クレヨンマネージャーのブログ

商品や店舗運営のこと、日々感じたこと・・そのまんまのブログです。コメント大歓迎!

プリン専門店クレヨン

すべて表示

挨拶ができる人


久しぶりのブログ更新です^^;

今年ももう半分が過ぎましたね。
3月にオープンの姉妹店「レーシングカフェ ディーズガレージ」もお陰様で、
開店後3か月を過ぎ、順調にご支持をいただけている事、感謝いたします。

一年の真ん中ということもあり毎年この時期は、
初心に返って基本を見直そう!的な取り組みをやっています。

ディーズガレージもまだ始まったばかり!
今こそ基本が大事な時と思っています。

そんな中で私自身もここ数年、たくさんたくさん考えてきた基本の‘挨拶’について、
私なりに感じていることを書いてみたいと思います。


挨拶は

    ○相手の目(顔)をみて

    ○笑顔で

    ○気持ちを込めて

することが大事と思っています。

それは自分では挨拶を「している」あるいは「しました」と思っていても、
相手に届いてなければ、成立しないからです。

    挨拶は、相手に気持ちが届いて初めて成立するもの。

‘おはようございます’の朝の挨拶には、
    今日もよろしくね!
    お互い一日頑張ろうね!
という意味があるし、
ご来店の際の‘いらっしゃいませ’には、
    ようこそお越しくださいました!
    お越しくださりありがとうございます!
という意味がある。

形式的に言葉を投げかけるのではなく、
気持ちを乗せて言葉を発することが大事なのだと思います。

仕事でも日常生活でも、気持ちを入れずに形だけ整っていれば、
あるいは表面だけとりつくろえていれば、
難なく過ぎていけることがたくさんあります。

昔のスピッツの歌の歌詞にもありましたが
ズルしても真面目にも生きていける気がしてしまうのです。

だからこそ、‘気持ちを込めて挨拶’することが、
接客業の我々には特に大切なことなんじゃないかと。


そして、そんな気持ちの伝わる挨拶が、

    ○いつでも

    ○誰にでも

    ○自分から

言うことができて初めて「挨拶ができる人」になれるのだと思います。

‘いつでも’ とは、
体調があまりすぐれないとき、あるいは
心のコンディションがあまり良くないとき。。
人間だからいろいろありますよね〜
でもそういうときでも挨拶は必要だと思います。

体調面でだけでなくもメンタル面でも調子を整えておかないと、これはなかなかできないかもしれません。
でも職場ではやはりそうにしようとする姿勢が大事だと思います。


‘誰にでも’ とは、
お客様やスタッフ同士だけでなく、お取引業者様や地域の人々、
家族や友人、お隣さんやご近所の人々。。

すべては自分と関係しているお世話になっている方たち。
誰にでも挨拶をするということは、
どんな人にも分け隔てなく接するという意味があると思います。


‘自分から’ とは、
挨拶を自分からしない人、あるいは言われたらする人、
というのは言い換えれば、言われるまでしない、ということ。

これでは意欲や積極性は感じられませんし、
これが周囲には‘やる気’ととらえられてしまうのです。

やる気がないととらえられてしまえば、労働者にとっては致命的。
他でたくさん努力をしていても、全体の評価が下がってしまうのです。

だからこそ、自分の視界に人が入ってきたらすぐさま察知して、
「こんにちは〜!」
と自分から明るく元気よく言えることがいい挨拶だな〜と思います。


さてさて自分は??というと、
今日も一日を大切に気持ちを込めて過ごしていこうと、
毎日毎日気を付けている最中です。。。^^;


イメージ 1

2016.7.1  渋川スカイランドパークから見た景色
(小さいですがクレヨンとディーズガレージの屋根が見えます^^)




         クレヨンのホームページはこちら
          http://www.crayon2007.com


                レーシングカフェ 「ディーズガレージ」
                          http://dzgarage.com/



.


みんなの更新記事