辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動

毎週土曜日午後3時半〜5時大阪駅南口バス停前アピール☆どなたも参加歓迎よ。

大阪行動

すべて表示

第648回辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動

2017年、明けましておめでとうございます。
1月7日、本年第一回目、通算648回目の「大阪行動」を行いました。参加者は約30名、署名約70筆、チラシは500枚を超える配布ができました。ご支援ご協力、本当にありがとうございます。
 昨年末は沖縄にとって非常に厳しい年の瀬となりましたが、これほどの政府の蛮行は、たたかいに追い詰められている姿でもあります。
 昨年12月13日、新型ヘリ・オスプレイが墜落し大破しました。この事故から1週間おかず飛行が再開、事故原因と言われた空中給油訓練も原因追及途中での再開が強行されました。また20日には、「辺野古違法確認訴訟」で県敗訴の上告棄却を最高裁が決定。22日には県知事不参加のまま北部訓練場の「一部」返還式典が強行されました。そして27日には辺野古埋め立て工事の再開です。
 わずか半月あまりの間に沖縄に対して暴虐極まりない蛮行が国の名のもとに強行されました。これが「基地負担軽減」を唱える安倍政権の正体です。
 しかし、年初、辺野古の浜での「基地建設阻止」の行動に多くの仲間が集まり、「勝つ方法は あきらめないこと」と粘り強くたたかいを継続させていく決意が表明され、また翁長県知事の新年あいさつにあるように基地建設阻止までたたかいぬく決意を共有していきましょう。

□新年、決意も新たに通行人に呼びかけました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

□署名も多くの方が呼びかけに答えて下さいました。
イメージ 4

イメージ 5

□色とりどりのバナーも
イメージ 6

イメージ 9

□三線・島唄も元気よく、沖縄・辺野古テント前とおなじく
イメージ 7

イメージ 8

◇今年も、これまで以上によろしくお願いします。基地建設を阻止するまで!


.


みんなの更新記事