしていたら茎の間から白い物が見え
何と氷の結晶です。大発見した気分です。

イメージ 2


↓3  ペンタスの花。(ネットより拝借) 花びらは5枚、星形の可愛い花。
花期は長く5月〜晩秋まで、暑さには強く寒さには弱いとか。次々と花が咲きます。手間もいらずで今年は何本か庭と鉢植えにと思っています。色も白、赤、ピンク等あります。昨年は108円で購入しました。

イメージ 3


↓4  ペンタス  

イメージ 4


↓5   耐寒性が無いので越冬できるかのか観察してみます。

イメージ 5


↓6  ペンタス

イメージ 6


↓7 ペンタス    動物に似ていませんか、何となく土佐犬?

イメージ 7


↓8
ペンタスは洋種系だけあって茎も太く、結晶も豪快です。(12月29日撮影)
茎も皮が剥がれてきました。この場所は朝日が差し込み油断していると直ぐに結晶が融けてしまいます。

イメージ 8


↓9  オダマキにも結晶ができています。新発見かな?
脇に今年の芽が出ています。

イメージ 9


↓ 10  シモバシラ(霜柱・シソ科)  葉っぱと茎を撮影。
シモバシラは枯れた茎が裂け、茎の水分がしみ出て凍ったものです。急に冷え込んだ朝にしか見られない現象です。この花は名前ごとくシモバシラ、霜柱が出来ることで知られています。

イメージ 10


↓ 11  氷の結晶。(裂けた茎の間から見えています)

イメージ 11


↓ 12

イメージ 12


↓ 13  シモバシラの花 (9月中旬撮影)

イメージ 13

ご覧頂きありがとうございました。次回も庭のシモバシラの予定です。
大寒は20日、寒さが続きます。体調管理にご注意ください。

この記事に

開く コメント(10)[NEW]

 明けましておめでとうございます。更新が遅れがちなブログですが
 本年もよろしくお願いいたします。

今年は酉年、鳥は全天で九羽飛んでいるそうです。
はくちょう(白鳥座)、わし(鷲座)、からす(烏座)、はと(鳩座)、ほうおう(鳳凰座)、
つる(鶴座)などは日本から見え、日本から見えない星座はくじゃく(孔雀座)、ふうちょう(風鳥座)、きょしちょう(巨嘴座)だそうです。
夜空に九羽も鳥が飛んでいるとは初めて知りました。

昨年11月中旬新潟県阿賀野市の瓢湖(ひょうこ)で撮影した白鳥たちです。
現在は新潟県内で鳥インフルエンザウイルスが検出され、瓢湖周辺は立ち入り禁止となっています。(ネット検索より)
昨年紅白歌合戦で水森かおりさんが歌われた「越後水原」は瓢湖を舞台にしたものです。瓢湖には毎年5000羽ほど白鳥が飛来し、阿賀野市の観光スポットとなっています。

↓1  飛翔

イメージ 1


↓2

イメージ 2


↓3

イメージ 3


↓4

イメージ 4


↓5   日本で最初に野生の白鳥の餌付けに成功しました。9時、11時、15時に餌まきし、カモがたくさん寄ってきます。
日中瓢湖には数えるほどの白鳥です。今回の撮影は11時頃です。

イメージ 5


↓6 白鳥は朝、近くの田んぼに落穂を食べに出掛け、夕方瓢湖に帰ってきます。

イメージ 6


↓7

イメージ 7

ご覧頂きありがとうございました。

この記事に

開く コメント(18)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事