全体表示

[ リスト ]

2月2日のブログに書きましたレデューサーですが、本日取り付けてきました。
今回、こなっと大先輩に取付までお世話になってしまいました。
 
お昼過ぎに、こなっと大先輩のお宅に到着!!!
早速取付に向けての準備・・・・・
 
この状態から
イメージ 1
こんなになっちゃいました。
イメージ 2
あら、写真のサイズが・・・・まあ、気にしないでください。
さて、エンジンから出ているブリーザーホースを探し出します。
 
これかぁ・・・・
イメージ 3
で、ここにレデューサーを取り付けます。
レデューサーはこんな感じ。
イメージ 4
中はこんな物が入ってます。
イメージ 5
そうです。
リードバルブ方式の内圧コントローラーなんですね。
 
R1100Sは、大排気量のツインですので、ツインタイプを選択。
ブリーザーホースをカットして取り付けます。
イメージ 6
さて、取り付けた後は、早速試乗。
 
ん???心持ち発進が楽に・・・・。
サクッと周辺を走ってみてのインプレは
・全体的にトルクがアップした感じ(バイクが軽くなった感じ)
・振動が軽減された。
・レスポンスアップ
・エンブレの緩和
といったところが気が付きました。
 
これ、いいですね。
NAGやアエラから、内圧コントロールバルブが出ていますが、見ての通り、R1100Sはアクセスが大変!!!
 
定期的なメンテナンスが結構大変っぽいんですよね。
で、リードバルブタイプなら、構造は複雑ではありますが、メンテナンスの必要性は少し軽減されるのではないか?
 
と考えて、レデューサーに決めました。
さて、試乗を終えてまっすぐ帰宅・・・・と思いましたが、ちょっと遠回りをして帰ってみました。
 
すると、ちょっとした試乗では分からなかった点が出てきました。
・空燃比による補正ができたのか、車体が軽く感じる。
・レスポンスアップは、低回転域ではごくわずか。高回転になればなるほど気持ちよく回ります。
・エンジンブレーキは軽減されますが、コーナーリングのきっかけになるくらいは残ります。
・全域で、振動が軽減されます。
・アフターファイヤーが減る。
 
ん〜、正直こんなに体感できるものとは思いませんでした。
これまでのトルク感を全面に押し出したような加速から、回転と連動したようなスムーズな加速になった感じです。
 
実際、早くなっているのか分かりませんが、結構気持ちよいフィーリングです。
 
参考HP
マエカワエンジニアリング
こなっと大先輩のブログ

この記事に

閉じる コメント(2)

お これこれ前から気になっていたパーツ
みじかで付けてる人がいないのでどうなのか???でした
今度詳しく聞かせて下さいね

2010/5/6(木) 午前 8:43 sel 返信する

selさん>
付けましょ!!!
聞くより体感するべし!!!

2010/5/6(木) 午後 0:45 [ NODAなのだ!!! ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事