全体表示

[ リスト ]

6年前家を建てたとき、正直言って、太陽光発電には大変興味を持った。しかし、節約できる電気料と、装置の償却を考えると、決して得にはならず、損失のほうが大きいことから断念した。

友人のバリバリの現役一級建築士に聞いたところ、「あれはエコに関心が高いことのデモンストレイションみたいなもんだよ;自己満足(かれはもう少し下品な言葉を使ったのだが、それを再現できるほど法師は下品ではない???)」とのことで、断念したのは正解であった。

ところが家を建てたメーカから来た月報にはこのように書かれている:
しかし、電力会社は買い取りにかかる費用を各家庭の電気料金に転嫁するため、
電気代を値上げせざるを得ず、これには反対意見や苦情も多く、今後の行方が気になるところです。
おいおい、買い取りにかかる費用のために、各家庭の電力料金を上げるとはどういうことだ?

これでは太陽光発電をしない家庭にペナルティを課すこと

のなるではないか!

大体私は今の「エコ、エコ」という原理主義者的発言には大きな?を持っている。

スーパーやコンビニだけの都合のために買い物袋を持参させるというのが、実際にはエコには逆行することも本には書かれている:
http://blogs.yahoo.co.jp/higashidake/56595373.html
http://blogs.yahoo.co.jp/higashidake/56894616.html

こういう本が出てくると、それまでありもしないことを書いていた似非環境学者(環境のことをあることないこと書いて金儲けをしている輩ども)はヒステリーをおこす。(男でもヒステリーとはこれいかに?。。。答えはあるのだが、法師の品性にかかわりますので。)

和田教授が心臓移植手術をした時もそうであった。一番乗りを狙っていた連中の癇に障ったために、日本での移植は遅れ、いまになっても脳死がどうのと騒いでいる。

それよりも「移植は自然に反することだから反対」と言う方がずっと理にかなっている。(私は移植大賛成の立場です。)そして本当に心から反対するのなら、外国へ移植に行くのも阻止したら良い。そうすれば一貫性があるとして、見直すことができる。

そうでなければ、日本だけで軍備反対、核廃絶などとオダを上げている「日本国憲法原理主義者」という狂人集団と変わりない。

不勉強で太陽光発電をしない家にはペナルティが課せられることは知らなかった。

これから太陽光発電をしている家を見たら、

お前のために俺の家の電気代が上がる

と憎しみを抱くことになるであろう。

環境に関しては、買い物袋の噺もそうだが、何が正しいのかわからない。どうやら原理主義者たちやマスゴミの言うことが嘘なんだろうなぁと思い、色々な意見があったら、自分に都合のよいものを取り、不都合なものは無視することが得策である。

これからスーパーへ買い物に行くが、レジ袋はしっかりもらいます。

私には「エコ」より「エゴ」です。

この記事に

閉じる コメント(7)

顔アイコン

わしは マスコミの言う事の反対が正しいと常々思っております
エコといえば それはいけませんっていう風にです
逆が正しいのです
傑作

2009/8/14(金) 午前 0:47 [ 道後 ] 返信する

本当にエゴむき出しですね^^

傑作○です。

体調不良で少し休んでおり、ご訪問が遅れまして大変失礼致しました。

2009/8/14(金) 午前 6:17 近野滋之 返信する

顔アイコン

水大師さん、自分に都合良いものだけ拾いましょう。
傑作ありがとうございます。

2009/8/14(金) 午前 7:11 憲坊法師 返信する

顔アイコン

近野さん、暑いさなかです。お体に気をつけて、お過ごしください。
傑作ありがとうございます。

2009/8/14(金) 午前 7:12 憲坊法師 返信する

アバター

エコって本当よく考えないと、何がエコなんだか良く判らないところがあります。

ちなみにエコって、文字数を節約していますが、これは、エコロジーのエコであって、エコノミーのエコではありません・・・って具合に、エコを説明するのに、余計な文字数を使う事になる(^ω^)

東南アジアの森林の伐採を防ぐために、ワリバシや紙オムツを使うのを止めて、マイ箸を持ったり、布オムツにしよ〜・・・なんて、頭の悪い事を云うのが、社民党や共産党の連中ですね(^ω^)

ワリバシや紙オムツを作るために木を切っているのではなく、それらの製品は、ちゃんとした木を育てるために間引いた、間伐財で作ってるんです。それよりも問題なのは、汚れた箸や布オムツを洗った汚水をどこに垂れ流してるのか? って事なんです。

2009/8/14(金) 午後 5:45 藪井竹庵 返信する

アバター

続き。。
私が牛肉を食べるのを止めて鯨の肉を食え! と主張する理由は・・・一頭の牛肉を得るために、600トンの水が使われるのです。鯨の肉を食べるためだけに鯨を殺す場合は、決して鯨は絶滅しませんし、環境破壊にも繋がりません。

鯨の総数が激減した理由は、現在捕鯨に反対している諸国が、鯨を乱獲し、鯨油を絞るだけで捨てたからです*

2009/8/14(金) 午後 5:45 藪井竹庵 返信する

顔アイコン

水大師さんのおっしゃるように、マスゴミの喧伝することには、どうしても疑ってかからないといけません。
一度ラーメン屋で隣に座った夫婦がバッグから「マイ箸」を出して使っていましたが、頭悪そうな顔をしていました。会話から教師夫婦だと思われたのですが、間違いなく日狂組でしょう。
鯨についてはもっと深刻な事情は、彼らはものすごい量の魚を食べます。人類にとっては食料資源を獲得する上においてのとんでもないコンペティタです。
アボリジニは殺してもいいが、鯨は殺してはいけないというのはキチガイです。

2009/8/14(金) 午後 9:05 憲坊法師 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事