告知前、検査入院の頃。

先日、看護学校で、お話ししたので、昔を、思い出して・・・。
色んな検査して、いた頃、脊髄から、髄液を抜く検査が、ありました、私はまだ仕事をしていましたので、入院は出来ないと、言いました。月2回連休が有るので、1泊2日で、出来ると言うので、検査をしました。
所が、髄液を抜きすぎたのか、寝ている時は、何んともないのですが、立ち上がると、脳から、髄液が下がり立っていられません。1泊2日どころか、1週間かかりました。
その後、睡眠時呼吸器の、オーバーホールで、入院した時、体は、何んともないですが、決まりで、入院した時です。
4人部屋で、3人が、人工呼吸器を、付けた重症患者その時私は、誰にも解らない位元気でした。ですから、食事も、部屋でしか出来ません。
食堂に行けるのは、食べさせて貰う人だけでした。
アラームは、鳴り続けるは、食事時に、吸引始めるは、カフアシストも、音が凄いです。今は、何んともないですが、元気な頃は、まずい食事が、余計に食べられません。
「もう帰る!」 と言いました。1泊です。
主治医は、2〜3泊は、して欲しいと言いましたが、主治医に、前の髄液検査で、1泊のつもりが、1週間になった事、今回、1週間のつもりが、1泊で帰ときもあると言うと、帰してくれました(笑)

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事