有田浩史【バドミントン練習法】での結果 Tanr日記

バドミントンの基礎をしっかりと 身に付けるためのプログラム
これは、バドミントンの基礎をしっかりと
身に付けるためのプログラムです。

このプログラムを試してみたいと思います。

まずは、 ここから

この記事に

有田浩史は「東大阪大学柏原高校」バドミントン部顧問、有田圭一先生の弟であり兄に劣らず、バドミントン指導者として、数多くの実績があります。

どうすれば簡単に正しいフォームを身に付けられるのかといった疑問に最短で正しいフォームを手に入れる練習の順番について説明しています。

正しいフットワークを身に付けるための「3つのポイント」についてどのような動きがベストなのか、「よい例」と「わるい例」の両方から、詳しく説明しています。

いつもシャトルと体との距離は一定であることが大切です。近すぎても、遠すぎてもいけません。歩幅やひざの曲げ具合で、上手く距離を一定にするコツをご説明します。

強く速い羽根を打つポイントは、「体の捻り」と「足の蹴り」の2つです。具体的にどのように動けばいいのか、わかりやすくご説明します。

サーブを打つとき、高い位置でシャトルを打てば上にあがると思いがちですが、必ず下に落ちてくるまで待ってください。その理由と、シャトルを捉えるポイントをご説明します。

スマッシュの練習のポイントは、下に落ちる、角度のあるショットを意識して打つことです。ここでは、初心者が簡単に「下に打ち付けるフォーム」を身に付けられる、ネットを使った練習をご紹介します。

今回のDVDは、「90日間返金保証」がついています。90日間じっくりと取り組んだにもかかわらず、満足のいく効果が得られなかった場合は、商品代金を返金してくれるのです。

この初心者指導法は、バドミントン経験のない(浅い)指導者のためにつくられたものです。正しいフォームの指導ポイントや練習させる順番、わるい例など、知りたかった疑問に全てお答えできる内容です。

今回のDVDに収録されたノウハウは、バドミントンの基礎をしっかりと身に付けるためのプログラムなので中高年でも小学生のお子さんでも問題ありません。


この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事