ここから本文です
I・SEOUL・Uのブログ
ソウル市の公式ブログです
アンニョンハセヨ!

前回に続き、I SEOUL U ソウルの動画です。
今回のテーマはvision & visionです。違う二人がそれぞれ写真を撮ってたら最後は同じ写真だった。という内容です。みなさんの撮った写真にはどのようなソウルが映るでしょうか。



イメージ 6

この記事に

アンニョンハセヨ!

ソウル市がソンパ(松坡)区周辺の公共交通機関の利便性を画期的に改善するため、韓国で初めて地下に「チャムシル広域乗換えセンター」(ソンパデロチャムシル駅〜ソクチョンホス(石村湖)橋の下部)を完工し、バスの運行を開始する。

イメージ 1

チャムシル広域乗換えセンターは地下でバスの回送が可能なターミナルの概念のバス↔地下鉄間の乗り換え施設として、ソンパ(松坡)区周辺の公共交通機関の利便性を向上させて周辺道路の交通の流れを改善するため、2014年6月に着工して2016年12月に完工した。
  • 運営規模はバス31台が駐・停車することができ、チャムシル駅2号線及び8号線のゲートと地下1階で水平に連結している。
    特に、チャムシル広域乗換えセンターにはバスの利用者が快適な環境で待機できるように、バスの停車面と乗り場の間にスクリーンドアやエアカーテンなどを設置し、煤煙及び二酸化炭素などの乗り場への流入を遮断した。
    併せて、チャムシル地下広場からチャムシル広域乗換えセンターに入る入口に総合案内スクリーンを設置し、乗換えセンター内で運行するすべてのバスの運行情報と到着時間情報を利用者に統合的に提供し、乗換えセンター内にも乗り場別にバスの情報案内端末(BIT)を設置した。
    まず2016年12月3日にソンナム(城南)・スウォン(水原)・クァンジュ(光州)方向の6つの路線を移転運行し、2017年1月初めにクリ(九里)・ナムヤンジュ(南楊州)方向の11路線も追加で移転する計画だ。
    また、チャムシル広域乗換えセンターの開通でバス・地下鉄(2号線)の乗り換えの距離が最大530mから最小50mまで短縮されることに伴い、公共交通機関への乗り継ぎの利便性が大きく向上する。
    連番 バスの路線 運行開始日 停留所の位置 既存 変更
    11000-22017.1月初めチャムシル駅1番、
    11番出口
    チャムシル広域乗換えセンター
    2M2323
    31000
    41000-1
    51115-6チャムシル駅
    チャムシル駅、
    ロッテワールド
    6M2316
    78002
    88012
    91001
    1010072016.12.3チャムシル中学校、
    ジャンミ総合商店街
    チャムシル駅
    チャムシル駅1番、11番出口
    111009
    12500-1
    1332
    14116
    15101
    167007-22017.1月初めチャムシル駅
    172000-2


イメージ 6

この記事に

アンニョンハセヨ!

ソウル市はビジネス観光分野の最高権威メディアである<ビジネストラベラーUS(Business Traveler US)>と<グローバルトラベラー(Global Traveler)>で2015年に続いて2016年も2016年世界最高のMICE都市に選ばれた。 

イメージ 1

<ビジネストラベラーUS>が毎年選定する「Best in Business Travel Awards」で最高のMICE都市を意味する「最高の国際ビジネス・ミーティング都市(Best International Business Meetings Destination)」にソウルが5年連続(’12〜’16年)選定された。
2016年に28回目を迎えるMICE・ビジネス観光分野の最高権威の賞である<Best in Business Travel Awards>は、毎年世界最高のMICE都市及び航空会社、ホテル、空港、運・輸送関連の42分野について購読者17万5千人を対象にしたオンラインアンケート調査(’16.5〜7月の3か月間)の結果によって選定、発表した。
<ビジネストラベラー>はビジネス旅行客のための情報を提供する専門メディアで、1976年に英国で初めて発刊されて以来、現在英国、米国など計15の地域で月50万部以上発刊されている。
また、<グローバルトラベラー>が主管した<2016 13th Annual Global Traveler Tested Reader Survey Awards>でも、ソウルが2015年に続いて2年連続「最高のMICE都市」(Best MICE City)に選ばれた
<グローバルトラベラー>は全世界のビジネス旅行客と関連業界の従事者を対象に航空、ホテル、都市、ライフスタイルなどの情報を提供するビジネス旅行専門誌で、2004年に創刊されて月10万5千部が発刊されている。

イメージ 6

この記事に

アンニョンハセヨ!

2016年12月1日、ソウル市はエドウィン・リー(Edwin M.Lee)サンフランシスコ市長を名誉市民に選定し、名誉市民証を授与した。

イメージ 1

特に2016年は二つの都市が1976年5月に姉妹都市を結んでから40周年になる年で、2016年9月にバク・ウォンスンソウル市長が米訪問時にサンフランシスコで40周年記念ソウルの日公演を開催し、これに対する答礼訪問としてサンフランシスコ市長のソウル市訪問が実現した。
エドウィン・リー市長は人権弁護士出身で、2011年にアジア系で初めてサンフランシスコ市長に当選し、2015年に再選した。2014年にソウル市長再選に成功したパク市長と共通点が非常に多い。
ソウル市の外国人名誉市民はソウルで連続3年、または累積5年以上居住中の外国人、もしくは市を訪問した重要外賓を対象として授与している。

イメージ 6

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事