みずき〜「草の根通信」の志を継いで〜(資料庫)

本ブログを移転しました(このブログは「資料庫」です)。移転先:http://mizukith.blog91.fc2.com/

全体表示

[ リスト ]

日本政府は、高校授業料無償化対象に朝鮮学校を含めよ!

2010年 1月 29日、日本の内閣はすべての高等学校の授業料を無償化する法案を通過させた。これは民主党の選挙公約を実践するためのもので、法案が施行されれば、今年4月から公立および私立だけではなく、朝鮮学校を含んむブラジル人学校、中華学校などの「各種学校」の高等学生たちも年間約12万円の支援を受けることができる画期的な措置だ。

ところで、昨年末、中井洽拉致問題担当相は、「北朝鮮を制裁中という点を充分に考慮するよう望む」と文部科学相に高校無想化対象から朝鮮学校を除去するように要請した事実が2月23日明らかになった。これに応えるかのように 2月25日鳩山由紀夫総理は、「朝鮮学校が何を教えているかよく分からない」と言って、朝鮮学校を「高校無償化対象」から除外することに同調するような発言をした。鳩山総理の発言は関連法案に対する日本衆院の初審議が始まる時点になされたのもので、法案審議に直接的な圧力として作用しないか憂慮される。

そうでなくても、最近日本では「在日外国人の特権を許さない市民の会」(在特会)が、「朝鮮人は帰れ」、「朝鮮学校をつぶしてしまおう」、「朝鮮人たちは夜道に気をつけろ」と言って、朝鮮学校に対する脅迫と暴力を行っている。産経新聞も北朝鮮が朝鮮学校を支援することを問題にして、朝鮮学校を無償化対象に含ませることに反対している。

日本政府は、敗戦直後から在日朝鮮人たちの民族教育を露骨に抑圧したが、朝鮮学校の構成員たちは抵抗を放棄しなかった。その結果、28都道府県で各種学校として認可され、今も民族教育を行っている。朝鮮学校は、日本の制度に合わせた学制をとっていて、規則に基づいて私立学校に課された各種の行政的な義務も充足している。さらに、民族の言葉と文字そして歴史科目以外は、日本の正規学校(1条校)と異ならない内容を教えている。それのみならず、日本の国立大学を含む大学が朝鮮高級学校の卒業生たちに受験資格を付与しており、彼らの進学率は60% 以上に達している。

このような状況で高校無償化対象に含まれる10余校の朝鮮高級学校に対して支援をしないということは、朝鮮学校の学生たちを日本の構成員と認めようとしない、そして在日朝鮮人に対する歴史性と現実性をともに無視する差別的処置に異ならない。私たちは、日本の総理や政府の一角のこのような矛盾に満ちた言辞を見て、このような試みが現在限りなく下降している政府与党の支持率を引き上げようとする安易な考えから始まったのではないかと疑わざるをえない。また、鳩山総理の発言は、植民地民族差別時代に逆行する発言と言え、鳩山総理が公言している過去清算と東アジア共同体の論議に対する真実性まで否定せざるをえない。

日本が朝鮮を強制併合して100年を迎える時点に、日本政府はアジアでの過去清算に先立ち、内部的な過去清算に積極的に取り組むべきだろう。植民主義清算を真に望む世界の人々は、今回の高校授業料無償化政策をその試金石として注視している。朝鮮学校を高校授業料無償化対象に直ちに含めることを日本政府に求める。

