肺がんくん かかってらっしゃい!!

現在、肺腺がん発覚~3年経過と脳転移、免疫の病気と向き合う旦那の記録です。

転移性脳腫瘍〜消滅

最後に書いたのが、脳の治療ができるか、、
というところで終わっていました。
他院に出向き、相談し治療をしていただくことに。

肺癌からの転移した1.5センチ位の脳腫瘍を、
サイバーナイフにて消滅しました。
入院することなく、外来で行い、先月経過をみる
ため3ヶ月検診にてCT で確認、消滅しており、
先生も喜んでいました。
なかなかこの治療ができる病院は少ないと思いますが、
呼吸器の主治医からはガンマナイフを紹介すると言われ
ネットで調べてたどりついたサイバーナイフ治療、
最先端医療だけどしっかり保険適用でした。

こちらの先生がおっしゃっていました。
「まだまだ、医療機関でこの治療方法をご存知の先生方
 が少ないんです。」と。

威圧的でない中堅の若い先生で、しっかり話を聞いて
くださる信頼できる先生のもとで治療ができ感謝です!

肺癌のほうは、飲み薬の副作用で日々悩まされおりますが
横ばい状態ですが、自宅療養が出来ているので、ゆっくり
向き合ってます。

にほんブログ村  肺がんblog
http://sick.blogmura.com/lungcancer/ranking.html

この記事に

開く コメント(1)

免疫の病気、肺がんの治療、、全て同じ病院でお世話になっていて、
来週初めて他の病院に出向きます。

新たに小脳にできている腫瘍に関しては、かかりつけの病院から他県
の病院でガンマナイフの治療を紹介されたけど、、そこまで行かなく
ても、、、と病院を探しました。主治医からの紹介された病院は、
病院との連携があるからなのかよよくわからないけど、もっと近い
都内近郊でもあるので、○○病院でやりたいことを伝え、その日に
すぐCD-ROM に画像を焼いて貰い紹介状を作成していただきました。

ただし、来週行ってみないと、希望している治療が受けれるかわかり
せん。
ネットで治療実績を見て、大半の方が病院としては聞いたことがある
ところで、家からもそんなに遠くないこと、、などが決め手ですが、
初めて行く病院は、私もドキドキですね。


にほんブログ村  肺がんblog
http://sick.blogmura.com/lungcancer/ranking.html

この記事に

開く コメント(3)

年末から、私の仕事が忙しくて
更新がまったく出来ませんでした。

前回入院時のアリムタは、2コース
で終了に至り、今年の1月からは
タルセバ服用になりました。
先日のCT検査にて、タルセバが効
いているようで肺の状態は、ひど
くはなっていないとのこと。

しかし、タルセバ服用に代わって
からは下痢が酷いです。
爪周囲の皮膚も薄くなり、すぐに
切れてしまったり。

また、去年転移した脳の腫瘍は、
昨年の放射線治療にて随分綺麗に
なりましたが、新に腫瘍ができて
いて、来週別病院に紹介状ととも
に診てもらう予定です。

継続的に頭痛があり、顔の浮腫も
あったりで、調子が良いときはな
かなか続きません、良いときは
積極的に外出も出来ますが、せめ
て頭痛が軽減出来れば楽になれる
と思いますが…。点滴での抗がん
剤よりは、副作用はまだましです
が、下痢と頭痛に悩まされていま
す。

現在は自宅療養なので、家では
エゴマや、スーパースプラウト、
イリドイドのジュースやお茶を
継続的に取り入れています。
これは、ガン治療を始めた当初
より続けています。

本人はきついと思いますが、なん
とか治療も、4年めにはいるとこ
ろです。

にほんブログ村
http://sick.blogmura.com/lungcancer/ranking.html

この記事に

開く コメント(2)

てっきり、アリムタのみの治療と
思っていましたが、アリムタ65%カルボプラチン45%という配合で、治療していたようです。

治療計画書を今回は、見ていなくて
旦那が外来時に言われていたのを
ずっとそう思っていました。
たまたま、ファイルに入っていた
前回の書類を見せてもらいわかりました。

そして、1週間の自宅療養も終わり
今日から2回目の注入で、また入院
しました。

やっと、数日前から食事が普通に取れるようになったところでしたが、
明日また、薬が入ると…ひどい副作用では無いけど、ダルさで食事が進まなくなるんですよね〜。
何とか、食べれるとよいのですが、、。


にほんブログ村 肺がんblog
http://sick.blogmura.com/lungcancer/ranking.html

この記事に

開く コメント(2)

旦那の、アリムタ単剤入院は、投与は70%の量で1回目が終了し
1週間だけ自宅に戻り、また来週から入院にて2回目の投与です。

今回は、過去のアリムタ+シスプラチン、ドセタキセルに比べると
楽ではあったけど、投与から2週間めの白血球や血小板数値が低い
というスローペースの数値の変化でした。
ひどいムカムカではないけど、食事があまり進まず、、いつもの
ヘパリン点滴に栄養剤を入れてました。


先ず、入院初日のCT にて肺の腫瘍が少し大きくなっているとのこと。
8ヶ月間の無治療は表面的には本人は抗がん剤投与をしていない分
気分的にも調子が良くても、ガン細胞は中では活動していました。

頭痛が毎日続くので、原因を突き止めるための検査結果だと、
首の脛椎のつまり、睡眠時無呼吸がわかりましたが、特にこれらの
治療には至らず、、。
また、白っぽい便があり、私は胆汁流れてない?黄疸は?と、、
過去の自己免疫の病気を心配したのですが、病院にいる間に起きてる
ことだから余計な不安はしないようにしました。
特段、これと言って原因もわからず、治療もせずです。

入院中は白米がダメで、お粥にしてらったり、途中から麺に切り替え
てもらったけどなかなか進まず、、でも、たまに持参するつけめんとか
サラダスパなどは食べれてたんです

今日、自宅で久し振りに、ハムエッグにサラダ、16穀米で朝食が
取れました。

ガンには白米、炭水化物が良くない説も有りますね。
食が進まないから、退院日に履いたジーンズのベルトが2つ穴が
違っていました。

今回は19日も入院していましたが、アリムタ単剤投与の影響がわかってくれば、次回はもう少し早く退院出来ると良いですが、、、。

にほんブログ村 肺がんblog
http://sick.blogmura.com/lungcancer/ranking.html

この記事に

開く コメント(1)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事