ここから本文です
帰国子女芸人ひーちゃん(Heechan)♪
the BIG BANG THEORY で学ぶ英語レッスン


〜帰国子女ひーちゃんの〜


 


the BIG BANG THEORYで学ぶ


ワンポイント英語♪】


 


シーズン4・エピソード13


 


ということで


今日のワンポイント英語は…


 


piss off (ピス・オフ)


 


話言葉では凄くよく使われる表現です。


 


辞書をひくと、


「出て行く、退屈させる、


うんざりさせる、困らせる」


などなど出てきますが、


多分これではピンと来ないかも…。


 


「怒る、不機嫌になる、むかつく、


きれる」なぁんて訳しますかね、


私なら。


もちろん文脈によりますけど。


 


そして、英語がある程度分かる人は


覚えておいてほしいのですが、


基本いつも受動態で使われます。


 


Be動詞+pissed off(ピスト・オフ)


Getpissed off(ピスト・オフ)の形。


 


He got pissed off.


(ヒー・ガット・ピスト・オフ)


「彼ぶちギレちゃって。。。」


みたいな感じで使います。


Angry(アングリー)との差は、


シンプルにpissed off(ピスト・オフ)


の方が雑!荒い!言い方ってところ。


 


若者が結構使うし、若者じゃなくても、


口の悪い人とか、すっごく怒ってたり


したら使います。


 


「まじむかつく!」


「あいつ切れちゃってさ!」


みたいな感じでしょうかね。


 


ちなみに、ひーちゃんこう見えて


真面目でおりこうだったから、


こういう言い方ってまずしないんです。


だから私は言った事ない。


でも周りはみんなよく言ってました。


 


こどもの頃、幽遊白書って漫画に


はまって、その影響で、お姉ちゃんと


ケンカになった時よく「キサマ!」


って言ってたら、お姉ちゃんが


お母さんに「最近ひーちゃんの


口のきき方が悪すぎる」って


つげぐちされて、それからというもの


「キサマ」って言ったら$20の罰金か


もしくは、幽遊白書をしばらく


読ませてもらえなくなるって罰が


ありました。


 


だから私言葉づかいって、英語にしろ


日本語にしろ、意外と丁寧だったり


するんです。


余談でした。。。


 


さて、


今回のthe BIG BANG THEORYでは


こんな使い方がされていました。


 


ペニーがウエイトレスをしている


レストランにご飯を食べに来た


レナード、シェルドン、エイミー。


学会の関係でビッグサーに行く事に


なった、エイミー達は、


オーダーをとりに来たペニーも


誘います。


旅行に行けると喜ぶペニー。


 


ペニー


「夢みたい。


バカンスなんて久しぶりよ。」


 


シェルドン


「バカンスをとるためには


まず働かないとね。」


 


ペニー


「あなた天才にしては大事な鉄則を


把握できてないようね。


料理を運ぶ人間を


piss off(ピス・オフ 怒らせ)


ない事。」


 


これね、どういう事かって言うと、


シェルドンっていっつも腹立つ事


ばっかり言ったりしたりするから、


ペニーがいつもシェルドンの料理


運ぶ時、「つば吐きかけておく」


って言うのw


それがシェルドンにとって一番


嫌な事ってペニー分かってるからw


「あんたの料理につば吐きかける


チャンス、私にはいくらでもあるのよ」


って脅迫なんですw


 


ちなみに、ひーちゃんは


「ブス」って言われたら


Get pissed off


(ゲット・ピスト・オフ)


だから言っちゃダメよん♪


 


明日は、


 


the BIG BANG THEORYで学ぶ


ワンポイント英語♪】


 


シーズン4・エピソード14


 


是非読んでね〜♪


 


月曜〜金曜17時更新中♪


お仕事帰りに是非♪


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事