2010.3.5.
真実と未来,国恥100年事業共同推進委員会

姜徳相(在日韓人歴史館館長)、姜萬吉(元尚志大学長)、姜珠慧(韓国挺身隊問題対策協議会事務所長)、コ・ファンギュ(韓国挺身隊問題牧会者対策会長、世界人権宣教会長)、郭貴勲(韓国原爆被害者協会名誉会長)、キム・ギョンナム(基督教社会問題研究所所長)、キム・ギジョン(ウリマダン統一文化研究所代表)、キム・ギジュン(平和在郷軍人会常任共同代表)、金文淑(釜山挺身隊問題対策協議会代表)、キム・ミニョン(韓日民族問題学会代表、群山大教授)、金敏哲(アジア平和と歴史教育連帯共同運営委員長)、キム・ビョンサン(民族問題研究所理事長)、キム・サムヨル(独立有貢者遺族会会長)、金三雄(元独立記念館館長)、金聖甫(歴史問題研究所副所長、延世大教授)、金昇坤(ハングル学会会長)、金時?(成均館大名誉教授、心山思想研究会元会長)、キム・ヨンイル(光復会会長)、金龍吉(韓国原爆被害者協会代表)、キム・ヨンサム(孝昌園を愛する者たち代表)、金元雄(丹齋申采浩先生記念事業会会長、元国会議員)、金滋東(大韓民国臨時政府記念事業会会長)、キム・ジェミン(民族正気具現会事務局長)、金銓昇(興士団事務副総長)、キム・ジョムグ(独島守護隊代表)、キム・ジョンス(1923韓日在日市民連帯常任代表)、キム・ジョンチョル(KIN地球村同胞連帯代表)、キム・ヘイル(独島郷友会代表)、キム・ヒョンテ(正しい過去清算のための汎国民委員会事務次長)、キム・ヒョスン(フォーラム『真実と正義』共同代表、ハンギョレ新聞大記者)、キム・ヒス(弁護士)、ムン・ソングン(興士団 政策室長)、ミン・ソンジン(雲巖?星淑記念事業会会長)、パク・ヨンヒョン(平和在郷軍人会常任共同代表)、朴在承(元大韓弁護士会会長)、パク・ジェファ(民弁過去史委員会 幹事)、パク・ジュンギ(民族民主烈士追慕・記念団体連帯会議代表)、パク・ハンヨン(民族問題研究所研究室長)、パク・ヒョンソ(漢陽大教授)、バン・チェジョル(興士団代表)、〓〓鎬(KIN地球村同胞連帯代表)、ソ・グェンイル(1923韓日在日市民連帯共同代表、韓神大名誉教授)、ソ・ギジョン(独島義勇守備隊同志会 会長)、徐勝(立命館大教授)、ソ・ウヨン(靖国反対共同行動韓国委員会事務局長)、ソ・ジュンソク(アジア平和と歴史教育連帯共同代表)、ソ・ジヨン(平和在郷軍人会常任共同代表)、ソン・ジェサン(平和在郷軍人会常任共同代表)、ソン・ジョンテ(密陽独立運動史研究会 代表)、ソン・ドジャ(日本軍「慰安婦」ハルモニとともにある巨済統営市民の会代表)、ソン・ジェウク(市民運動家)、ソン・ハシク(平和在郷軍人会常任共同代表)、シン・ヨンウク(明日を開く歴史財団常任理事)、シム・ウソン(民俗劇研究所所長、民俗学者)、アン・ギョンウク、アン・ビョンウ(アジア平和と歴史教育連帯共同代表)、安海龍(『オレの心は負けてない』監督)、梁美康(アジア平和と歴史教育連帯共同運営委員長)、尹慶老(親日人名辞典編纂委員会委員長、元漢城大学長)、尹美香(韓国挺身隊問題対策協議会常任代表)、尹汝雋(元環境部長官、元汝矣島研究所所長)、ユン・ウォンイル(安重根義士記念事業会事務総長)、ユン・ジョンウク(韓国挺身隊問題対策協議会招待共同代表)、ユン・ジョンベ(全国歴史教師の会代表)、イ・ギョンヒ(日本軍「慰安婦」ハルモニとともにある馬山昌原鎮海市民の会代表)、イ・ギジャ(政治発展統合連帯共同代表)、李萬烈(元国史編纂?委員会委員長)、イ・ビョンジュ(シベリア朔風会会長)、イ・ボンウォン(大韓民国臨時政府史跡地研究会会長、民族問題研究所運営委員長)、イ・サンヒ(民弁過去史委員会委員長)、イ・ソクテ(フォーラム『真実と正義』共同代表)、李聖順(韓国挺身隊研究所所長)、イ・ソンホ(全国歴史教師の会代表事務局長)、イ・スヨン(平和在郷軍人会常任共同代表)、イ・シンチョル(アジア平和と歴史教育連帯 対外協力委員長)、イ・イファ(東学農民革命記念財団理事長)、イ・インスン(挺身隊ハルモニとともにある市民の会事務局長)、イ・ジョンヒ(韓国外国語大学副学長、平和統一市民連帯代表)、イ・ジェスン(民主主義法学研究会企画委員長)、イ・ジェジョン(溥齋李相?先生記念事業会会長、元国会議員)、イ・ジョンウン(歴史問題研究所事務局長)、イ・ジョンチャン(洪範圖将軍記念事業会代表)、イ・ジュンシク(親日反民族行為者財産調査委員会事務所長)、イ・ジュンヨン(張俊河記念事業会事務局長)、イ・チソク(月刊『粒の音』編集委員)、李海学(靖国反対共同行動韓国委員会常任共同代表)、イ・ヒョジェ(韓国挺身隊問題対策協議会招待共同代表)、イ・ヒジャ(太平洋戦争被害者補償推進協議会共同代表)、イム・ジョンイン(民主軍人会代表)、任軒永(民族問題研究所所長)、林玄鎮(元韓国社会学? 会長、ソウル大教授)、チャン・ドゥソク(韓民族生活文化研究会理事長)、チャン・ビョンファ(林鍾國先生記念事業会会長、大韓民国臨時政府記念事業会理事、カラク電子会長)、チャン・ワンイク(太平洋戦争被害者補償推進協議会共同代表)、チョン・ジェホン(平和在郷軍人会事務所長)、鄭秦憲(歴史問題研究所所長、高麗大教授)、趙〓(明日を開く歴史財団理事長、高麗大教授)、趙世烈(民族問題研究所事務総長)、チョ・ジョンウォン(丹齋申采浩先生記念事業会常任理事)、チョ・ジンギョン(APB代表)、チュ・ジョンホン(平和在郷軍人会常任共同代表)、チュ・ジョンファン(民族和合運動連合理事長)、チャ・ヨンジョ(東巖車利錫先生記念事業会会長)、チャ・チャンギュ(光復会事務総長)、チェ・マンリプ(元KOC副委員長)、チェ・ビョンモ(元民弁会長、福祉国家SOCIETY共同代表)、チェ・ビョンムン(民族問題研究所理事)、チェ・サムク(平和在郷軍人会常任代表)、崔弼淑(密陽独立運動史研究会事務局長)、ピョ・ミョンリョル(平和在郷軍人会常任共同代表)、ハン・グクヨム(韓国挺身隊問題対策協議会共同代表)、ハン・チョルホ(韓国近現代史学会代表、東国大教授)、韓洪九(聖公会大教授)、ハム・セウン(民主化記念事業会理事長、安重根義士記念事業会理事長)、ホン・ガッピョ(民族正気具現会 会長)、ファン・ウヨ(韓日基督議員連盟共同会長)、ファン・ウィビョン(順川経実連 共同代表、(株)サムリプ工業社 代表理事)、黄義中(KIN地球村同胞連帯運営委員長)

〔 参加団体 〕
省略

この記事に


.


みんなの更新記事